みんぱく秋の部

民泊

民泊秋の部がはじまりました。今回ははじめての小学生、しかもはじめての2泊3日。

遠くから重い荷物を持ってやってきてくれた小さな友人として、感謝の気持ちで迎えるのがオトナイ流です。
子どもだからといって叱ることはもちろん、褒めることも極力控えます。大人に「ちゃんとしなさい!」とか「ちゃんとできてえらいねえ」とか言ったら失礼なのと同じです。大人と子どものちがいはこの世で過ごしてきた時間の長さだけ。あくまで対等な相手なんだから、評価ではなく気持ちを伝えればいいと思うんです。
仕事を頼むときは「お願い」。やってくれたら「ありがとう」。困ったときは「できたらこうしてくれる?」。慣れてきたらタメ口ももちろんOK 。むしろ親しみを感じてうれしいじゃん。ようは、お互いに人としての敬意があれば後はどうでもいいんです。

2泊3日というと長いようだけど、日中は全体の活動があるので実質いっしょに過ごせる時間は朝晩だけ。それでもカフェの手伝いをしてもらったり、店主の母にさをり織を習ってコースターを作ったり、みんなで神楽を観たり、やっぱり2泊あるといろいろできて楽しいです。

大塚神楽団の「紅葉狩」。すばらしかった。
ばあちゃんに手伝ってもらって、ギリギリ完成!

どこの学校もそうなんですけど、夜のわずかな団らんの時間すら感想文を書く宿題で奪われるんですよねー。そんなの帰ってからでいいじゃんと思うんですが、課題を与えないと気が済まないのが日本の学校教育。
それぞれの活動ごとに着ていく服装や持ち物まで全部事細かにプリントに書いてあります。びっくりしたのは、神楽の後で代表の子が話す感想の言葉までプリントに書いてあること。えー、感想って観た後で湧いてくるもんじゃないの?ときくと、「そうなんだけど、この通り言わないと先生に怒られる」とのこと。
子どもの考える力や感受性、自主性をとことんスポイルする摩訶不思議な教育方針です。そういうのやめたら子どもってどんどん伸びるし、先生も残業が減って楽になると思うんだけどなあ。

お別れのとき、「絶対お客さんとして来るからね」と言ってくれました。
ほらね、こうやってちゃんと自分の言葉で自分の気持ちを伝えてくれる。
待ってるよ。

(D)

オトナイ

北広島町にある大正建築のブックカフェです。
Previous
クロッキー教室開講!
Next
古民家カフェでくつろぎの一日を

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


営業カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

が休みです(月・火定休)
・4/11(水)臨時休業
・4/18(水)研修のため休み
・4/25(水)26(木)民泊受入のため休み

営業時間・情報

080-5355-1074
水~日 11時~17時(月・火定休)

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)