月別: 2020年4月

オトナイ対談④

オトナイ対談

オトナイのエリコとダイチが四方山話をする誰得コーナーです。今回はノーテーマでいろいろ話します。

ダイチ えーっとじゃあまず休業中にしたいこと。僕は駿河丸(オトナイの裏山にある史跡)に気軽に登れるようにしたい。タケノコも取れるし。そういえば毎年この時期は民泊に来る中学生とタケノコを掘るんだけど、今年は民泊がなくて静かな春。

エリコ 個人的には春のせわしなさがなくて、自然に向き合ってる感じがある。
ダイチ 畑はどう?
エリコ おととい藍の種を蒔いた。これからヘチマとかほうれん草とか、5月には大豆を蒔く。
ダイチ 秋にはそれで藍染めに挑戦?
エリコ 生葉染めができれば。余裕があればすくも作りからやってみたいけど、まだ勉強中だからできるかどうかわからない。とりあえず種はつなぐ。

ダイチ そういや染めといえば、次のインスタライブはどうなった?
エリコ 5月1日の朝10時から。
ダイチ テーマは?
エリコ 「“生きづらさ”感じてる?」

ダイチ おもしろそうやん。僕も生きづらいわ。
エリコ 誰にとっても生きづらいでしょ、今の世の中。それに気づいてるかどうかの話。
ダイチ うちってけっこうそういうぶっちゃけたこと言うじゃん。でもそういう店って少ないよね。店の顔で発信はするけど、個人の顔はあんまり出さない。
エリコ わたしはそういう発信をする店を見てきたから、それがむしろ当然と思ってる。
ダイチ コロナについてはみんなふれるけど、政治についてはふれない。ろくに補償もなくて大打撃を受けてるのに、批判も意見も言わないのはなぜだろう?
エリコ 今の状況はあくまでウィルスのせいだという認識なのかな。そこに直接影響を及ぼしているはずの政治が空気みたいになっている。災害のたびに言われる「がんばろう〇〇」とか「絆」とか、市民の力で乗り越えたふうになってしまってる。だから社会的弱者が簡単に忘れられて、見捨てられる。熊本地震も台風19号も、福島の原発事故ですらなかったことみたいになってる。そこに思いを馳せていたら、簡単に感情論でものを言えないはず。
ダイチ 精神論も多いね。個人の努力や心の問題にすり替えられて、政治や社会の問題が隠されてしまう。
エリコ よく聞くのは、「政治は難しくて何を話せばいいかわからない」っていうパターン。わたしの投稿を見て「それは正義感なの?」と聞かれたこともある。
ダイチ 糸井重里的な、ゆるふわ全体主義だね。声を上げること自体が揶揄の対象になる。「正義中毒」とかいうひどい言い方をしている学者もいるし。
エリコ 逆にダイチは何でそういう発信をするん?
ダイチ ああ、それはそもそもオトナイがこの田舎町でどれだけ多様なことができるかという実験の場でもあるからね。
エリコ わかる。いろんなイベント打ってみて反応が良かったりゼロだったり、それも意味があると思って受け止めてる。
ダイチ そう、たとえば政治的な発信をするとやっぱり客足に影響が出る。特に田舎は周りに忖度して思ってることが言えないというのはあるだろうね。でもうちは人が離れていくことも想定して発信してるし、もし地域から見放されても、それはひとつの結果として受け入れる覚悟はある。
エリコ それは本来起こってはいけないことだけどね。そういうことが起こらないようにするためにやってるんであって。
ダイチ そうだね。徳島の県外ナンバー差別とか、大阪のパチンコ店叩きとか、ひどい排除の動きがあちこちで起きてる。自分は関係ないからって黙っていたら、次のターゲットは自分かもしれない。そう考えると黙っていることはもっともリスキーな選択なんだよね。

A Place In The Sun

音楽

スティーヴィー・ワンダー「太陽のあたる場所」
う た:エリコ
ギター:ダイチ

もみの木文庫

こどもの本、貸し出しできます。

こんにちは、オトナイダイチです。
どこも図書館が休館する中で、北広島町図書館はずっと開けてくれていたのでとても助かっていましたが、とうとう今週から予約のみの貸し出しになりました。仕方のないこととはいえ、図書館に行くこと自体が好きな僕としてはとても寂しく、またこどもを連れていける貴重な場所がなくなったことが何より残念です。
おとなはネットで本を選ぶこともできますが、こどもの本はやっぱり手に取ってみないと選びにくいものです。
学校が休みになり、町でこどもたちの姿を見かけることが多くなりました。そこで、うちにせっかくこどもの本がたくさんあるので貸し出しすることにしました。

【もみの木文庫】
〇場所 オトナイの玄関(北広島町大朝577)
〇日時 毎日9時~17時
〇ご利用方法
①貸し出し帳に記入してください。
②期間は2週間程度です。
③返すときは「返却箱」に入れてください。(感染予防のため24時間放置した後に本棚に戻します)
※スタッフに声をかける必要はありません。自由に利用してください。

もみの木文庫というのは、僕の母が昔ここでやっていた私設図書館の名前です。そのときたくさんあった本は、2011年の東日本大震災の被災地にすべて寄附してしまったそうです。今あるのは、その後ご厚意により寄贈していただいたものです。
昔はよく近所のこどもたちが本を借りに来ていたのを懐かしく憶えています。そんな環境の中で僕も自然と本に親しむようになりました。こどもの頃に読んだ本は、内容は忘れてしまってもどこか深い部分に収められ、今の自分をつくっている気がします。

幼児~小学生くらいの本が揃っています。おとなの本も少しあります。この本棚にある本はすべて貸し出しできます。どんどんご利用ください。

休業のお知らせ

お知らせ

広島県から休業要請に対する支援金の支給が発表されました。
広島県感染拡大防止協力支援金(仮称)について

金額や条件など十分とは言えませんが、一応オトナイとして休業の条件に挙げていた補償付きの休業要請が出たことを受けて、決めました。

【休業】4月22日(水)~5月6日(水)

※支給が受けられなかった場合など、変更する可能性があります。

つい2日前にやるぞ!と意気込んだばかりですが、日々目まぐるしく状況が変わる中で情報を集め、情報に流されないよう決断しています。ご理解いただければ幸いです。
休み中も、先日のようなオンラインの企画をやりたいと思っています。

やるぞ!通常営業再開!

お知らせ

4月21日(火)から通常営業を行ないます。

店内での飲食、テイクアウトともに可能です。

営業時間は12:00~17:00です(掃除・消毒のために閉店を1時間早めます)。

こんにちは、オトナイダイチです。
明日からの営業をどうするか、すっごく悩みました。
エリコと喧嘩もしました。

この決断に至った理由のひとつめ。
先週テイクアウト営業をやってみて、正直ちっともおもしろくありませんでした。飲食物“だけ”を売ることにやりがいや楽しさを感じなかったんです。
僕たちの望みは、お店に来ていただいて、それぞれ思い思いに好きなようにすごしていただくこと。この空間と時間がオトナイ最大の、最高の商品だと自負しています。おやつやコーヒーにも一応自信があるけど、それを売ることが僕たちの目的じゃないんだということを再確認する結果になりました。

ふたつめ。
先週のテイクアウトにしろ、緊急事態宣言を受けての臨時休業にしろ、僕たちは国の「自粛要請」に従ったわけではありません。あくまでも自分たちの判断として、お客さんと自分たちの感染リスクを避けるために行ないました。
この状況において、何らかの業態変更や縮小を伴う自粛を行なうことは飲食店として正しい判断です。ただし、それは自分たちの生活が保障されなければ長続きしません。
国は「自粛要請」などという矛盾した言葉で民間に責任をなすりつけるのではなく、はっきりと休業要請をすべきです。感染予防のために必要ならいくらでも協力します。それには休業補償が譲れない条件です。国がしないのなら自治体で何らかの補償をすべきです。それが私たちの税金を預かっている行政の最低限の責任です。

「こんな大変なときに政府や行政を批判するな」という人がいます。
まちがいです。
批判しなければ、私たちがもらえるのは「和牛券」だけだったかもしれない。あの報道に対してたくさんの人が声を上げて、やっと10万円の給付が決まった経緯を思い出してください。文句を言わない民ほど、権力者にとって都合のよいものはありません。
補償付きの休業要請を受けるまでオトナイは通常営業を続け、声を上げ続けます。

みっつめ。
オトナイという店の特徴がこんなときに幸いして、かなり感染リスクを下げることができると考えています。

・いつもだいたい空いている。
・個室対応ができる。
・車か自転車、または徒歩でないと来られない。

要はどこにも「密」の要素がないってことです。
さらに可能な限り感染リスクを下げるため、常時換気と、使用後のテーブルやおもちゃなどの消毒は徹底します(人体に無害な薬品を使用します)。

お客様は次の点をご協力ください。
・できるだけ少人数でご利用ください。
・入店前に手洗いをしてください(トイレの前に手洗い石けんと消毒スプレーを設置しています)。
・各部屋につき1組ずつご利用ください。
・飲食時以外はなるべくマスクを着用してください。
・PayPayを使える方はご利用ください(現金のやり取りによる感染リスクを避けるため)。

こんな大変なときです。「来てください」とは言いません。
でも、こんな大変なときだからこそ、オトナイはあなたをお待ちしています。

4/18(土)臨時休業

お知らせ

全国に緊急事態宣言が出されたことを受け、4/18(土)は臨時休業とします。
今週はテイクアウトのみというでかたちで営業し、少ないながらもポツポツとお客様が来てくださいました。
この状況において、カフェはたしかに不要不急の存在です。しかし一方で、憲法第25条で謳われた「健康で文化的な最低限度の生活」のために欠くべからざる存在でもあります。飲食店というのは、ただ飲み食いするだけの場所ではありません。とりわけカフェは、その成り立ちから文化的交流の場としての性格を強く持っています。
一人でも来てくださるうちは続けたいという思いがありましたが、来てくださいとも言えない状況。苦慮の結果、このような判断になりました。残念です。またお会いできる日を待っています。

来週以降の営業については、情勢を見ながらあらためてお知らせします。

「アベノマスク」、集めます。

社会貢献

オトナイ大地です。

約466億円という巨費をかけて全戸に2枚配布される「アベノマスク」。SNSでは抗議の意思をこめて受け取りを拒否しようという動きも出てきています。
でももうちょっと視野を広げてみると、このマスクすら届かない人たちがいます。住所のないホームレスの人たちや、ネットカフェで寝泊まりする人たちです。
マスクが手に入らなかったり、ぼろぼろのマスクを1か月ずっと使ったりしている人もいるそうです。

僕は、マスクが届いたらホームレス支援団体に送ろうと思います。
「アベノマスク」不要なら、ホームレス支援団体に寄付しよう。 送り方や送り先は?

NPO法人抱樸の奥田知志さんは、「生活に困っている人は、誰からも心配されてないと社会に絶望してしまっています。コロナウイルスのことを心配する余裕もありません。マスクを届けながら、あなたのことを心配している人がいると伝えていきたいと思います。」と呼びかけています。

個人で送ると送料がかかるので、オトナイに持ってきていただければまとめてお送りします。留守のときにでも置いていただけるように箱を用意しておきます。
※包装された状態のまま持ってきてください。

ふだんからオトナイとして活動・発信する内容は社会的文脈を意識しています。特に、社会的弱者とされる人たちへの想像力をなくさないように強く心がけています。
オトナイは客の来ないローカルカフェですが、ありがたいことに県内ではそれなりの知名度を得ています。こんなときだからこそ、個人として呼びかけるよりもはるかに発信力のあるオトナイという名前を最大限活用して、できることをやっていきます。ご協力いただけるとうれしいです。

テイクアウト営業

お知らせ

広島県や近隣の島根県でも新型コロナウィルス感染が拡大しています。町内でも小中学校が臨時休校になるなど、影響が広がっています。毎日のように状況が変わり、難しい判断を迫られる日々です。

これらの状況を鑑み、オトナイはしばらくの間

火~土 13:00~15:00
テイクアウトのみ

の営業とすることにしました。

わたしたちの持てる思想や文化のすべてを注ぎ込んだオトナイという空間のなかで、お客様にすごしていただく時間、そしてそれを共有させていただくことをなにより大切に考えてきたわたしたちにとって、この決断は断腸の思いです。
期間は未定。今後の状況を見ながら柔軟に対応します。

ドリンクは通常メニューのほぼすべてをご用意できます。断熱紙カップによるご提供となりますが、コンビニコーヒーのような蓋はつきません。ご了承ください。
マイカップご持参の場合20円引きです。※容量200ml以上のものをお持ちください。
小学生・未就学のお子さんは、りんごジュース(小)が無料です。遠慮なくどうぞ。

おやつはマフィン、スコーンなどの定番の焼き菓子を日替わりでご用意します。品切れの際はご容赦ください。

みなさん。

生き延びましょう。

そして、必ずまたお会いしましょう。

「一つの国が文明国家であるかどうか[の]基準は、高層ビルが多いとか、クルマが疾走しているとか、武器が進んでいるとか、軍隊が強いとか、科学技術が発達しているとか、芸術が多彩とか、さらに、派手なイベントができるとか、花火が豪華絢爛とか、おカネの力で世界を豪遊し、世界中のものを買いあさるとか、決してそうしたことがすべてではない。基準はただ一つしかない、それは弱者に接する態度である」
藤原辰史「パンデミックを生きる指針――歴史研究のアプローチ」

うちで踊ろう

音楽

星野源「うちで踊ろう」とコラボしました。

日曜日の朝、すっげーつまんない政治利用の動画を見てしまって、ものすごく不快な気分に。
星野さんのやろうとしていることには共感できるので、あんなものを許しちゃだめだという強い思いに駆られ、僕らはちゃんとやろう!と勢いで撮った動画です。この場合、ちゃんとするってのは、ちゃんと音楽を楽しむということ。だから家族全員でやりたいと思った。
「うちで踊ろう」は「内で踊ろう」という意味もあると思います。見てくれた人に少しでも楽しい気分を届けられたらうれしいです。

4/11(土)の営業について

お知らせ

広島県知事から、県民に対して今週末の外出自粛要請が出されました。
それを受けてオトナイはどうするかを検討した結果、4/11(土)は通常どおり営業することにしました。

その判断をした理由は、大きく分けて外発的なものと内発的なもの2点があります。
まず外発的なものとしては、国による「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」。この中で、「自宅等で過ごす国民が、必要最低限の生活を送るために不可欠なサービスを提供する関係事業者の事業継続を要請する。」という項目があり、その中に喫茶店が含まれています。この判断をした政府の意図が不明だし、そもそも個人的には現政府の対応を100%信用できないので、この方針に安易に従うわけではありません。
喫茶店が“必要最低限の生活を送るために不可欠なサービス”であるか、目下不要不急のサービスであるかは判断が分かれるところだと思います。個人的には、事態がより悪化すれば不要不急であると判断せざるを得なくなると考えています。ここ県北の地でも、自発的な休業をおこなうタイミングと条件を想定しておく段階に入ってきています。

ただ、前の記事にも書いたように、現時点ではまだオトナイが目指してきた役割(安心安全な食の提供、くつろげる時間と空間、文化にふれる体験など)を果たしていく時期だろうと考えています。今回の新型コロナウィルスによる感染拡大は、収束まで長い時間がかかると予想されています。日常がどんどん狭く息苦しいものになっていく中で、ほっと一息つける場所はひとつでも多くあったほうがいい。それが内発的な理由です。

感染リスクを下げるために、スタッフは以下の点に留意します。
・マスク着用
・こまめな換気
・使用後のテーブルやおもちゃなどの消毒

お客様には、次の点をご協力いただきたいと思います。
・できるだけ少人数でご利用ください。
・入店前に手洗いをしてください(トイレの前に手洗い石けんと消毒スプレーを設置しています)。
・各部屋につき1組ずつご利用ください。
・飲食時以外はなるべくマスクを着用してください。

 

  • 1
  • 2

営業予定

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

 

2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

が休みです。

店舗情報

Tel 080-5355-1074
営業日 木・金・土曜日(不定休あり)
営業時間 12:00~18:00(現在17:00までの短縮営業です)

カテゴリー

error

Enjoy this blog? Please spread the word :)