東京と比べたら外国みたいなもんです

民泊

先日は東京の高校生3人が民泊に来ていました。
日曜の午後に着いて、月曜の朝には出発する強行スケジュール。もうちょっとゆっくりしてほしいなあ。
友達のアーサー&ダーシーファミリーと合同で草木染めをしました。彼らは今回が初の民泊受け入れです。

町の観光協会経由で受けている民泊は生徒の個人情報保護のため顔や名前、学校名は載せられないというルールがあります。いつもは顔ありのカットと顔が写っていないカットを両方撮るんだけど、今回はその余裕もなく、やむを得ずトリミング。

同い年のユウとメグちゃんは気が合います。ひたすらヤギに草をあげて遊ぶ二人。

そしてアーサーお得意のトップカードライブ。運転手あわせて11人乗ってます。固いことを言えばいろいろアウトかもしれませんが、まあいいじゃないですか。エンジンの音や振動、冷たい風、夕陽の沈む谷。こういうディテールこそが大事なんだと思います。
雲一つない空気の澄んだ秋晴れだったので夜の星空はひときわ素晴らしく、見慣れた店主ですら感動するほどでした。散歩しながら「歩いてる感じがしない」「ここにいるんじゃないみたい」とみんな口々に感動を表現していました。短い時間だったけどいい思い出ができてよかったなー。「また来ます」と言ってくれたのが何よりうれしかったです。

オトナイ

北広島町にある大正建築のブックカフェです。
Previous
ほとけばら遊園の紅葉です
Next
動きを捉えるクロッキー

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


【おしらせ】

冬期休業中です。
営業再開は3月頃の予定です。

営業時間・情報

080-5355-1074
11時~17時(月・火定休)

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)