ねことぼく

日常

ときどきお客さまから「猫はどこにいるんですか?」と訊かれます。さっきも若いカップルから訊かれました。
たしかに猫はいます。名を「はな」と言います。ニックネームは、はなちゃん・ちゃんはな・ハナゲ・ハナモゲラなど。ブログやSNSで看板猫として紹介しているので、愛くるしい猫が歓迎してくれる猫カフェ的な店だと思われているのかもしれません。
が、何度も来てくださっている方はご存じでしょう。あの猫が人になつくものですか。はなに触れることができたお客さまはごくわずか。10年以上の付き合いになる店主ですら数えるほどしかありません。
もともとの性格もあります。良く言えばいかにも猫らしい気高い性格。悪く言えば臆病。人間不信。でも店主が嫌われているのには理由があって、彼女が子猫の頃に追いかけ回したからです。前に飼っていた猫が追いかけっこをして遊ぶのが好きだったこともあり、猫というものは皆そういうものだと思い込んでいたのがまちがいでした。猫にも個性があるということを軽く見ていました。
店主とはなの関係性はもう修復不可能かもしれません。でもまだ諦めているわけではありません。姿を見かけたら静かな声で話しかけ、目があえばゆっくりと瞬きをする。こうすることで敵意のないこと、親愛の情を持っていることを伝えられるそうです。その甲斐あってか「嫌なやつ・怖いやつ」から「好きではないが危険な相手ではない」というくらいにまで位置づけが変わってきたらしく、半径3メートル以内に近づかなければリラックスしてくれるようになりました。
猫でも努力すれば関係性を変えられる。相手が人ならなおさらです。諦めず、対話を続けましょう。

(写真は5年前のはな。これ以上近づけなかった。)

オトナイ

北広島町にある大正建築のブックカフェです。
Previous
きょうのおやつはカラスムギ。再び。
Next
雑貨コーナー新作入荷!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


営業予定

【新型コロナウィルス感染拡大防止のため休業中】
再開時期は未定です。

店舗情報

Tel 080-5355-1074
営業時間 12:00~18:00(冬期は17:00まで)
定休日 日・月曜日、その他不定休

カテゴリー

error

Enjoy this blog? Please spread the word :)