sentio hero

石垣があらわれた!

地域活動

オトナイ@三次よりこんにちは。
今朝は地域のみなさんと、うちの前にある田の法面の伐採を行いました。
朝8時から8人がかりの作業。みなさんチェーンソー持参なので作業が早い。ツツジの植え込みは昔はきれいに咲いていたそうですが、今ではほぼ野生に還って手の付けられない状態なのですべて刈り取ることに。他にも自生したハゼノキやイバラなどを刈り取りました。
劇的ビフォーアフターをご覧ください。

隠れていた石垣が陽の目を見ました。ここを刈ったのは数十年ぶりだそうです。「石垣の苔を落としたらきれいになるよ」と教えてもらったので、時間のあるときにやろうと思います。といっても来年かな…。
この奥に川から水を汲む取水ポンプがあり、U字溝を通ってこのあたり一帯の田に水を供給しています。用水路の周りが荒れていると溝に落ち葉などがたまって詰まりやすくなるので、こういう整備は大事なんですね。農家さんにとってもメリットがあるし、うちは見晴らしと日当たりが良くなるのでWin-Winです。
とはいえ面倒な作業です。利害の一致だけでなく、ボランタリーな精神がなくてはできない。こういった地域の作業はしょっちゅうあります。うちも関係のある内容なら声がかかるし、あまり関係ないことなら知らないうちに終わっていることもあります。とても合理的で、公平です。だから不平不満を言う人がいない。作業中もチームワークが良く、休憩中は和気あいあいとして楽しい。こういう田舎にはめずらしい地域性がどのように醸成されてきたのか、新参者の僕にはまだ見えていない部分であり、とても興味を持っています。
昨夜は三次市議会の議会報告会に参加してきました。初対面の人でも「〇〇さんの家に引っ越してきたものです」と言うとすぐにわかってもらえる。「あの家は私らから見ても魅力がある。あなたたちが住んでくれてよかった」と言ってくれる人もいました。
僕たちは去年引っ越し先を探しはじめて、たまたまこの家との出会いがあったけど、この地域の人たちにとっては数十年前からの背景があり、思いがある。そういう場所を貸してもらってるんだなあという感慨がありました。

スローライフとは?

暮らし・日常

こんにちは、オトナイダイチです。
今朝、玄関の戸の建付けを直しているうちにレールが外れて派手に倒してしまいました。幸い怪我はなく、ガラスが2枚割れただけです。

よい風が通り、庭が見えるようになって風流なのですが、さすがに寒いのでガラス屋さんを調べて電話しました。住所を言うと「場所がわからないのでちょっと…」とやんわり断られてしまいました。ええ…?
ただでさえ電話が苦手なのにそういうことがあるともう心が折れて、もういいや自分で直すわとまたまたダイソーへ。PPシートといういいものを見つけ、カットしてはめ込むとぱっと見すりガラスそっくりでなかなかいい感じです。

ちょっと失敗して隙間が空いてしまったのでまた直します。
そんなこんなで半日潰れてしまい、なかなか仕事がはかどりません。
田舎暮らし、古民家暮らしというとスローライフなイメージがあるでしょうし、僕自身それを目指してもいるのですが、現実はこんな感じで雑事が多くけっこういそがしいです。
田舎って意外とスローライフじゃないという話はよく聞くし、僕もずっとそう思っていたけど、最近は、いや、これこそスローライフなのでは?と思うようになりました。仕事以外の雑事で一日いそがしい、という暮らし方ができること自体が十分スローライフといえるのではないかと。
とはいえ、これは自営業・自由業だからできるスタイルであって、田舎でも会社勤めなどをしていたらこういうわけにはいきません。僕も前に住んでいた町で最初に就いた仕事はものすごく残業が多いうえに上司のパワハラも受けて精神的にきつく、暮らしを楽しむどころではありませんでした。だから2年で辞めてオトナイを開業する決心をしたわけですが。
なので、都会か田舎かというよりはどういう働き方を選ぶかというところが大きいかもしれません。その前提条件として、田舎は物価が比較的安く、そもそもお店が少ないので不要な物欲を刺激されることもないため、お金がかからない分ゆとりのある働き方を選びやすいというメリットはありそうです。といっても田舎にいてもネットを見ればいくらでも物欲が刺激されるし、自動車が生活必需品だったり、都会よりも物価の高いものがあったりもするので、そのへんはどういう暮らし方を求めているかによってメリット・デメリットが変わってくるでしょう。僕もまだまだ試行錯誤中です。

ダイソーのコーヒーミル

コーヒー・ドリンク

ダイソーでいいものを見つけたのでレビューしてみます。

550円は市場最安値ではないでしょうか。
さっそく買って帰り、開封。

意外と重量があり安定しています。
最初は中をしっかり洗い、乾燥してから使います。

豆を3杯分(360ml)22g入れるとかなりいっぱいで、一度に挽ける量は少なめです。
下のビンは大きいので、途中で豆を追加すれば100gくらいは挽けそうです。まあ一般家庭ではそこまで必要ないと思います。

挽き目の調節は5段階。今回はいちばん粗挽きでやってみます。

それでも中粗挽きといった程度です。中煎りの豆にはちょうど良いけど、深煎りの豆ならもう一段は粗挽きにしたいところ。
挽きムラもけっこうあります。まあこれはこんなもんです。僕はやりませんが、こだわる人は茶こしで微粉を捨てるといいでしょう。

蒸らしの後にドリップします。

コーヒーの写真は撮り忘れました(これを書きながら飲んだ)。
いつも使う機械のミルで挽いたのとは味がちがいました。なんというか、ひと手間かけたコーヒーはやっぱりうまい。

今回これを買ってわざわざレビューしたのは、コーヒーミルというとどうしてもハードルが高いと思われがちですが、ダイソーで550円なら人におすすめしやすいからです。
今後コーヒー豆を売るときに、ミルを持っていない人にはその場で挽いてお渡しすることもできますが、できれば豆のまま買って挽きたてで飲んでいただきたい。
といいつつ、量り売りの店はまだ準備中です……すみません。スーパーで売っているコーヒーでも、粉より豆のほうが断然おいしいので試してみてください。

まとめると、

【良いところ】
・安い
・普通に使いやすい

【イマイチなところ】
・粗挽きができない

というわけで、ほとんど欠点がありません。かなりおすすめです!

 

新型コロナ感染顛末記

その他

お久しぶりです、オトナイダイチです。台風が心配ですね。早め早めの対策を行なって十分気をつけましょう。
このたび家族全員が新型コロナに感染しました。備忘録として記しておきます。

9/7にカオル(4歳)が咳と微熱の症状が出て保育所を休みました。その日に保育所で感染者が出たと電話連絡がありました。カオルは次の日PCR検査を受けて陽性。
そこからエリコ→ダイチ→ユウの順番に感染。全員39℃以上の高熱が出ました。症状には個人差があり、発熱だけの人もいれば、人によっては関節痛、嘔吐、熱せん妄などの症状が出ました。自分も苦しい中で子どもの看病や家事をするのは本当に大変でした。近所の方の食料の差し入れが本当にありがたく、精神的にも支えられました。
9/18にユウが軽快し、これで家族全員が回復しました。まだ今週いっぱいは療養期間で自宅に引きこもる生活が続きます。
幸いにも後遺症のようなものは今のところ誰も出ていません。しかし回復したといっても体力と気力を根こそぎ奪われたような状態が続き、ここ数日でようやく少し動けるようになったところです。10日以上仕事もほとんどできなかったので経済的にもピンチで、国からの支援金なども何もない状態で生活を再建させないといけない。これはかなりきついです。

子どもの感染が増えているようです。大人はある程度自分で対策できますが、小さい子は自分では防ぎようがありません。子どもからの家庭内感染を防ぐのも困難です。学校や園で空気清浄機の導入などの対策を行なえばかなりリスクを減らせるというデータもありますが、国は頑なに対策をしようとせず放置しているのはなぜでしょうか。子どもたちの健康に無関心だとしか思えません。
再感染による重症化のリスク、またLong Covid(後遺症)は蓄積していくという説もあり、学校や園に通わせるのも非常に怖いです。再度感染拡大したときはどうするか。自主的に休ませる?その場合教育の権利はどうやって守る?その間の仕事の補償は?仕事を休めない人はどうすればいい?
すべてにおいて対策をおろそかにしてきた政治の責任です。国葬なんてやってる場合じゃないでしょう。すぐに臨時国会を開いて感染対策と経済対策を講じてください。

 

子どもが熱を出しました

その他
土曜日の夕方、8歳のユウが微熱を出して横になったかと思うと、みるみる熱が上がって40℃近くになりました。呼吸が詰まったような声で「息が固い」と訴え、あまりの急変ぶりに危険を感じ、救急車を呼びました。
到着を待つ間、僕の手を握りしめるユウの苦しそうな表情。救急車のドアが閉まるのを見送った妻とカオルの心配そうな姿。僕も胸が張り裂けそうなほど不安でした。この子にもしものことがあったらどうしようと考えると、救急車の中で涙が一粒こぼれました。
ERの玄関の隔離用のテントでしばらく待たされましたが、発熱以外の明確な症状がないので解熱剤の処方だけで帰っていいことになりました。「PCR検査は受けられないんですか?」と訊くと、この病院ではやっていないとのこと。正直(えっ、市立の総合病院なのに?)と思いましたが、大変な状況のなか本当によくやってくださっている医療者の方々には感謝こそすれ不満はありません。新型コロナウイルスの感染拡大から3年目なのに、いまだに検査体制すら整っていないのは国の不備だと思います。
週末なのでPCR検査を受けられる病院がなく、すべての予定をキャンセルして3日間は自宅隔離で大変な苦労でした。幸いにも今日受けたPCR検査の結果は陰性でした。家族も元気です。
うちの子は無事に帰って来ることができました。でも、コロナ禍では最期の別れすらできなかった家族の方もたくさんいると聞きます。今回の経験を重ね合わせてその方たちの気持ちを想像すると胸が痛みます。
 
国がPCR検査を抑制し、過去最大の感染拡大を放置する一方で、岸田首相は微熱で即PCR検査を受けられ、即日結果が出るというニュースにはらわたが煮えくり返る思いです。旅行にゴルフに会食にと夏休み三昧でしたね。私たちはそれをもう2年以上も我慢しています。
臨時国会を開くことは憲法で定められた義務です。政府に拒否権はありません。ただちに臨時国会を開いてください。

オトナイの民泊は楽しいと思います。学びになるかどうかは知らん。

民泊

民泊が終了しました。新型コロナの影響でこの夏は1校のみでした。
生活の拠点を三次に移したので、春(おもに中学)と秋(おもに高校)の民泊はできなくなりました。夏の民泊はうちの子も夏休みで一緒に参加できるので、今後も受け入れていく方針です。うちの子は民泊が大好きで、すごく貴重な経験になっているので、できるだけ続けていきたいと思います。

今回は瀬戸内海の島から来た小学5年生。前にも書きましたが、島の子は独特な人懐っこさがあっておもしろいです。今回もやはりそうでした。
学校が行う民泊は教育民泊といって学習の一環と位置付けられていますが、僕たちは正直そんなことどうでもよくて、とにかく楽しんでもらいたいと考えているので、いろいろな体験を考えて準備しておきました。
まずは夏の定番、川遊び。海は慣れていても川で泳ぐのはみんな初めて。「こんな楽しいの初めて!」と言ってもらえたのでOK。

ギターはみんな5分で飽きました。こういうのは相性があるので、ダメなら無理せずにさっさと中止します。
絵手紙は、最初はブツブツ言ってましたが、描きはじめるとみんなすごく集中して一生懸命描いていました。自分宛てに送ったので、そろそろ届いているかな。

どの学校もそうなんですが、子どもたちは民泊家庭を手伝いなさいと言われて来ます。学校が期待しているのは、手伝うことによる生活面やコミュニケーション面での学びだと思われます。例えば卵が割れない子やマッチ・ライターを使えない子は多いです。でもそういうことはさほど問題ではなく、何回か練習すればできるようになるので、民泊で体験する意味も確かにあるでしょう。
でも例えば片付けや食器洗いができない子がいたとします(今回の民泊のことではありません)。これは2日や3日ではどうにもならないというのが正直なところです。もっと時間があればできるかもしれませんが、日中は野外活動、夜も神楽鑑賞などスケジュールがタイトで、手伝いができない子に一から教えながら一緒にやるような余裕はありません。
そもそもそれは学校の役目なのかという疑問もありますし、仮にそうだとしても今の学校で取り組むには荷が重いでしょう。では家庭ではどうかというと、今の親世代もみんな忙しいですから、こちらも荷が重い。なので民泊という6年間に1回だけのプログラムに過度な期待が集まるわけです。
あるいは大人たちに田舎暮らしに対する憧憬にも似た幻想があって、それが民泊に過度な期待を持たせているのかもしれません。いや、みんなもうそんな古き善き日本の田舎など幻想だと薄々気づいてはいるんでしょうが(はっきりいって田舎のほうが忙しいですからね)、とりあえずそういうことにしておこうという暗黙の了解があるのかもしれない。
なぜかというと、大人たちが忙しすぎるせいで子どもたちが生活のスキルを学んだり社会性を身に着けたりする場がないのはみんなわかっていて、だから無理にでもどこかに作らなきゃいけなくて、とりあえず民泊をはじめとする野外活動がその受け皿ということになっているのではないか。その学習効果がきちんと検証されないまま、大人どうしで子どもの学びの責任をたらい回しにして押し付け合っているような構図があるんじゃないかと思います。

困りましたよね。課題は理解できるのでなるべく協力はしようと思いますが、オトナイの民泊は学びより楽しさ重視なのは変わりません。

明日は参議院選挙投票日

その他

明日は参議院選挙投票日です。
情緒に訴えかけるような報道が相次いでいますが、いま私たちにもっとも求められているのは冷静な投票行動です。

今回の参院選の最大の争点は「憲法改正」です。改憲勢力の自公維が3分の2以上の議席を獲得すれば、すぐにでも改憲発議に入るとみられています。
彼らがめざす改憲とはどんなものか。自民党改憲草案の一例を挙げます。

・国防軍を保持し、徴兵制が可能になる
・表現の自由が制約される
・憲法改正の提案要件を衆参両院の「3分の2以上」から「過半数」に緩和
・基本的人権の条文を全文削除
・「緊急事態宣言」により、無期限で内閣に全権委任できる

私たちの未来を託す大事な一票です。よく考えて投票しましょう。

再出発

その他

すっかりご無沙汰しているカフェオトナイ@北広島より。
ダイチです。最近は毎週のように北広島に帰っています。友達も遊びに来てくれます。子どもたちは前の畑で野菜を作りはじめました。
僕は引越しのドサクサで散らかってしまった店内を片付けながら、少し仕様を変えての再出発を計画しています。
6年間やってきて、もっとも大きな失敗だったと思っていることがあります。それは、オトナイがコミュニティカフェなのか、それとも普通のお店としてのカフェなのか、やっている本人たちがよくわからなくなっていたことです。ましてお客さんにはもっとわかりにくかったと思います。
目指していたのは間違いなくコミュニティカフェなのですが、やっぱりお客さんにおいしいものを出したいという気持ちがあり、また最低限の収入の確保も必要なので、飲食の比重がどんどん大きくなっていきました。
そうすると忙しくなって、お客さんと話す時間も減ります。もちろんすべてのお客さんが店員とのコミュニケーションを望んで来られるわけではありませんが、望んで来られた人に対してきちんと向き合えていたかというと、後半はあまりできていなかったかもしれません。
さらにコロナ禍でほとんどイベントもできなくなり、だんだん特徴のないよくわからない店になっていたと思うんですよね。ここは最大の失敗で、反省点です。
再開後はコミュニティカフェに特化していくつもりです。メニューは極力抑えて飲食の提供にかける負担を減らし、僕たちは場を回す役割に徹します。その分売り上げはほぼなくなりますが、それは三次のお店でカバーしようかなと。まあそんなに甘くはないと思いますが、さほど悲観もしていません。それよりも楽しみの方が大きいです。2016年にオトナイをはじめたときの気持ちに近いです。
民泊も再開します。リピーターも歓迎です。コロナ以前はときどき来てくれていたのですが、ここ2年くらいは本当に人と会えなくなっていました。まだまだ油断はできませんが、少しずつやりたいことをやっていきましょう。

今日の作業

暮らし・日常

オトナイ@三次よりダイチです。
川西地区で開店準備中の「量り売りの店 オトナイ」は、当初5月末オープン予定としていましたが、6月にずれ込みそうな予感です。
基本的にいつも家にいるのでヒマそうに見えるらしく、「仕事はどうしてるんですか?」と訊かれることも。そういうときは「開店準備中です」と答えていますが、実のところ今はまだ開店準備に取りかかる前の段階で、家の修理や周辺の片づけなど日々さまざまな作業に忙殺されている毎日です。

たとえば今日の作業。
家の前の私道から車道へ出る角に大きな茂みがあります。車道から死角になって、子どもたちが遊びに夢中になると飛び出してしまうのでとても危ないのです。

Googleストリートビューで見ると2013年ではまだ小さいですが、今では大人の背丈が隠れるほどのこんもりした茂みに育っています。

お隣の敷地なので、「切ってもいいですか?」と伺ったところ、いつも子どもたちを見守ってくれているおばあさんは「私も危ないと思ってたんよ」と快諾してくれました。
最初は鉈でなぎ払えばすぐに片付くと思っていましたが、鉈ではまったく刃が立たず、剪定鋏や高枝切り鋏、はてはチェーンソーまで持ち出してエリコと2人で半日がかりで伐採しました。

見通しが良くなって、子どもが安全に遊べるようになりました。

こんな仕事が山ほどあるので、もうしばらくお待ちください。

営業予定

一時休業中

店舗情報

   
営業電話、迷惑メールが非常に多いため、電話番号とメールアドレスを非公開にしています。お問い合わせはFacebookまたはInstagramのメッセージ機能よりお願いします。

カテゴリー