月別: 2018年2月

原風景

日常

子どもの頃の記憶にある故郷の風景そのままでした。

 

ミーティングでした

コンセプト地域活動

またもや80cmを超える積雪となりました。
朝から駐車場確保のため雪をほりほり。この冬はこればっかりで、二の腕の筋肉が一回り太くなりました。

秋にカメムシが多いとその冬は大雪になると言われますが、まさにその通りになりましたね。カメムシと積雪の因果関係ははっきりわかっていないようです。カメムシが大雪を予知する仕組みを解明すればノーベル賞ものかも? 昆虫好きの少年少女に期待します。

今日はほぼ丸一日使って地域活動のミーティングでした。最初にやったのは、「自分が何かをするときに大切にしていること」を書き出してシェアするというワーク。数や書き方は自由。文章でていねいに書く人、キーワードだけ書く人と、それぞれの性格が出ます。
店主が書いたのは①青春②あの人③子どもたちの3点。
①はどういうことかというと、「僕が人生にいちばん求めているのは永遠の青春なのかもしれない」ということに最近気づいたので。これまで自分がやってきたことを振り返ると、ほとんどそれが動機だったような気がします。これはちょっと恥ずかしいので人に話したのは初めてです。
②は、例えばオトナイでやっていることもそうなんですが、何かをはじめるときにはその時々で特定の「あの人」のことを思っていることが多いです。何人にリーチできるか?というところから考えるのではなく、たった一人の「あの人」がよろこんでくれるなら、それはやる価値があると思っています。
③がいちばん大事な究極の目的です。今を生きる子どもたち、これから生まれてくるすべての子どもたちのために、よい未来を残す。子どもたちのためになることならやる価値がある。逆に、子どもたちのためにならないことはやる価値がないばかりか、悪ですらある。これが僕の行動指標であり、オトナイの理念です。

あなたが大切にしていることは何ですか?
言葉にしてみることで、これまでしてきたこと、これからやりたいことを整理するよい機会になるかもしれません。

エコカフェで出張カフェします

イベント地域活動

今年も出張カフェとしてお手伝いさせていただきます!
まずは2/10(土)の豊平会場、次は2/25(日)の大朝会場です。

森里川を食べる・遊ぶ・楽しむ!“エコカフェ”2017@豊平

今回は、大阪・昭和町の喫茶店うさぎとぼくで販売されている作業所のお菓子を提供します。
うさぎとぼくは福祉施設で働く障害のある方の生活保障や、労働の価値を高めるということを目的のひとつとしてお店をはじめられました。メニューにあるケーキや店頭販売されている焼き菓子はすべて近隣の福祉作業所で作られたものです。元福祉施設の職員である店主夫妻ならではの工夫(パッケージの提案やパティシエとコラボした商品開発などなど)を重ねてきて、今や速攻で売り切れてしまうほどの人気商品です。

オンラインショップもあります。

 

うーぱーからオトナイへ

コンセプト

ひとつの新聞記事をご紹介します。

悩める生徒へ、校内に居場所 社団法人、課題把握し登校支援 豊中 /大阪

不登校の経験があり、教室に入れないなど悩みを持つ生徒らが気軽に立ち寄れる居場所を学校内に作る取り組みが、豊中市の高校で進められている。

店主はこの定時制高校内の居場所の立ち上げと初期の運営にかかわりました(のちに妻もスタッフとして入りました)。とても思い入れのある仕事です。
公立高校の中に一民間団体の支援スタッフが常駐する、しかも「うーぱー」とかいうわけのわからない部屋をつくっているという、当時はもちろん今から見てもかなり斬新な取り組みでした。校内で禁止されているお菓子やスマホ充電なども「うーぱー」内だけはお目こぼし的に許されるという、ある種の自治区というか解放区的な奇妙な空間が、突如夜の学校内に出現するわけです。しかもそこには先生たちとは一風ちがった空気をもつ大人たちがいて、なにやらヒマそうにギターを弾いたり落書きをしたりしている。これは意図的にそういう仕掛けで生徒を誘っていました。
そこにまんまと引っかかってやって来る生徒たちは、やはり何か抱えていることが多い。何もなければそんなところへ寄らずに教室へ行くなり、学校を抜け出して遊びに行くなりするはずです。ただお菓子を食べたりスマホを充電しに来ているように見える生徒たちも、安心と安全が保障された空間でゆっくり時間を共有することによって、いろいろなことを話してくれるようになります。記事の中では「親から収入を取られる経済搾取や、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でのトラブル」という2つの例が挙げられていますが、いや本当にいろいろありました。
小学校から不登校で、入学してから一度も教室に入れなかった生徒が、うーぱーに一年間通った翌年からは自発的に授業に出はじめたこともありました。その生徒は去年就職したそうです。居場所というものの持つ効用を感じるケースです。それらの経験が、今のオトナイにつながっています。

これまでも何度か書いているように、オトナイの本当の目的は居場所づくりです。だからカフェという顔はその一面にすぎないとしても、自分たちなりに吟味して用意した飲み物と食べ物を出せるカフェというスタイルは、心地よい居場所づくりにはこれ以上ない最適な方法だと思っています。
もちろんオトナイは支援機関ではないのでこの記事のような目的でやっているわけではないですが、おとなう(=訪ずれる)人がここで自分自身に立ち戻り、またゆっくりと歩き出せるような場所でありたいという思いは共通しています。

 

家族の軌跡

子育て日常

本日、上の子(3歳)のかぜにより臨時休業をいただいております。さいわい熱もなく、朝に出ていたせきも収まって元気に過ごしております。ご心配いただきありがとうござました。

土曜日は保育園の給食が休みなので弁当持参です。まだ慣れないので小1時間かかります。とうちゃん弁当としてはなかなかのものではないでしょうか? 味も最初よりはおいしくなったと(妻に)好評です。最初はおにぎりを塩でじゃりじゃりにしてしまうレベルのダメ親父でした。

下の子が生まれて3か月。上の子はそれはもうよろこんでかわいがり、お姉ちゃんになろうという努力もすごく感じられます。でも反面、というかあたりまえの反応として、最初の2か月くらいは赤ちゃん返りやわがままが強烈で、親にとってもつらい時期でした。
ついつい叱ることが多くなり、毎日のように泣き暮らす娘。保育園でも感情の波が大きくなって、怒ったり手が出たりするようになったと聞いて、(ああ、今のようなかかわり方を続けていてはダメだ…)と頭では理解できても、僕たちもどうしていいかわからず途方にくれていました。

先週のこと。保育園の担任の先生が、最近の娘の様子を話してくれました。早い時間にお迎えが来る友達を見て、「とうちゃんの車で帰りたいな…」と口にしたそうです(娘は園バスで遅い時間に帰ってきます)。月曜日から土曜日まで園に預け、日曜日もお店で過ごすので、家族みんなでお出かけすることもほとんどできなくなった娘。

さみしい思いをさせてたんだろうなあ。

それから夫婦で話し合って、叱るのをやめました。完全にやめるのは難しくても、せめて言い方を変えたり、口を出す前にちょっと待ってみたり、娘の言い分を聴いたり、そのくらいのことだけど、娘の様子は激変しました。
まず父ちゃんを叩かなくなりました。着替えや片づけも相変わらず時間はかかるけど、何度も言われなくても自分のペースでやるようになりました。「さみしい」「甘えたい」と言葉に出すようになりました。

これでいいんだろうな。こうやって少しずつお姉さんになっていくし、僕たちも少しずつ親になっていく。そんな日々の積み重ねが家族の軌跡となっていくんだろう。

娘に寄り添い、内心の葛藤まできちんと見抜いて、親を信じて伝えてくれた保育園の先生に感謝しています。

臨時休業のお知らせ

お知らせ

本日2/3(土)は臨時休業にします。。。

上の子がかぜ気味で園を休み、妻も育児疲れがたまっているため二人の子を任せるわけにいかず、店主も今日は家にいることにしました。
仕込みはバッチリなので明日は営業したいのですが、雪も降っているのでどうなることやら、です。

ノマドワーキング

日常

冬期縮小営業中といっても、休業日にギターばっかり弾いて遊んでいるわけではありません。というより音楽も店主にとっては遊びではありません。もっと言えば店主には遊びと仕事の区別がありません。
休業日はむしろ営業日より気忙しいかも…。店をやっていればとりあえず仕事をしているという安心感があるけど、休んでいればその分何かしなければと駆り立てられる気持ちもあり、実際生活費も稼がないといけませんしね。
でも家で仕事をしていると赤ちゃんが泣けば気になるし、眠くなったら寝てしまうし、根がダメ人間なのでついつい本性が出てしまいます。

いうわけで、今日は図書館で仕事をしています。

これ、もっと早くやればよかった。めちゃめちゃ集中できてはかどります。
事前に職員さんに声をかければPCの使用もオーケー。コンセントも貸してもらえます。

窓からは店主の母校である新庄学園の木造校舎が見えるのもポイント。

唯一の欠点はついつい本を読んでしまいそうになることかな。
借りて帰ってゆっくり読みましょう。

アニマルトラック

日常

しばらく降り続いた雪もようやく止みました。
今日は日中の気温が3℃。氷点下に慣れた身体には車の窓を開けて走れるくらい暖かく感じます。
路面の雪もほぼ解けたので、今週末は営業できる見込みです。

雪面には動物たちの足跡がいっぱい。

これはウサギ。

右側はテンの走行パターンだと思われます。
なかなか実際の姿は見られませんが、足跡を見ているだけで楽しくなります。

  • 1
  • 2

営業予定

2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

が休みです(日月定休)。

10/6(日)はイベントスローな暮らし Vol.11を開催します。
10/8(火)は振替休業です。
10/22(火)は臨時休業です。

ご来店前にホームページ、フェイスブック、グーグル検索でご確認ください。

ご案内

Tel 080-5355-1074
営業時間 12:00~18:00
定休日 日・月曜日、その他不定休

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)