sentio hero

ブレンド珈琲

珈琲・ドリンク

オトナイの看板商品ブレンド珈琲(カップ¥400/マグカップ¥480)。
大阪の昭和町にある自家焙煎コーヒー店うさぎとぼくから新鮮な豆を仕入れています。
スペシャルティコーヒーを贅沢に使用した雑味のない苦みと香り豊かな深煎りコーヒーは、コーヒー好きの方はもちろん、コーヒーの苦手な方にもおすすめいたします。

【そのほかのお飲み物】
水出しアイス珈琲、カフェオレ(Ice/Hot)、チャイ、りんごジュースetc.

【おやつ・軽食】
手作りおやつ(チーズケーキ・マフィン・スコーンetc.)、パンケーキ、フレンチトースト、日替わりパスタ

広島県山県郡北広島町大朝577
(浜田自動車道大朝ICから約5分)
TEL 080-5355-1074
11:00~17:00
定休日:日・月・祝

オトナイ音楽部!

音楽

オトナイファミリーは音楽好きです。3歳の娘もスピッツが大好き。
そんな僕たちにとって、オトナイ開業当初からの夢はいつか音楽のイベントを開くこと。
でも、本当にやりたいのはそこなのかな・・・? そんな疑問がずっと拭えませんでした。

店主が大阪にいた頃メインでやっていた音楽活動は、ダウン症という障害を持つドラマーA君を中心にクセのある連中が集まったバンドでした。技術的にはいろんな課題があって、みんなが落ち込むようなひどいライブもありました。でも魂がこもったときの演奏はすごかった。なにより、A君の自宅スタジオの家庭的な雰囲気の中でする練習が他のどんなバンドより楽しかったのです。

また他ではギターサークルを主宰して、毎週土曜日の夜に集まって練習に励んでいました。今でも忘れられないのがそこに来ていた70歳くらいのおばあちゃん。ギターを持つのも初めて、コードを押さえるのも苦労の連続でしたが、発表会で訥々と歌い上げた弾き語りは、どんなプロの演奏よりも胸を打つものでした。
そんな音楽体験が僕にとっての宝物であり、音楽にプロもアマも上手も下手も関係ないという信念につながっています。

もちろん音楽を発表・鑑賞する場としての、ビジネスとしてのイベントも必要だし、僕もライブやコンサートに行くのは大好きです。でも、それだけでなく“ミュージシャン”と“観客”という立場を超えて、もっといっしょに、もっと身近に、生活の一部として音楽を楽しめないだろうか。
かつてヨーロッパでも、日本でも、家庭の中に音楽があった時代がありました。そんな豊かな時間を取り戻したい。
というわけで、オトナイ音楽部を作りました!

こんな感じで楽しくやってます。
あなたもいっしょに音楽をたのしみませんか?

活動日は毎週日曜日の営業終了後(17時~)。
予約不要、参加費無料です(小学生以上は1ドリンク制)。

♩いっしょに演奏したい→楽器持参大歓迎!
♩歌いたいから伴奏してほしい→最初はとりあえず店主ががんばります!
♩わしゃ聴くだけでええわ→それもあり
などなど、参加の動機は自由です。

条件はたった一つ。
いっしょに音楽を楽しみたいという気持ち。
ただそれだけです。

ゆくゆくはみんなでバンドを組めたらいいなあ…と、店主の夢はふくらんでいます。

(D)

今年の『スローな暮らし』は…

お知らせイベント

オトナイの古民家で、毎年夏に『スローな暮らし』というハンドクラフト&ワークショップのイベントを開催してきました。
2009年に店主の母と地域サロン「もみの木カフェ」のメンバーが始めたのが出発。2015年の第7回をもって引退した母の跡を継いで、オトナイとして初めて開催したのが去年のことでした。
8月11日の山の日に開催したところ例年以上の集客があり、参加者それぞれに達成感を味わい、交流もたくさん生まれて大成功といえるものでした。暑いけど台風も来ないよい時期だし、8/11を定例化しようという案もありましたが、今年はまだ開催準備ができていません…。

県内でも、この町内でも、ハンドクラフト系のイベントがかなり増えてきました。既製品ではなく、ていねいに作られたハンドメイドの製品を使いたい、自分でも作りたいと思う人がそれだけ増えてきたということです。この種の試みは、歴史を紐解けば大量生産・大量消費社会に対するカウンターカルチャーという側面もあったと思いますが、今ではそこまでとんがらずに、ごく自然に自分のライフスタイルとして取り入れている人が増えているように思います。
『スローな暮らし』というネーミングは母たちが考えたものですが、オトナイとして引き継ぐにあたってそのまま使わせてもらいました。それはなんでもスピードと効率を追い求めるファストな社会に対するアンチテーゼであり、オトナイのコンセプトにも合ういいネーミングだと思ったからです。

2009年当時は、このへんではこういったイベントはほとんどなかったと思います。それが今これだけ増えて定着してきたということは、手作り製品を買って使うことに対する人々の意識が非日常レベルから日常レベルの消費行動に変化しつつあるということです。『スローな暮らし』の社会的使命は終わりを迎えている、というのが僕たちの実感です。発展的解消へ向かうか、次のステージを目指すか——コンセプト・内容も含めて仕切り直しが必要です。
秋頃にはやりたいと思っていますが、妻の出産も重なるので厳しいかも…。
いっしょにやってくださる方、募集しています!

(D)

火曜日は定休日です

お知らせ

本日7/4(火)は定休日です。
今月から営業日を水〜日、定休日を月・火・祝に変更しています。
お出かけの際は台風情報にお気をつけください。

日曜日もオープンします

お知らせ

ご要望の多かった日曜日営業を7月からスタートします。
営業時間は他の曜日と同じく11~17時です。

とりあえず7月中はテスト期間とさせていただき、8月以降も継続するかどうかはまたお知らせします。なにぶん妻が妊娠7か月ですので、秋ごろにまた変更の可能性もあります。ややこしいことで、どうもすみません。

というわけで、定休日を月・火・祝に変更いたします。最初はこまめにフェイスブックで営業予定をお知らせしますので、ご来店の前にご確認いただければ幸いです。

これまで日曜日にお休みをいただいていたのは保育園が休みだからというのが最大の理由です。
娘も3歳になり、だんだんお店で過ごすことができるようになりました。それどころか人見知りの両親に似ず、まーコミュ力の高いこと。かまってくれそうなお客さんには超積極的に(彼女なりの)接客をしてくれます。
それでも人のことをよく見ていて、自分の時間を過ごしたい雰囲気のお客さんのところには近づきません。なかなかよくできた子です。

そんな看板娘とともにお待ちしております。

手紙

民泊

民泊の子たちから手紙が届きました。

先生に書かされてる作文じゃなくて、ほんとの気持ちを書いてくれてるのが伝わってきます。
ゆったりとした時間の流れ、おいしい野菜、きれいな空気、星空。
大朝のいいところをしっかり覚えてくれてます。
それと、みんなテングシデのことを書いてます。印象的なんでしょうね。

D

取材ラッシュです

メディア

広島テレビ「テレビ派」の取材でした。

※店主は別に怒っているわけではありません。

娘はレポーターのお姉さんが気に入ったのか、かつてないほど饒舌でした。
店主は昼のテレビを見ないのでこの方のことも失礼ながら存じ上げませんけど、新人さんなのかな?スタッフからいろいろとアドバイスを受けられてて、どの仕事も大変だなあと思いました。
この方、チーズケーキの隠し味を見事に言い当てました。すごい味覚の持ち主です。残念ながら撮影後でしたけど…。
グルメレポーターとしては強力な武器なので、自信をもってどんどん突っ込んでほしいと思います。応援してます。
放送はいつだったかな…。また確認してお知らせします。

D

セッション動画

メディア音楽

アポなし取材の時のセッションがYouTubeにアップされてました。
いかにもつまんなそうに弾いてる店主ですが、これでけっこう楽しんでます。
やっぱり音楽はいいですね。

D

手づくり雑貨

手づくり雑貨

雑貨コーナーの紹介です。

北広島町や近隣の地域にはものづくり作家がたくさんいます。
本職の人もいれば、他に仕事を持ちながら副業として、または自分の楽しみのために作っている人など、そのあり方はさまざま。共通しているのは、ものづくりへの思いです。

思いをこめてていねいに作られたものたち。
なくても困らないけど、そこにあると暮らしがちょっと豊かになる。
オトナイはそんなものづくりを応援しています。

新作アクセサリー入荷

手づくり雑貨

雑貨コーナーに新作が加わりました。
4人で活動されているハンドメイド作家グループのShika-Kashi(シカ・カシ)です。

まだアイテムは少しだけですが、今後増やしていただく予定です。
お値段もお求めやすくなっています。ぜひ一度ご覧ください。

営業カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

が定休日です。

カテゴリー