カテゴリー: お店のこと

1周年です

お店のことコンセプト

本日、オトナイオープンします。
軽食、手作りおやつなどをご用意しております。
草木工房シフクノモリさんによる木の雑貨と野草茶も展示販売中です。

じつは明日5/4でオープンから1年になります。
先輩同業者から心配されるほどの僻地にあってこれまで何とか続けてこられたのは、ひとえにみなさまのおかげです。
本当に、ほんとうにありがとうございます。

記念すべき1周年の5/4、5/5はお休みをいただいて、家族と共に過ごす時間にします。
感謝企画どころか書き入れ時のGWに営業すらしないというスタイルもオトナイ流でございます。

変わらないために変わり続ける。そんな場所でありたい。
これからもオトナイをよろしくお願いいたします。

D

オトナイにできること

お店のこと

梅と桃が同時に咲き誇り、見事な光景です。

先日、店主がかつて不登校支援をしていたことを知ったお客様が相談に来られました。
お話を聞かせてもらうことしかできませんが、過去の仕事が今につながり、少しでも役に立てるのはうれしいです。
妻と話すのが楽しみで来てくださるお客様もいるし、「大朝にはオトナイがあるから将来帰ってこようかな」と言ってくれた若いお客様もいます。最高のほめ言葉ですよね。そんなことがあった日は本当にオトナイをやっててよかったなーと思います。
たかが喫茶店。大したことはできません。されど喫茶店。ある意味何でもできる。
そんな可能性のある場にしていきたいとあらためて思いました。

D

看板のこと

お店のこと

バイパスに出していた看板が、1年でボロボロになってしまいました。

これが、

こう。
他のお店なら間違いなく「どんな化け物屋敷やねん」とツッコむところです。

※イメージです

ときどきこの看板の前でしばらく止まってから走り去っていく車がありますが、たぶんこの看板を見て「やめとこうぜ」となってるのではないかと思います。

イベントまでに描き直します。

D

階段に手すりが付きました

お店のこと

オトナイの家は大正初期に建てられた古民家です。
カフェのある2階部分は昭和時代にリノベーションされていますが、それでもやはり古い。
バリアフリーという視点から見れば問題だらけです。

特に階段。お年を召したお客様がハアハア(*´Д`)と息を切らして上がってこられていました。
上りはなんとかなっても、下りが危ないんですよね。
これまでは店主が手を貸したりお客様どうしの助け合いでやってきましたが、やっぱりユニバーサルな設備はないよりあったほうがいい。

というわけで、ついに手すりが付きました!

さっそく重たい水のタンクを持って上がるときに使ってみましたが、なかなか便利です。
高齢者や身体の不自由な方にとって便利なものは、誰にとっても便利なものなんですね。
でもこれ、例えば右手の不自由な人は下りのとき使えない。そう考えはじめるときりがないのがハードの弱点。
じゃあ横向きか後向きに降りてもらって、僕が下からサポートしましょうとか、柔軟な対応ができるのがソフトの利点。
バリアの課題はハード=設備を改善したらはいオッケーではなく、ソフト=人と人とのかかわりの中で解決するのが大切なんだと思います。

D

芸北ぞうさんカフェ!

お店のこと周辺情報日常

 

日曜日は家族で芸北ぞうさんカフェに行ってきました。
昨年改装された店内は広くて雰囲気たっぷり。有名なぞうさんペーパーなどの雑貨や物珍しいアイテムがいっぱい。娘も大はしゃぎで楽しんでいました。

僕は5年前のオープン当初から年1回くらいのペースで来ています。近くて遠い芸北。当時はまだ大阪に住んでいたので「へー、芸北にこんなおもしろい店ができたんだ」という程度の認識でした。
こっちに戻ってからは仕事でもプライベートでもいろんなところでぞうさんカフェの噂を聞いて、なんかすごいことやってるなあと思ってました。
なんせFacebookのいいね!が5年で3000オーバーの怪物カフェです。人口2万人未満の町で、ですよ。
僕たちの敬愛する大阪の超人気カフェうさぎとぼくも5年で3000いいね!くらいです。もちろん数がすべてではないですが、商圏のちがいを考えたらどれほどすごいことかわかると思います(ちなみにオトナイは開業10か月で300いいね!くらいです。本当にありがとうございます)。

じつは、僕はここの怪物もとい名物店主の植田さんにはちょっと恩を感じていることがあります。
こっちに戻ってきて勤め人をやっているときに、たまたま仕事でぞうさんカフェの近くに来たのでランチを食べに入りました。そこで植田さんといろいろ話している中で、脈絡は忘れましたが植田さんがふと「独立したらいいじゃないですか。サラリーマンの年収くらいはすぐ稼げますよ」と言ったことがなぜだか記憶に刻み込まれました。
そのときはもう仕事を辞めたくなっていたのかもしれません。その頃からどんどん精神的に追い詰められて、もうあかんというときに植田さんのあの一言が僕の背中を押してくれました。
別に稼げるってところに押されたわけではなくて、その言葉に逞しさというか、独立した人間の誇りのようなものを感じたんですね。当時の僕はとことん自分に合わない職場の中で、生来強いはずの独立心もぺしゃんこに潰れてました。あのとき仕事を辞める勇気を持てなかったら今頃どうなってただろうと考えることがあります。たぶん、今のように幸せな暮らしはできてないんじゃないかな、と。

…という話をこないだかあちゃん餃子の前でばったり会ったときに伝えたかったのですが、植田さんは全然憶えてませんでした。まあそんなもんでしょう。言った側は忘れていても、胸に刻み込まれた側はずっと憶えている。その言葉の強さはその人の生き方の強さに比例すると思うんです。

オトナイは人の背中を押すほど強いメッセージ性を前面に出すタイプではありませんが、ここに来てくれる人たちの胸に何かを刻み込めるような店になれたらいいなあ、と思います。

D

骨董カメラ

お店のこと

「マスターのご趣味ですか?」と訊かれることの多いカメラディスプレイ。
もう15年ほど前になるでしょうか(遠い目)、セミプロのカメラマンのようなことをやっていたときに集めたものの一部です。
仕事で使うのは専らニコンの一眼レフで、日常のスナップ用に使っていたのがこれらの骨董カメラ。

左から①旧ソ連製のゼニットC。バルナックライカを一眼レフにしちゃいましたというおそロシヤカメラ。シャッター音がとても優しくて癖になります。レンズはインダスター50㎜/F3.5というライカコピーでなかなか秀逸。
②ミノルタSRT101。写真を習いはじめたときに父からもらったカメラです。最初の頃はこれ一台、レンズ一本で撮りまくりました。レンズがカビていて味のある描写をします。
③リコーフレックスⅦ。ローライフレックスに憧れて練習用に買いました。ブレッソン流の速写スナップが得意だった僕にとってウェストレベルファインダーは性に合わず、二眼レフは断念しました。
④キエフⅣ。これも旧ソ連、現ウクライナ製のコンタックスコピー。レンズはジュピター50㎜/F2で、まさにツァイスそのものの非常にシャープな描写です。ただしこのカメラ、めちゃくちゃ使いにくいです。
⑤オリンパスペンF。ペンシリーズ上位機種の一眼レフ。ハーフサイズなので普通に構えると縦構図になるというスマホ先取り的カメラです。1本のフィルムで70枚以上撮れるので旅行に使ってました。

これらのカメラはご自由に手にとっていただけます。古き良き機械式カメラの魅力を感じてください。
シャッターを切るのもOKです。使い方がわからなければ店主まで。

D

積雪時の経路

お店のこと

この冬初のまとまった積雪になりました。
県道5号線バイパスから入る道が現在通行不能になっています。
別のルートをご案内します。

ショッピングセンターわさ~るから瑞穂方面に300mほど進み、スキーパーク寒曳の看板を右折。

150m先の駿河丸城址の看板を左折。

100m先にゆず庵さんがあります。お昼はうどんがおすすめです。

さらに50m先の駿河丸城址の看板を右折。
その先にオトナイの看板があるので左に入ります。

気をつけてお越しください。

D

雪のないお正月でした

お店のことギター

あけましておめでとうございます。
オトナイ、昨日から営業スタートしています。

新年最初のブログは雪景色にしたくて降るのを待っていたんですが、降りませんねえ。
景色もカラッカラに乾いて風情がありません。
冬はやっぱり雪がほどほどに積もっているのがいいなと思う店主です。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、大好評(嘘)のギター用品コーナーに新商品が入荷しました。

Martin M-2100 マーキス・フォスファーブロンズ
アコースティックギター弦・ライトゲージ(セット) ¥700

前回ご紹介したブロンズ弦と比べて、フォスファーブロンズ弦は煌びやかな音色が特長です。
よくブロンズはコードストローク、フォスファーはフィンガーピッキングに向いていると言われます。
このマーキス弦はそのキラキラ感がほどよく抑えられていて、ストロークにもフィンガーにもよく合うのです。
店主愛用の弦です。一度お試しください。

D

仕事納め

お店のこと

今年の営業、終了いたしました。

5月にオープンしてからあっという間の8か月。
ご来店いただいた方、さまざまなかたちで応援してくださった方、本当にありがとうございます。

年始は1月4日(水)から営業します。
年始は1月5日(木)から営業します。

来年、またお会いしましょう。
良いお年を。

こぼれ話。
オトナイはよく体調を崩して休んでいる印象があるかもしれませんが(というか店主自身そんな印象を持っていますが)、じつは祝日の重なる3連休以外でまとまった休みを取ったことは開店以来一度もないのです。
今回、初の6連休頂戴いたします!
いやー、我ながらよくがんばった・・・。みなさまも、ごゆっくりお休みくださいませ。

D

月下美人

お店のこと

先日、はるばる大阪より来られたお客様。
オトナイ夫妻が大阪で若者支援の仕事をしていたときお世話になった、大先輩のIさんご夫妻です。

店主は部署がちがったのでいっしょに仕事をさせてもらった機会はわずかでしたが、一度同じケースに対応したことがあります。
相談者を一つのケースとして見るのではなく、あくまで「あなたがどう自分自身の課題に向き合い、克服していくか」というスタンスで寄り添っていくIさんの姿が深く印象に残っています。

ていねいなお手紙までいただきました。

ギターの名手で、愛妻家で、「お日様」といえる60代の男性なんて素敵ですねえ。
僕の妻をはじめ女性スタッフにものすごく人気がありました。
店主もそういうナイスミドルを目指したいと思います。

丹精込めて育てた月下美人の鉢をいただきました。
一夜だけ花を咲かせる不思議なサボテン。
再来年には咲くそうです。冬の間は暖かい場所で大事に育てます。

猫も月下美人といっしょに日向ぼっこ。

D

  • 1
  • 2
  • 5

営業カレンダー

2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

が定休日です。

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)