クローバーを摘むように

日常

めっきり寒くなりました。
今日のおやつはベイクドチーズケーキ、チョコアーモンドスコーンをご用意しています。

先日、店主の幼なじみが四つ葉や五つ葉のクローバーをたくさん摘んできてくれました。彼女はそうやって時折ふらっと現れては小さなプレゼントをさりげなく置いて去っていく、ふしぎな友人です。

彼女はあーとふる大朝などにも出展する絵描きさんです。といってもいわゆる正規の美術教育を受けたプロの画家ではなく、あえてカテゴライズすればアウトサイダーアートとか限界芸術などと言われる範疇に属するものであろうと思います。

でもそんなことは関係なく、彼女は絵を描きます。自分のことを芸術家とも名乗らず、絵描きとも言わず、そんなことは意にも介さぬ様子で。
彼女が描くのは人柄がそのまま現れたような、素朴で、やさしくて、記憶と空想の世界が入り混じったようなふしぎな作品です。
彼女にとって、絵を描くことはクローバーを摘むのと同じ行為なのだと思います。僕の勝手な想像ですけどね。

(大地)

オトナイ

北広島町にある大正建築のブックカフェです。
Previous
今年最後の民泊受け入れ中
Next
あーとカフェ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


【おしらせ】

冬期休業中です。
営業再開は3月頃の予定です。

営業時間・情報

080-5355-1074
11時~17時(月・火定休)

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)