カテゴリー: お知らせ

連休の営業について

お知らせ

明日からの連休は、7/23(木)24(金)25(土)の3日間営業します。
営業時間は12~17時です。

保育園が休みのため子どもを見ながらの営業になるのでわちゃわちゃした感じになると思います。
また都合により臨時休業する場合があります。事前にホームページやフェイスブックなどでご確認ください。

【本日は臨時休業です】

お知らせ
7/18(土)は、体調不良のため休みにさせていただきます。
ご来店予定されていた方、誠に申し訳ありません。
また来週火曜日から営業しますのでよろしくお願いします。

臨時休業のお知らせ

お知らせ

7/14(火)~7/17(金)は臨時休業です。

エリコが所用でしばらく留守にするためです。平日なのでダイチ一人でも回せると思うけど、家事、育児、事務的な仕事などに専念するため休むことにしました。

熊本豪雨災害の支援物資の募集は予定通り行います。不在の場合も玄関先に置いていただいて構いません。
ご協力お願いします。

営業再開しました

お知らせ

本日より営業再開します。当面の間12〜17時の営業です。終わりが1時間早いのでご注意ください。

今だから言いますが、ほんとのところ2分8分くらいの確率でこのまま廃業かなと思っていました。
「いつからですか?」と声をかけてくれた人。ありがとうございます。待ってくれている人がいると思うだけで励みになるものです。
再開できたのは運がよかったに過ぎません。自分の店は無事でよかった、とはどうしても思えない。国が補償をケチりにケチったせいで多くのお店が廃業に追い込まれたことは絶対に忘れません。
これからは潰れてほしくないお店に積極的に行こう。応援しよう。そう強く思いました。

コロナ休業の間、オトナイはけっこう政治的な発言をしてきました。まあうちは最初からそういうスタンスではありますが、それでも保守的な地域性などに配慮(忖度)して多少は控えていた部分もあります。でも、コロナ禍が可視化した政権の腐敗と不正はあまりにも深刻でした。最近だけでもどさくさ紛れの検察庁法改正、賭けマージャン、専門家会議の議事録を取ってない、持続化給付金の委託費800億円などなど、信じがたいことが毎日のように起こっています。多すぎて1か月前のことを思い出せないくらい。いま声を上げないと本当に住めない国になってしまうという強い危機感をもっています。
個人的な試算では、うちみたいな弱小店が政権批判すると最大で4割のお客さんを失うリスクがあります。内閣支持率を見ていると、どんな不正や不祥事が発覚しようと頑として支持するいわゆる岩盤支持層が3割強います。これに公明党や「ゆ党」と揶揄される維新の支持者も含めると4割くらい。
ただ、オトナイはもともとリベラルな価値観や多様性を尊重する経営理念を打ち出しているので、そこに共感してくれるお客さんは必然的にリベラル層が多い傾向にあります。データ的にもオトナイのフォロワー層は年代・性別ともに自民党支持層と真逆(実際の来客のデータは取っていないのでFacebookのデータを参考にしています。だいたい人の年齢や性別を見た目で判断していいとは思わないので)。
なので4割までは減らないだろうと思っていますが、相当きびしい状況になるだろうなとは覚悟しています。
それでも日本が壊れていくのを黙って見ているよりはいい。近い未来、必ずこの時代は腐敗の時代として記憶されます。そのとき、子どもたちから「お父さんとお母さんは何してたの?」と訊かれて、「うん、お客さんが減るのが怖いから黙ってた」と言いたくないので。

本当に怖いのは、不正がまかり通り、言いたいことが言えない世の中をそのまま子どもたちに渡してしまうことです。
オトナイは変わらずこういうスタンスです。
応援よろしくお願いします。

6/2(火)営業再開します

お知らせ

こんにちは。オトナイダイチです。
休業中は出口の見えないトンネルの中にいるような気分でデスクワーク漬けの日々を送りつつ、主にネットを通じて世の中を観察していました。政府の対応のあまりの杜撰さに多くの人が気づき、怒りを表明しはじめたのは健全な民主主義の発露であり、よいことだと思います。
一方で、糸井重里の「人を責めるな。自分のことをしろ」という発言に象徴されるような、批判せず耐え忍ぶことを是とする戦前回帰的なムードも出てきています。9年前の3.11の後にもありました。原発事故やコロナ禍のような人災の側面が大きい災厄を、あたかも自然災害のようにとらえて精神論や助け合いで乗り越えようというストーリーは一見美しく見えますが、政治の責任を自己責任論にすり替えてしまうので警戒が必要です。

今回のコロナ禍では、多くの事業主が批判を覚悟で営業するか、困窮を覚悟で休業するかという究極の二択を迫られました。過去形ではなく、今も難しい判断を迫られています。
でもこれらは本来対立するものではなく、例えばうちのような飲食店では、ふだんから公衆衛生を守りつつ経営を回すことは当たり前にやっています。この原則はパンデミック下でも変わらず、潰れない保証さえ担保されれば、感染防止を重視して休業することに何の異議もありません。しかし国があくまで補償を渋ったことで、あたかも利他=公衆衛生と利己=経営が対立するものであるかのようなミスリードの状況が生まれました。自粛警察という存在は国の無策と失策が生み出したモンスターです。
自治体がテイクアウトを推奨することにもはなはだ疑問を感じました。誰もがテイクアウトできる余裕があるわけではないし(我が家はまったくありませんでした)、すべてのお店がすんなりテイクアウトに切り替えられるわけでもない(オトナイはテイクアウトには不向きで赤字しか出ないと判断して早期に撤退)。推奨するなら、誰もがそのための経済活動や消費行動ができるように補償を先にしてくれよって話です。
補償の遅れによる経済的なダメージとそれに伴う心理的負担は非常に大きく、たとえ給付金が返ってきても(あえて“もらう”とは言いません。私たちの税金であり権利なので)ちょっとしばらく立ち直れないかなと感じています。

学校や経済活動の再開は多くの人が望んでいます。でも本当に再開しても大丈夫なのか、根拠は希薄です。広島県の検査数はここのところ1日10件台です。検査数を減らせば新規の感染者数が減るのは当たり前。PCR検査の要件である発熱や呼吸器症状のある人が一日わずか10数人というのは考えにくいと思います。
すべて緊急事態宣言の解除ありきの流れなのではないか。現政権のやり方を見ていると、そういう疑念を拭い去れません。おそらくこの国は今後もまともなデータを出せないでしょう。国の判断があてにならないなら、自分たちで判断するしかありません。

4月14日のブログに生きてまた会いましょうと書きました。その約束を果たしたい。それが営業再開の理由です。

休業期間を延長します

お知らせ

こんにちは、オトナイダイチです。
みなさん連休中は少しはのんびりできましたか? できたよーという人、できるわけねーじゃんという人、状況はそれぞれだと思います。うちは2歳児が反抗期真っ最中でとにかく手がかかり、そこに5歳児もややこしい絡み方をするので休日はもうわちゃわちゃです。うちの場合はまだ平日は保育園に通えるので仕事ができて助かっているけど、休園・休校中のお子さんのいる家庭では本当に大変だろうと思います。
そんなときありがたいのはやっぱり人とのつながり。ソーシャル・ディスタンスって言うけど、感染予防という意味ならフィジカル・ディスタンスの間違いじゃないのと思ってます。こんなときだからこそ社会的なつながりは大切。自助には限界があるので、そこを補い合える共助があるだけで追いつめられる人はぐっと少なくなります。もちろん国や自治体による公助があった上での話だけど、何もかもが杜撰だしもう手遅れだよ。

おかげさまで良い休日を過ごせました。

さて、前置きが長くなりましたが、5月6日までと告知していた臨時休業を当面延長します。
公式発表される数字や情報に信ぴょう性がないので、営業再開に踏み切れるだけの判断材料がないというのが主な理由です。逆に言うと休業を続けることの確固たる根拠もなく、すべてが不確かで曖昧です。
緊急事態宣言の延長や自粛要請(矛盾した言葉ですよね)なんかは僕たちにとってはどうでもよくて、開けるも閉めるも自分たちの矜持にもとづいて判断します。だから自粛という言葉もあえて使いません。
田舎にいるとなかなか実態が見えないので想像になりますが、都市部では飲食店は開けても地獄、閉めても地獄みたいな状況になりつつあるのではと心配しています。最適解が見えない状況の中で、誰もが迷い困っている。それが責められたり攻撃されたりしない社会にしていきたいものです。

休業のお知らせ

お知らせ

広島県から休業要請に対する支援金の支給が発表されました。
広島県感染拡大防止協力支援金(仮称)について

金額や条件など十分とは言えませんが、一応オトナイとして休業の条件に挙げていた補償付きの休業要請が出たことを受けて、決めました。

【休業】4月22日(水)~5月6日(水)

※支給が受けられなかった場合など、変更する可能性があります。

つい2日前にやるぞ!と意気込んだばかりですが、日々目まぐるしく状況が変わる中で情報を集め、情報に流されないよう決断しています。ご理解いただければ幸いです。
休み中も、先日のようなオンラインの企画をやりたいと思っています。

やるぞ!通常営業再開!

お知らせ

4月21日(火)から通常営業を行ないます。

店内での飲食、テイクアウトともに可能です。

営業時間は12:00~17:00です(掃除・消毒のために閉店を1時間早めます)。

こんにちは、オトナイダイチです。
明日からの営業をどうするか、すっごく悩みました。
エリコと喧嘩もしました。

この決断に至った理由のひとつめ。
先週テイクアウト営業をやってみて、正直ちっともおもしろくありませんでした。飲食物“だけ”を売ることにやりがいや楽しさを感じなかったんです。
僕たちの望みは、お店に来ていただいて、それぞれ思い思いに好きなようにすごしていただくこと。この空間と時間がオトナイ最大の、最高の商品だと自負しています。おやつやコーヒーにも一応自信があるけど、それを売ることが僕たちの目的じゃないんだということを再確認する結果になりました。

ふたつめ。
先週のテイクアウトにしろ、緊急事態宣言を受けての臨時休業にしろ、僕たちは国の「自粛要請」に従ったわけではありません。あくまでも自分たちの判断として、お客さんと自分たちの感染リスクを避けるために行ないました。
この状況において、何らかの業態変更や縮小を伴う自粛を行なうことは飲食店として正しい判断です。ただし、それは自分たちの生活が保障されなければ長続きしません。
国は「自粛要請」などという矛盾した言葉で民間に責任をなすりつけるのではなく、はっきりと休業要請をすべきです。感染予防のために必要ならいくらでも協力します。それには休業補償が譲れない条件です。国がしないのなら自治体で何らかの補償をすべきです。それが私たちの税金を預かっている行政の最低限の責任です。

「こんな大変なときに政府や行政を批判するな」という人がいます。
まちがいです。
批判しなければ、私たちがもらえるのは「和牛券」だけだったかもしれない。あの報道に対してたくさんの人が声を上げて、やっと10万円の給付が決まった経緯を思い出してください。文句を言わない民ほど、権力者にとって都合のよいものはありません。
補償付きの休業要請を受けるまでオトナイは通常営業を続け、声を上げ続けます。

みっつめ。
オトナイという店の特徴がこんなときに幸いして、かなり感染リスクを下げることができると考えています。

・いつもだいたい空いている。
・個室対応ができる。
・車か自転車、または徒歩でないと来られない。

要はどこにも「密」の要素がないってことです。
さらに可能な限り感染リスクを下げるため、常時換気と、使用後のテーブルやおもちゃなどの消毒は徹底します(人体に無害な薬品を使用します)。

お客様は次の点をご協力ください。
・できるだけ少人数でご利用ください。
・入店前に手洗いをしてください(トイレの前に手洗い石けんと消毒スプレーを設置しています)。
・各部屋につき1組ずつご利用ください。
・飲食時以外はなるべくマスクを着用してください。
・PayPayを使える方はご利用ください(現金のやり取りによる感染リスクを避けるため)。

こんな大変なときです。「来てください」とは言いません。
でも、こんな大変なときだからこそ、オトナイはあなたをお待ちしています。

4/18(土)臨時休業

お知らせ

全国に緊急事態宣言が出されたことを受け、4/18(土)は臨時休業とします。
今週はテイクアウトのみというでかたちで営業し、少ないながらもポツポツとお客様が来てくださいました。
この状況において、カフェはたしかに不要不急の存在です。しかし一方で、憲法第25条で謳われた「健康で文化的な最低限度の生活」のために欠くべからざる存在でもあります。飲食店というのは、ただ飲み食いするだけの場所ではありません。とりわけカフェは、その成り立ちから文化的交流の場としての性格を強く持っています。
一人でも来てくださるうちは続けたいという思いがありましたが、来てくださいとも言えない状況。苦慮の結果、このような判断になりました。残念です。またお会いできる日を待っています。

来週以降の営業については、情勢を見ながらあらためてお知らせします。

営業予定

2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

が休みです。
*8/11(火)臨時休業

店舗情報

Tel 080-5355-1074
営業時間 12:00~18:00(現在17:00までの短縮営業です)
定休日 日・月曜日、その他不定休

カテゴリー

error

Enjoy this blog? Please spread the word :)