作者別: オトナイ

政治性、ということについて

コンセプト

こんにちは、ダイチです。
今日は汗ばむくらいの陽気です。窓を開けておくと心地よい風が入ってきます。

昨日ある取材を受けて、久しぶりに開業当時のことを振り返ってインタビューに答えました。ライターの方が事前資料として3年くらい前のインタビュー記事を持っておられて、懐かしいというよりもその頃はまだ各方面にいろいろ気を遣って答えていたなーという記憶が蘇りました。
今はもう大半のしがらみから解放されて自由になったので、かなり本音で答えました。ま、そのへんはカットされると思いますけど、媒体が完成したらまたお知らせします。
広島市内の方なので向こうの状況も色々お聞きしましたが、やっぱり市内の飲食店は大きな打撃を受けて廃業が相次いでいるそうです。田舎はまだ恵まれています。だからと言って他人事でいいのかというと、僕はそうは思いません。

カメラマンの方から「ホームページの雰囲気はほんわかしてるのに、書いてる内容はけっこうきつい言葉で怒ってますねー」と言われました。素直で好感の持てる人でした。
そりゃね、僕だってできれば怒らずに生きたいです。でもね、いま怒らずに黙っているとどうなるか。
思い浮かぶのはマルティン・ニーメラーというドイツの牧師による有名な言葉です。

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから
社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義者ではなかったから
彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったから
そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

日本社会には「批判はよくない」という不思議な圧力があります。批判しないということは、間違ったことに「それは間違っている」と声を上げられないということです。親、教師、上司、権力者、そういった自分より強い相手に間違ってると言えなくなったら、この社会はどうなるだろう。
僕自身、数年前に就職した職場で、当時のトップによるパワハラ・モラハラに逆らえず心身を壊して退職したという深い傷があります。その職場は、その後も退職者や逮捕者まで相次ぎ、当時の同僚の苦しむ声を何度も聞きました。あのときもっと声を上げるべきだったという後悔と反省の念が今もあります。

オトナイはウェブやSNSなどでは積極的に政治的発言をするカフェですが、店内や外観に露骨に政治色を匂わせるようなものはありません。そういうものは意図的に避けています。
一方で、特定の政党(多くは自民党や公明党)のポスターを貼っているお店はたくさんあるけど、そういうお店は「政治色がある」とは言われない。でももしそれが共産党やれいわ新選組のポスターならまた違った受け取り方をされるでしょう。そもそも「政治的な発言をしない」という態度もまた極めて政治的である、ということは忘れずにおきたいものです。
私たちの暮らしのすべてが政治と深い関わりがあるので、オトナイに限らず、どんなお店でもSNS発信から店内の隅々に至るまで逃れようもなく政治的です。 例えばどんな小麦粉を使うか、食器洗いは合成洗剤にするか液体せっけんにするか、本棚にどんな本を並べるか、そういうところから政治は始まっています。

 

マスク回収します

社会貢献

こんにちは、ダイチです。このへんにもようやく「アベノマスク」が届きはじめました。
布マスクはたくさん手作りしたりいただいたりして十分ストックがあるのでもういらないですけど。
そして噂どおりゴミが混入していました。

ただし問題の核心はゴミや虫やカビではなく(それも大概だと思うけど)、受注業者が3社→5社→11社と当初の説明から激増したり、かかった費用が466億→いや90億?→やっぱり合計970億→いや260億?とコロコロ変わるダメさ加減とうさん臭さにあります。結局何がしたかったんでしょうね。少なくとも、コロナに便乗して大儲けした人がいることだけは確かです。

さて、前置きが長くなりましたが、以前の記事でお知らせしたとおり、ホームレス支援団体に送るために不要なアベノマスクの寄付を募っています(「募ってはいるが募集はしてない」というネタももはや懐かしい気がしますね)。
オトナイ1階玄関に回収箱を設置しています。

NPO法人抱樸の奥田知志さんによると、マスク着用がマナーとして定着している中でホームレス状態の人がマスクをしていないと、もともとあった排除や差別の意識にさらに拍車がかかる可能性があるとのこと。その現状がそもそもおかしいのですが、マスクをつけることで少しでも身を守ることができるなら、オトナイは協力したいと思います。

エリコの力作イラストもご覧ください。

アベノマスク→無能、からの連想です。もっともつげ義春の描く「無能の人」は、唐木順三の説く無用者の系譜に連なる哲学的実践の一種であり、アベノマスクのような害のある無能さとは本質的に異なりますけどね。

営業再開しました

お知らせ

本日より営業再開します。当面の間12〜17時の営業です。終わりが1時間早いのでご注意ください。

今だから言いますが、ほんとのところ2分8分くらいの確率でこのまま廃業かなと思っていました。
「いつからですか?」と声をかけてくれた人。ありがとうございます。待ってくれている人がいると思うだけで励みになるものです。
再開できたのは運がよかったに過ぎません。自分の店は無事でよかった、とはどうしても思えない。国が補償をケチりにケチったせいで多くのお店が廃業に追い込まれたことは絶対に忘れません。
これからは潰れてほしくないお店に積極的に行こう。応援しよう。そう強く思いました。

コロナ休業の間、オトナイはけっこう政治的な発言をしてきました。まあうちは最初からそういうスタンスではありますが、それでも保守的な地域性などに配慮(忖度)して多少は控えていた部分もあります。でも、コロナ禍が可視化した政権の腐敗と不正はあまりにも深刻でした。最近だけでもどさくさ紛れの検察庁法改正、賭けマージャン、専門家会議の議事録を取ってない、持続化給付金の委託費800億円などなど、信じがたいことが毎日のように起こっています。多すぎて1か月前のことを思い出せないくらい。いま声を上げないと本当に住めない国になってしまうという強い危機感をもっています。
個人的な試算では、うちみたいな弱小店が政権批判すると最大で4割のお客さんを失うリスクがあります。内閣支持率を見ていると、どんな不正や不祥事が発覚しようと頑として支持するいわゆる岩盤支持層が3割強います。これに公明党や「ゆ党」と揶揄される維新の支持者も含めると4割くらい。
ただ、オトナイはもともとリベラルな価値観や多様性を尊重する経営理念を打ち出しているので、そこに共感してくれるお客さんは必然的にリベラル層が多い傾向にあります。データ的にもオトナイのフォロワー層は年代・性別ともに自民党支持層と真逆(実際の来客のデータは取っていないのでFacebookのデータを参考にしています。だいたい人の年齢や性別を見た目で判断していいとは思わないので)。
なので4割までは減らないだろうと思っていますが、相当きびしい状況になるだろうなとは覚悟しています。
それでも日本が壊れていくのを黙って見ているよりはいい。近い未来、必ずこの時代は腐敗の時代として記憶されます。そのとき、子どもたちから「お父さんとお母さんは何してたの?」と訊かれて、「うん、お客さんが減るのが怖いから黙ってた」と言いたくないので。

本当に怖いのは、不正がまかり通り、言いたいことが言えない世の中をそのまま子どもたちに渡してしまうことです。
オトナイは変わらずこういうスタンスです。
応援よろしくお願いします。

6/2(火)営業再開します

お知らせ

こんにちは。オトナイダイチです。
休業中は出口の見えないトンネルの中にいるような気分でデスクワーク漬けの日々を送りつつ、主にネットを通じて世の中を観察していました。政府の対応のあまりの杜撰さに多くの人が気づき、怒りを表明しはじめたのは健全な民主主義の発露であり、よいことだと思います。
一方で、糸井重里の「人を責めるな。自分のことをしろ」という発言に象徴されるような、批判せず耐え忍ぶことを是とする戦前回帰的なムードも出てきています。9年前の3.11の後にもありました。原発事故やコロナ禍のような人災の側面が大きい災厄を、あたかも自然災害のようにとらえて精神論や助け合いで乗り越えようというストーリーは一見美しく見えますが、政治の責任を自己責任論にすり替えてしまうので警戒が必要です。

今回のコロナ禍では、多くの事業主が批判を覚悟で営業するか、困窮を覚悟で休業するかという究極の二択を迫られました。過去形ではなく、今も難しい判断を迫られています。
でもこれらは本来対立するものではなく、例えばうちのような飲食店では、ふだんから公衆衛生を守りつつ経営を回すことは当たり前にやっています。この原則はパンデミック下でも変わらず、潰れない保証さえ担保されれば、感染防止を重視して休業することに何の異議もありません。しかし国があくまで補償を渋ったことで、あたかも利他=公衆衛生と利己=経営が対立するものであるかのようなミスリードの状況が生まれました。自粛警察という存在は国の無策と失策が生み出したモンスターです。
自治体がテイクアウトを推奨することにもはなはだ疑問を感じました。誰もがテイクアウトできる余裕があるわけではないし(我が家はまったくありませんでした)、すべてのお店がすんなりテイクアウトに切り替えられるわけでもない(オトナイはテイクアウトには不向きで赤字しか出ないと判断して早期に撤退)。推奨するなら、誰もがそのための経済活動や消費行動ができるように補償を先にしてくれよって話です。
補償の遅れによる経済的なダメージとそれに伴う心理的負担は非常に大きく、たとえ給付金が返ってきても(あえて“もらう”とは言いません。私たちの税金であり権利なので)ちょっとしばらく立ち直れないかなと感じています。

学校や経済活動の再開は多くの人が望んでいます。でも本当に再開しても大丈夫なのか、根拠は希薄です。広島県の検査数はここのところ1日10件台です。検査数を減らせば新規の感染者数が減るのは当たり前。PCR検査の要件である発熱や呼吸器症状のある人が一日わずか10数人というのは考えにくいと思います。
すべて緊急事態宣言の解除ありきの流れなのではないか。現政権のやり方を見ていると、そういう疑念を拭い去れません。おそらくこの国は今後もまともなデータを出せないでしょう。国の判断があてにならないなら、自分たちで判断するしかありません。

4月14日のブログに生きてまた会いましょうと書きました。その約束を果たしたい。それが営業再開の理由です。

休業期間を延長します

お知らせ

こんにちは、オトナイダイチです。
みなさん連休中は少しはのんびりできましたか? できたよーという人、できるわけねーじゃんという人、状況はそれぞれだと思います。うちは2歳児が反抗期真っ最中でとにかく手がかかり、そこに5歳児もややこしい絡み方をするので休日はもうわちゃわちゃです。うちの場合はまだ平日は保育園に通えるので仕事ができて助かっているけど、休園・休校中のお子さんのいる家庭では本当に大変だろうと思います。
そんなときありがたいのはやっぱり人とのつながり。ソーシャル・ディスタンスって言うけど、感染予防という意味ならフィジカル・ディスタンスの間違いじゃないのと思ってます。こんなときだからこそ社会的なつながりは大切。自助には限界があるので、そこを補い合える共助があるだけで追いつめられる人はぐっと少なくなります。もちろん国や自治体による公助があった上での話だけど、何もかもが杜撰だしもう手遅れだよ。

おかげさまで良い休日を過ごせました。

さて、前置きが長くなりましたが、5月6日までと告知していた臨時休業を当面延長します。
公式発表される数字や情報に信ぴょう性がないので、営業再開に踏み切れるだけの判断材料がないというのが主な理由です。逆に言うと休業を続けることの確固たる根拠もなく、すべてが不確かで曖昧です。
緊急事態宣言の延長や自粛要請(矛盾した言葉ですよね)なんかは僕たちにとってはどうでもよくて、開けるも閉めるも自分たちの矜持にもとづいて判断します。だから自粛という言葉もあえて使いません。
田舎にいるとなかなか実態が見えないので想像になりますが、都市部では飲食店は開けても地獄、閉めても地獄みたいな状況になりつつあるのではと心配しています。最適解が見えない状況の中で、誰もが迷い困っている。それが責められたり攻撃されたりしない社会にしていきたいものです。

オトナイ対談④

オトナイ対談

オトナイのエリコとダイチが四方山話をする誰得コーナーです。今回はノーテーマでいろいろ話します。

ダイチ えーっとじゃあまず休業中にしたいこと。僕は駿河丸(オトナイの裏山にある史跡)に気軽に登れるようにしたい。タケノコも取れるし。そういえば毎年この時期は民泊に来る中学生とタケノコを掘るんだけど、今年は民泊がなくて静かな春。

エリコ 個人的には春のせわしなさがなくて、自然に向き合ってる感じがある。
ダイチ 畑はどう?
エリコ おととい藍の種を蒔いた。これからヘチマとかほうれん草とか、5月には大豆を蒔く。
ダイチ 秋にはそれで藍染めに挑戦?
エリコ 生葉染めができれば。余裕があればすくも作りからやってみたいけど、まだ勉強中だからできるかどうかわからない。とりあえず種はつなぐ。

ダイチ そういや染めといえば、次のインスタライブはどうなった?
エリコ 5月1日の朝10時から。
ダイチ テーマは?
エリコ 「“生きづらさ”感じてる?」

ダイチ おもしろそうやん。僕も生きづらいわ。
エリコ 誰にとっても生きづらいでしょ、今の世の中。それに気づいてるかどうかの話。
ダイチ うちってけっこうそういうぶっちゃけたこと言うじゃん。でもそういう店って少ないよね。店の顔で発信はするけど、個人の顔はあんまり出さない。
エリコ わたしはそういう発信をする店を見てきたから、それがむしろ当然と思ってる。
ダイチ コロナについてはみんなふれるけど、政治についてはふれない。ろくに補償もなくて大打撃を受けてるのに、批判も意見も言わないのはなぜだろう?
エリコ 今の状況はあくまでウィルスのせいだという認識なのかな。そこに直接影響を及ぼしているはずの政治が空気みたいになっている。災害のたびに言われる「がんばろう〇〇」とか「絆」とか、市民の力で乗り越えたふうになってしまってる。だから社会的弱者が簡単に忘れられて、見捨てられる。熊本地震も台風19号も、福島の原発事故ですらなかったことみたいになってる。そこに思いを馳せていたら、簡単に感情論でものを言えないはず。
ダイチ 精神論も多いね。個人の努力や心の問題にすり替えられて、政治や社会の問題が隠されてしまう。
エリコ よく聞くのは、「政治は難しくて何を話せばいいかわからない」っていうパターン。わたしの投稿を見て「それは正義感なの?」と聞かれたこともある。
ダイチ 糸井重里的な、ゆるふわ全体主義だね。声を上げること自体が揶揄の対象になる。「正義中毒」とかいうひどい言い方をしている学者もいるし。
エリコ 逆にダイチは何でそういう発信をするん?
ダイチ ああ、それはそもそもオトナイがこの田舎町でどれだけ多様なことができるかという実験の場でもあるからね。
エリコ わかる。いろんなイベント打ってみて反応が良かったりゼロだったり、それも意味があると思って受け止めてる。
ダイチ そう、たとえば政治的な発信をするとやっぱり客足に影響が出る。特に田舎は周りに忖度して思ってることが言えないというのはあるだろうね。でもうちは人が離れていくことも想定して発信してるし、もし地域から見放されても、それはひとつの結果として受け入れる覚悟はある。
エリコ それは本来起こってはいけないことだけどね。そういうことが起こらないようにするためにやってるんであって。
ダイチ そうだね。徳島の県外ナンバー差別とか、大阪のパチンコ店叩きとか、ひどい排除の動きがあちこちで起きてる。自分は関係ないからって黙っていたら、次のターゲットは自分かもしれない。そう考えると黙っていることはもっともリスキーな選択なんだよね。

A Place In The Sun

音楽

スティーヴィー・ワンダー「太陽のあたる場所」
う た:エリコ
ギター:ダイチ

もみの木文庫

こどもの本、貸し出しできます。

こんにちは、オトナイダイチです。
どこも図書館が休館する中で、北広島町図書館はずっと開けてくれていたのでとても助かっていましたが、とうとう今週から予約のみの貸し出しになりました。仕方のないこととはいえ、図書館に行くこと自体が好きな僕としてはとても寂しく、またこどもを連れていける貴重な場所がなくなったことが何より残念です。
おとなはネットで本を選ぶこともできますが、こどもの本はやっぱり手に取ってみないと選びにくいものです。
学校が休みになり、町でこどもたちの姿を見かけることが多くなりました。そこで、うちにせっかくこどもの本がたくさんあるので貸し出しすることにしました。

【もみの木文庫】
〇場所 オトナイの玄関(北広島町大朝577)
〇日時 毎日9時~17時
〇ご利用方法
①貸し出し帳に記入してください。
②期間は2週間程度です。
③返すときは「返却箱」に入れてください。(感染予防のため24時間放置した後に本棚に戻します)
※スタッフに声をかける必要はありません。自由に利用してください。

もみの木文庫というのは、僕の母が昔ここでやっていた私設図書館の名前です。そのときたくさんあった本は、2011年の東日本大震災の被災地にすべて寄附してしまったそうです。今あるのは、その後ご厚意により寄贈していただいたものです。
昔はよく近所のこどもたちが本を借りに来ていたのを懐かしく憶えています。そんな環境の中で僕も自然と本に親しむようになりました。こどもの頃に読んだ本は、内容は忘れてしまってもどこか深い部分に収められ、今の自分をつくっている気がします。

幼児~小学生くらいの本が揃っています。おとなの本も少しあります。この本棚にある本はすべて貸し出しできます。どんどんご利用ください。

休業のお知らせ

お知らせ

広島県から休業要請に対する支援金の支給が発表されました。
広島県感染拡大防止協力支援金(仮称)について

金額や条件など十分とは言えませんが、一応オトナイとして休業の条件に挙げていた補償付きの休業要請が出たことを受けて、決めました。

【休業】4月22日(水)~5月6日(水)

※支給が受けられなかった場合など、変更する可能性があります。

つい2日前にやるぞ!と意気込んだばかりですが、日々目まぐるしく状況が変わる中で情報を集め、情報に流されないよう決断しています。ご理解いただければ幸いです。
休み中も、先日のようなオンラインの企画をやりたいと思っています。

やるぞ!通常営業再開!

お知らせ

4月21日(火)から通常営業を行ないます。

店内での飲食、テイクアウトともに可能です。

営業時間は12:00~17:00です(掃除・消毒のために閉店を1時間早めます)。

こんにちは、オトナイダイチです。
明日からの営業をどうするか、すっごく悩みました。
エリコと喧嘩もしました。

この決断に至った理由のひとつめ。
先週テイクアウト営業をやってみて、正直ちっともおもしろくありませんでした。飲食物“だけ”を売ることにやりがいや楽しさを感じなかったんです。
僕たちの望みは、お店に来ていただいて、それぞれ思い思いに好きなようにすごしていただくこと。この空間と時間がオトナイ最大の、最高の商品だと自負しています。おやつやコーヒーにも一応自信があるけど、それを売ることが僕たちの目的じゃないんだということを再確認する結果になりました。

ふたつめ。
先週のテイクアウトにしろ、緊急事態宣言を受けての臨時休業にしろ、僕たちは国の「自粛要請」に従ったわけではありません。あくまでも自分たちの判断として、お客さんと自分たちの感染リスクを避けるために行ないました。
この状況において、何らかの業態変更や縮小を伴う自粛を行なうことは飲食店として正しい判断です。ただし、それは自分たちの生活が保障されなければ長続きしません。
国は「自粛要請」などという矛盾した言葉で民間に責任をなすりつけるのではなく、はっきりと休業要請をすべきです。感染予防のために必要ならいくらでも協力します。それには休業補償が譲れない条件です。国がしないのなら自治体で何らかの補償をすべきです。それが私たちの税金を預かっている行政の最低限の責任です。

「こんな大変なときに政府や行政を批判するな」という人がいます。
まちがいです。
批判しなければ、私たちがもらえるのは「和牛券」だけだったかもしれない。あの報道に対してたくさんの人が声を上げて、やっと10万円の給付が決まった経緯を思い出してください。文句を言わない民ほど、権力者にとって都合のよいものはありません。
補償付きの休業要請を受けるまでオトナイは通常営業を続け、声を上げ続けます。

みっつめ。
オトナイという店の特徴がこんなときに幸いして、かなり感染リスクを下げることができると考えています。

・いつもだいたい空いている。
・個室対応ができる。
・車か自転車、または徒歩でないと来られない。

要はどこにも「密」の要素がないってことです。
さらに可能な限り感染リスクを下げるため、常時換気と、使用後のテーブルやおもちゃなどの消毒は徹底します(人体に無害な薬品を使用します)。

お客様は次の点をご協力ください。
・できるだけ少人数でご利用ください。
・入店前に手洗いをしてください(トイレの前に手洗い石けんと消毒スプレーを設置しています)。
・各部屋につき1組ずつご利用ください。
・飲食時以外はなるべくマスクを着用してください。
・PayPayを使える方はご利用ください(現金のやり取りによる感染リスクを避けるため)。

こんな大変なときです。「来てください」とは言いません。
でも、こんな大変なときだからこそ、オトナイはあなたをお待ちしています。

営業予定

2020年6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

が定休日です。

店舗情報

Tel 080-5355-1074
営業時間 12:00~18:00(冬期は17:00まで)
定休日 日・月曜日、その他不定休

カテゴリー

error

Enjoy this blog? Please spread the word :)