sentio hero

ご参加いただきましてありがとうございました。

その他

先日開催した講演会の主催者である地域サロン「もみの木カフェ」の代表からお礼のメッセージが届きました(といっても店主の母なんですけどね)。
以下に転載します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご参加いただきましてありがとうございました。
10月12日宇津田含講演会「今をどう生きますか?」
まだ、あの日の余韻に浸ったまま居ります。

安倍政治と世界情勢、とくにアメリカとの関係を話されました。原爆投下の真実も。
地球温暖化の対策は待ったなし!!
どうしたらいいのでしょう?いままでの暮らし方をどこか、なにかを工夫して環境を守り育てるためにみんなでアイデアを出し合いましょう。森林を育てる、太陽の光を浴びる、エアコンは・・・・
どんな食生活をすれば、病気になるのを減らすことができるでしょうか。
「まごわやさしい」
☆豆・ごま・わかめ(海草)・野菜・魚・しいたけ(きのこ)いも☆
昔から食べてきた和食を食べていたらいいんじゃないか、などなど。

タイトルの「今をどう生きますか?」は「幸せに暮らしたい、優しさと意志を持ち続けたい、平和を守りたい」・・・・という願いをこめて決めました。
秋の陽射しのそそぐ午後のひととき、一期一会に感謝します。
ありがとうございました。

白砂やす子

りんちゃんとRIN*RIN

手づくり雑貨音楽

『スローな暮らし2018』でキーボード演奏をしてくれたりんちゃんの動画をUPしました。
そのときにもらったメッセージを再掲しておきます。

吉田りんです。11歳です。小学4年生ぐらいから学校に行かれなくなりました。
音楽は特別なもので、おうちにあるピアノを半年前くらいからどくがくでひいてみたいと思うようになりました。音譜全然読めないです。ラとソとかよく分らない。でも、自分が楽しくひきたいと思う。
学校に行けない同じおもいのひとにもきいてもらえたらうれしいです。

りんちゃんのもう一つの顔は、手作り雑貨「RIN*RIN」という作家さん。
この年齢で自分のやりたいことをはっきり持っていて、それを続けるための行動に移しているんです。

羊毛で作ったかわいいアクセサリーが好評です。売れています(←これがすごい!)。

こちらは新たに加わったあずま袋。お弁当やちょっとしたものを包むのに便利です。

店主はこうやって使っています。図書館で借りた本などをそのままカバンで持ち歩いて傷めないように、インナーバッグとして重宝しています。見た目もおしゃれでおすすめです!

『スローな暮らし2018』終了!

アートイベントスローな暮らし手づくり雑貨音楽

昨日開催した『スローな暮らし2018』は大盛況のうちに終了しました。ご来場いただいたみなさん、出店者のみなさん、さまざまなかたちでお手伝いいただいたみなさん、本当にありがとうございました。
10年目にしてはじめて10月に開催しました(例年は8月か9月)。台風にはやきもきしましたが、結果的には好天に恵まれ人の流れも例年以上でした。11時のスタートからどんどん人が入り、例年なら午後2時を過ぎるといったん落ち着くところが、今年は終了の4時までにぎわっていました。

今年の出店者は以下の8組。
・もんぺる(もんぺ販売)
・Mommy*s craft(レジンアクセサリー販売とワークショップ・子ども服フリマ)
・島田愛子(ドライフラワーワークショップ)
・アシブミミシン(布小物とアクセサリー販売)
・わかさまゆみ(アート作品販売)
・後藤靖香(水彩画・小物販売)
・いりさわよしえ(絵手紙ワークショップ)
・オトナイ(カフェ・おもちゃバザー)

店主はほぼカフェに張りつきで写真を撮る余裕がなかったので、画像は開始前のものと、出店者の方からいただいたものが混じっています。

今年は少しですが音楽もありました。半年前に独学でピアノをはじめたというりんちゃん。感情の緩急が秋の風に乗って流れてくるような演奏で、本当によかったです。本人の許可をもらったので、今度Youtubeに動画で上げますね。

『スローな暮らし』の役割って何だろう?と、去年ぐらいから考えています。創始者たちの思い、10年間続いてきたことを大切にしながら、世の中の変化、地域の変化、出店者の人たちや自分たちのライフスタイルの変化にあわせて変えるべきところは変えていかなきゃ無理が出てくるし、マンネリズムに陥るのがこわい。でも『スローな暮らし』は年に一度集まって終わりの商業的なイベントではなく、日頃からオトナイという場に関わってくれている人たちでつくられていくものなので、あまり考え過ぎなくても自然に変わっていくだろうとも思います。
今の店主の夢は、『スローな暮らし』を暮らしの思想の実践の場となるようなイベントにしていくこと。クラフト・音楽・アートを軸にしつつ、食やエコの観点も重要だし、広い意味での政治的な状況とも深く関わってきます。まだまだやりたいことがたくさんあります。といっても地域の名を冠するような大きなイベントではなく、あくまでもオトナイの規模感に相応しいサイズをイメージしています。
芸術の分野では、アートフェスタ『あーとふる大朝』やアートの拠点『筏津芸術村ギャラリー・交流スペース』として結実しました。それらと相互補完的な関係もつくれたらいいなと思っています。北広島町大朝はまだまだおもしろくなります。

「スローな暮らし」出店者紹介

イベントスローな暮らし手づくり雑貨音楽

年1度のワンデイショップ「スローな暮らし」は10月7日(日)11:00開催です
台風が心配ですが、この様子だとなんとか開催できそうです。

出店者のみなさんをご紹介します。

たむらみか
・にがおえ(500円)
・対面クロッキー(1000円)
・グッズ販売

はじめまして、たむらみかと申します。
普段は自宅で、結婚式のウェルカムボードなどを中心に似顔絵を描いています。

今回は普段描いている似顔絵に加え、【対面でのクロッキー】にも挑戦します。
クロッキーは速写のことで大体10分くらいで出来上がります。

「自分、絵になったらどんなだろう」と好奇心を持たれる方にスローな暮らしで出会いたい……!

※ご本人の都合により出店が取りやめになる場合があります。詳しくは主催者までお問合せください。

島田愛子

小瓶に春から集めていたドライフラワーを詰めます。ぜひきてね♪
ワークショップ参加費:200円

いりさわよしえ

秋のお便り出したいな~🎵
新聞や雑誌をちぎって貼って~温かな一言を添えて作る絵手紙です
🔰初心者も大人もこどもも大歓迎です!

葉書一枚…100円

後藤靖香

水彩画、古布(着物とか昭和な布)表紙の文庫サイズノート販売

 

もんぺる

もんぺを履けばあなたも「もんぺる」の一員です。
さまざまなシーンで活躍するもんぺで、スローな暮らしを楽しみましょう。
ご用意しているのは、着物をリメイクしたもんぺです。
着こなしなどもご相談ください。

紬やウールをそろえました。新作もあります!

アシブミミシン

・kidsTシャツのリメイク品
・帽子やバッグなど

アシブミミシンで
作品を作っています

 

Mommy*s craft

異なる好みのママ二人で、レジンという紫外線で固まる樹脂を使ったアクセサリーや小物を作っています。

『milimili』は花を使ったきらびやかなアクセサリーを。
子供向けのヘアピンから、大人向けのヘアアクセ、ピアス、イヤリング、キーホルダーなど用意してます。

『いちご屋 』は最近は雑穀米を封入したアクセサリー作りにはまってます。
ぜひ手にとって見てみてください。

当日はワークショップもやります。

  

 

 

続いて音楽の部・出演者紹介です。

吉田りん(12:30~)

吉田りんです。11歳です。小学4年生ぐらいから学校に行かれなくなりました。
音楽は特別なもので、おうちにあるピアノを半年前くらいからどくがくでひいてみたいと思うようになりました。音譜全然読めないです。ラとソとかよく分らない。でも、自分が楽しくひきたいと思う。
学校に行けない同じおもいのひとにもきいてもらえたらうれしいです。

エレクトルノ(時間未定)

アコースティックデュオの「ルノ」として細々と活動していましたが、今回はエレクトリックなアレンジの「エレクトルノ」です。
2人とも当日はカフェをやっていますので、落ち着いた頃合いを見計らってカーペンターズのカバーなど2曲くらい演奏します。

余裕があれば店主のソロもやります。アンビエント(環境音楽)・エレクトロニカ(電子音楽)的なことをやっています。遭遇された方は、「ふーん、こんな音楽もあるんだ」くらいに聴いていただければ幸いです。

hàmmeさんご来店

音楽

先日、京都からピアニストのhàmmeさんがファミリーで来店してくれました。
例によって「1曲やってよ」の無茶ぶりに笑顔で応じてくれました。CD未収録の曲です。
遠慮して音量小さめなのでちょっと聴き取りにくいのが残念。店主といっしょにバンドしてた頃の彼はもっと凶暴なくらい大音量で弾きまくりのキーボーディストだったはずですが…ちなみに若かりし店主もなかなか狂暴でした(音楽的に、ですよ)。お互い歳をとって、家族ができて丸くなりましたねぇ。でも音楽や世の中に対する熱い思いは変わっていないのもお互いわかってるけどね。
hàmmeの1stCD「Réminiscence」はオトナイにて絶賛販売中!広島で手に入るのはたぶんここだけです。

YouTubeチャンネルもぜひご覧ください。→hamme

10月の営業予定

お知らせ
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

が休みです。(月・火定休)
・10/6(土)イベント準備のため休み
・10/7(日)終日イベント「スローな暮らし」
・10/20(土)~27(土)民泊のため休み
※10/29(月)30(火)は営業します。

島からの便り

民泊

夏に民泊に来てくれた子どもたちから学習発表会のお誘いが届きました。
残念ながらその日は高校生の民泊があって行けないんよ。。。
そのうち必ず島に遊びに行くからねー(じつは行きたいカレー屋さんがあるんです。わよ)。

See you!

民泊

今回の民泊はオーストラリアの高校生!
店主夫妻は2人とも英語が苦手、相手の日本語力もあいさつ程度なのでコミュニケーションにはかなり苦労しましたが、「伝えたい」「知りたい」という気持ちがあればなんとかなるもんです。4歳のユウがいちばん積極的に<日本語で>グイグイいってました。やっぱり子どもってすごい。英語を使う気も覚える気もなし(最後に“See you”だけ覚えました)。
複雑なやりとりはできないので、本当に伝えたいことだけをシンプルに伝えあう。それがかえってコミュニケーションの純度と密度を高めるから、1泊2日という短い間でも友情が芽生える。友情に年齢も性別も国境も関係ないってのは店主の信念のひとつです。
お別れのとき「寂しいって英語でどういうんだ? I am lonelyじゃちょっと違うよな」とか考えていたら、向こうから“I’m sad”と言ってくれたから、あっそれでいいんだと思って“I’m so sad”と言いました。とっさに“Me too”が出てこないレベルの英語力です。でも気持ちが伝わればそれでいいんだよなと思いました。

音楽の話もたくさんしました。AC/DCとかカイリー・ミノーグがオーストラリア出身って知ってました?

友達のアメリカ人の農場を手伝い、トップカーでドライブ。

玉ねぎの皮染め。とてもよろこんでくれた。

最近、人見知りモードのカオルも最後にようやく慣れてこの笑顔。

I’m so glad to have met you.
Have a nice trip!

営業カレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

が休みです。(月・火定休)
・10/6(土)イベント準備のため休み
・10/7(日)終日イベント「スローな暮らし」
・10/20(土)~27(土)民泊のため休み
※10/29(月)30(火)は営業します。

営業時間・情報

080-5355-1074
11時~17時(月・火定休)

カテゴリー