居場所であること。

コンセプト

今日来られたお客様との会話の中で感じたことを書きとめておきたいと思います。
その方はオトナイを大切な居場所だと思っていることを伝えてくれました。それがとてもうれしかったのです。
オトナイのことを「癒される」「元気になれる」という表現で語られるのを聞いて、僕自身気づいたことがありました。

僕は、いつのまに元気になったのだろう。

オトナイの構想を練りはじめたのは、僕の人生においてもっともつらく危機的な時期でした。そんな中で、無意識のうちに自己回復の場をつくろうとしていたのかもしれません。
さいわい僕の場合は、家族でオトナイをつくっていく過程そのものが自己回復のための作業となり、いつのまにか自分を取り戻していました。
そのようにしてできたオトナイという場が、他の人の自己回復をほんの少しでも手助けできるのだとしたら、どれほどすばらしいことかと思います。

まだ明確になってないイメージの段階だけど、オトナイのめざしていることが三つあります。

(1)安心できる居場所であること。
(2)おいしいものがあること。
(3)文化的な交流の場となること。

僕はこれまで(1)は前提条件で、(2)がそのための手段、(3)が到達目標と考えていたのですが、「安心できる居場所である」ということは前提条件などではなく、もっともっと奥が深いのではないかと思いなおしています。

これは僕たちの勝手な思いです。お客様は、FBやインスタの写真を見て「あっ、かわいい」。こんな軽い気持ちで来てもらって全然いいんです。
実際、オトナイのことを「おしゃれ」「かわいい」と言ってくださるお客様も多く、僕たちはそんなにおしゃれを狙ってないのにそう感じてもらえるのはありがたいことだなあと思っています。
僕自身、都会住みだった頃はおしゃれなカフェの常連である自分を誇らしく感じていたこともあります。オトナイもおしゃれなカフェの仲間入りをして、雑誌なんかにも載ってみたい。そんな気持ちも少しはあります。

でも、おしゃれなカフェをめざす以上に、オトナイにはもっと大切にしなければならないことがある。そのことに気づかせてもらった日でした。

(D)

IMG_20160519_160638

オトナイ

北広島町にある古民家カフェです。ランチと珈琲、手作りおやつの店。
Previous
ギター教室『弦ノオト』
Next
オトナイの日曜日
  • オトナイの「ミッション」、素敵ですね。
    「安心できる居場所」はすべての人にとって必要だけど、そういう場所がない…という現実もあると思います。
    いろんな人が、安心して存在できる場所。
    わたしもつくっていきたいです。

    • ミッションかあ。
      とくに使命感に燃えてやっているわけではないけど、自分がやらなきゃいけないという思いはあるかな。
      なんか、この古民家といっしょに受け継いだものという気がするんですよね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


営業カレンダー

原則として月・火・祝日が定休日です。
臨時休業もありますので、フェイスブック、メッセージ、お電話などでご確認ください。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

が定休日です。

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)