月別: 2020年9月

営業日変更のお知らせ

お知らせ

こんにちは。広島県の片田舎でオトナイというカフェをやっているダイチです。
当面の間、【木・金・土曜日】のみの営業に変更します。

いま、オトナイは経営的にピンチです。いや4月からずっとピンチではあったんだけど、9月に入ってから何かが変わったような感触があります。終わりのはじまりが終わり、社会の崩壊が次の段階に進んだような不気味な変化です。
お客さんが減っているとはいえ、個々のお客さんの過ごし方は以前と変わらず、お一人や少人数でゆっくり過ごされたり、別々のご家族の子どもたちが一緒に遊んだり、そんないつものオトナイ時間が流れています。僕たちがオトナイという場に託した役割はきちんと果たしているし、まだまだ続ける意味がある。そう感じています。
しかし客数の減少は如何ともしがたいのが実情です。ブログやSNSで政治的な発言をしたり、社会問題や人権問題に触れたりするのもその一因にはなっているでしょう。とにかくリベラルなものが嫌いという人は一定数いるものです。
だけど最近の減少傾向はそれだけではなく、とにかく社会に余裕がなくなっている。余裕がなくなると、カフェのような余暇にかける時間とお金は真っ先にカットされます。予想通り、コロナ以後自殺者が増えているそうです。特に女性が多く、10代ではさらに顕著です。社会的・経済的に弱い立場の人たちが真っ先に追い込まれていく。あなたはこんな世界を望んでいますか?僕は望んでいない。子どもたちをこんな世界に放り出すわけにはいかない。
日本におけるコロナ禍は、政府の杜撰な対応が招いた人災です。そして現政権も前の政権を継承すると言っている以上、事態が好転する見込みはないでしょう。一人ひとりの声で世論を動かし、選挙に行って変えるしかありません。
僕は今のこの日本社会に非常に恐れを抱いています。よく「ピンチをチャンスに」と言いますが、そうやって無理やりポジティブにとらえようとするとリスクを過小評価するし、現実を直視できなくなる。危機は危機として正しく恐れるほうが生物としての生存性が高まるはずです。もっとシビアな状況に追いつめられる前に、先手を打つことにしました。そのための営業縮小です。
営業日を来客の多い週の後半に限定することで、コミュニティカフェとしての機能を維持しつつ、経営的な負担とリスクを最小限に抑えます。そうするといろいろ可能性が見えてきます。一例として、かねてから計画していた週末ランチを実施する予定です。今週末にはまだ間に合わないと思うので少々お待ちくださいね。個人的な活動時間も増やせるので、エリコは草木染めを本格的にやりたいそうです。僕はまだいろいろ思案中です。そんな感じです。

こんな世界にも虹はかかる。きみもぼくも、生きていこう。

オトナイ対談⑥

オトナイ対談

エリコとダイチによる「オトナイ対談」は、私たちがふだんどんなことを大切に考えながらオトナイを運営しているかを知ってもらいたいという思いで不定期におこなっています。

ダイチ 昨日も夜中の2時までいろいろ話してて、あれをそのままオトナイ対談にしたいくらい内容が濃かったね。さて、今日のテーマは「SNSの活用について」です。

エリコ 研修かな?公民館講座かな?

ダイチ 僕ときみが情報交換するとき、外でいろんな人に会って話したことや、本を読んだりして学んだこともあるけど、情報ツールとしてのSNSは大きいわけやん。うちは新聞とってないしテレビも見ないから。地上波テレビなんて完全にオワコン。特に報道番組とか情報バラエティ。パンケーキおじさんがどうしたとか、レベルが低すぎる。

エリコ テレビにしてもネットにしても、偏りがあるという視点を持つことが大事。人は自分が気持ちいいと感じる情報を信じやすいという性質があるし。

ダイチ オトナイで使ってるのはFacebook、Instagram、Twitter。フェイスブックの主な使い方はホームページに書いた記事のシェア。インスタは画像がメインなので、オトナイのカフェ部門の発信にはよく合う。あとインスタは投稿と同時にフェイスブックにシェアできるのも便利。ツイッターはあんまりうまく使えてない。どうもうちのスタイルに合わないのかな。

エリコ ツイッターは刺激的な内容が求められる印象がある。軽くバズってからがはじまりくらいのツール。

ダイチ そこがおもしろいところでもあるし、危険なところでもある。社会的・政治的な用途に使うのであればツイッターがいちばんだと思う。フェイスブックやインスタは政治性とか社会性といったものがまるで存在しないかのような空間。薄められた表層だけの世界。

エリコ ツイッターは文字数が少ない。だからこそ過激になりやすい。

ダイチ うちは割と丁寧に説明したいほうだから、そこが合わないのかもね。僕はとにかく情報を仕入れるツールとしては圧倒的にツイッターを利用してる。最近ツイッター経由で知ったのは松任谷由実の発言とか、つるの剛士の炎上ツイートとか。あとミルフィーユとか水筒のやつも強烈だった。

エリコ 水筒のやつ教えて。

ダイチ ある小学生の子の母親のツイートで、子どもが水筒を忘れたことを先生に伝えたら「次から忘れないように」と指導されただけで、一日水を飲めなかったと。水筒を忘れたら命の危険にさらされるんですか?と疑問をつぶやいたら「忘れる方が悪い」とか批判がいっぱい集まった。

エリコ えーっ。

ダイチ もちろんまともなリプもたくさんあったけどね。教育関係にリーチしてるとそういうツイートがいっぱい入ってくる。

エリコ 私は政治のこととかジェンダーに関することかな。ミックスに関することとか。

ダイチ 今少し減ったけど、一時期はBLM(Black Lives Matter)の話題がすごかった。

エリコ 大坂なおみのおかげで日本でも認知度が上がった。

ダイチ 小沢健二が頓珍漢なこと書いててガックリしたわ。ユーミンとオザケンの音楽はもう素直に聴けなくなったね。

エリコ そういう情報を集めていると陰鬱な気持ちになってくるけど、それを昇華するという意味でも自分の発信が大事になってくると思うんよね。でもエッセイやコラムを書くツールとしてのフェイスブックはもう終わってて。政治的なこととか社会的なこととかを書くと浮いてる状態になる。

ダイチ 政治や社会問題に触れると一気に「いいね」が減るからね。

エリコ 自分の経験では、誰かに「フェイスブック見たよ」と言われるとき、触れやすい部分しか話題にならない。逆に「そんなこと(政治や社会問題)ばっかり考えてる人かと思った」と言われたこともある。人なんて多面的なんだから、それってすごく危険。

ダイチ SNS上の人格をどう作っていくかみたいな試行錯誤は誰でもすると思うけど、正直俺はもうめんどくさいんよね。どう思われてもいいみたいなところはある。

エリコ SNSを使うときって批判的思考は必要だと思うんよね。

ダイチ 議論ができない人って、批判を受けると否定ととらえてしまう。そうじゃなくてあなたの今の意見に対して反論してるだけなんですよということ。

エリコ それが伝わらなかったことがたくさんある。

ダイチ それって教育の問題も大きいけど、SNSの問題もあるよね。SNSは短文で速いスピードで流れていくから、コミュニケーションの中で思考を熟成させて言語化する訓練ができなくなってる。で、エリコの発信は今後どうするの?

エリコ 何を使うか迷ってる。noteとかに書いて、フェイスブックはシェアして感想を受け取る使い方がいいのかなあと。とにかくSNSを自分を表現するためのメインツールにしたらあかんと思う。あなたという人間は生身で会って話した方が絶対深みがあるに決まってる。使うならいいとこ取りして使えってこと。SNSなんてその程度のものなんだから。

雑貨コーナー入荷情報

手づくり雑貨

新作続々と入荷しています。

・やさしい暮らし雑貨 nagomi nagomi
ひんやり小豆カイロ(カバー付き)は冷蔵庫または冷凍庫で冷やして使用します。氷のようにキンとした冷たさではなく、やさしい冷たさです。冷やすと良い部位の図解付きなので効果的にご使用いただけます。

もう一点は涼しげなマスク。手ぬぐい素材などを使用した軽い着け心地の立体型マスクです。

・RIN*RINの羊毛雑貨
どんどん完成度が高くなっています。 ぜひ手に取ってみてください。あずま袋もあります。

・編美のマクラメアクセサリー
大阪からたくさんの新作が届きました。様々な素材や石の組み合わせがあります。指輪、ピアス、ブレスレット、ネックレス、チャームなどお好みのものと出会えますように。

・陶芸工房アスカ
手彫りの文様や刷毛の跡が手作り感を生んでいます。暮らしの中に溶け込むデザイン。実用性も高く、おすすめの器です。ぜひ手に取ってご覧ください。

もみの木

その他

こんにちは、ダイチです。今日は臨時休業です。
昨夜の台風9号はすごかったですね。続いてさらに強い台風10号も接近していて、日本各地やお隣の韓国などの被害が心配です。
強風により庭のもみの木が折れて倒れてしまいました。オトナイのロゴデザインにもなっているシンボル的な木だったので、とても残念です。

半分くらいでポッキリ。昔の便所がある離れを直撃していました。近隣や母屋にほとんど被害がなかったのが幸いでした。でも撤去や修復にかなりお金と時間がかかりそう。今年はほんとに大変な年だなあ・・・。

これは約50年前の写真です。

僕の祖母から聞いた話では、もみの木はこの家が建つ前からあったそうなので、樹齢100年を軽く超えているはず。今日見てもらった植木屋さんも100年以上でしょうと言われてました。
うちが建つ前はここに庄屋の家があって、そのときからこのもみの木はあったそうです。そのばあちゃんも自分で見たわけではないのでどこまで本当かわかりませんが。
後ろの山には駿河丸城という吉川氏の城跡があって、郷土史の学芸員の方が言うには城といっても戦に備えた山城で、住居はこの辺に構えていたはずだとのこと。その庄屋が吉川氏と関係あると思うんですが、そこから先は調べてみないとわかりません。

僕は18歳までこの古民家で育ちました。今でいう2世帯住宅で、1階は祖父母が暮らし、僕たちはおもに2階で暮らしていました。今は客室になっている8畳の洋間が子ども部屋でした。
6年前に帰ってきて4年前にオトナイをオープン。そんなわけでオトナイはまだ5年目だけど、その下には100年単位の歴史が眠っています。今は無理だけどそのうち郷土史とのかかわりについて調べたいなあと思っています。

植木屋さんによると、もみの木は残った部分も中が洞(うろ)になっているそうで、次の台風が怖いです。でも僕にとっては思い出深い木なので、できればモニュメント的に半分だけでも残せないかなあと検討しています。

 

 

 

9/3臨時休業のお知らせ

お知らせ

昨夜の台風9号による強風でもみの木が半分から折れてしまいました。樹齢100年以上のシンボル的な存在だったので、とても残念です。
近隣の田んぼや道路に倒れなかったのが幸いでした。昔の便所を直撃していますが、母屋の方には大きな被害はなくひと安心しました。
今日は業者への連絡や保険関係の手続きなどでバタバタしているので、臨時休業とさせていただきます。

営業予定

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

 

2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

が休みです。

店舗情報

Tel 080-5355-1074
営業日 木・金・土曜日(臨時休業あり)
営業時間 12:00~17:00

カテゴリー

error

Enjoy this blog? Please spread the word :)