カテゴリー: アート

あーとカフェ

アート

昨日、筏津芸術村にて開催された第1回あーとカフェは、大朝の画家・清水馨さんに「画家 小田丕昭の遺した作品が語りかけること」と題してお話しいただきました。

現在、ここ北広島町では町営の美術ギャラリーを創る計画が持ち上がっています。
この計画自体の歴史は古く、2005年の合併前の旧大朝町時代からあった構想です。

なぜ美術ギャラリーが必要なのか。どんなギャラリーにしていきたいか。
そこを考えるためには、何よりもまず郷土の誇りであり財産でもある芸術家・芸術作品と、それを守ろうとしてきた人々の思いを知らなければならないと企画されたのが今回のあーとカフェでした。

まず清水さんは、現在の北広島町におけるアートシーンについて紹介されました。
ここ数年で「あーとふる大朝」をはじめ、さまざまなアート関係の動きが起こり、活況を呈しています。
「体には栄養と運動が必要ですよね。それは心にも必要なんです。心にとっての栄養とは、自然や芸術にふれるということ。心にとっての運動とは、ものをつくるということなんです」
柔らかい声のトーンと、ゆったりとした間のある独特な語り口調が聞き手を引き込みます。まさに清水さんの絵画作品から受ける印象そのもの。

つづいて北広島町出身の画家・小田丕昭の『毛虫の巣』と、同町出身の画家・靉光の『眼のある風景』という作品に話は及びます。
これらの絵は太平洋戦争の直前、戦争に向かって突き進んでいく社会の中で、言論や表現の自由が弾圧され、芸術家にとってもっとも苦しい時代に描かれた作品です。軍部を批判するような絵を描くことは文字通り死を意味した時代に、芸術家として、表現者として命がけで描いた作品であるということを、静かに、力強く語りかけられました。
自身が9歳で終戦を迎えた清水さんにとって、この話は今の時代にこそ語り継いでおかなければならないという思いが感じられました。

長年、地元の新庄高校の美術教師でもあった小田氏の人柄について、清水さんは「生徒のいいところを見つける天才でした。絶対に自分の技術や考えを押し付けない。本気で、やさしいまなざしで生徒の絵を見て、必ず褒めてくれるんです」と評されました。教え子の中にはプロの画家になった人が大勢いるし、今も愛され続けている。そのような人だったと。その作品が倉庫に死蔵され、傷んでいくことに心を痛めておられました。

北広島町は芸術家やものづくりをしている人が多いと言われます。芸術家の数は人口何万人中何人いれば多いとか少ないとか、そんなふうに数えられるものではありません。前述のようなアートシーンが盛り上がりを見せたり、都会から芸術家が移住してきたり、そういった状況そのものがこの地に芸術文化の豊かな土壌があることを示しています。
小田丕昭をはじめ、多くの先人たちが拓いてきた道。その上を、今の私たちが歩いていることを忘れてはならないと思います。

最後は質問の時間でした。参加者の関心はやはり美術ギャラリー構想に関することが多く、さまざまな質問や意見が活発に交わされました。
現時点で町が出している美術ギャラリー構想は、老朽化した図書館の改修工事に合わせて、今は郷土資料室となっているスペースを改装して美術ギャラリーにするというものです。
これまで町はまちづくり懇談会や町長との意見交換会といった場で美術ギャラリー構想について説明し、意見を聞く場を設けていますが、その中で「小田丕昭さんは有名な画家ではない。価値があるのか鑑定すべきだ」という意見があったことについてどう思いますか、という質問がありました。
これに対して、清水さんは「鑑定とか、そういう次元の作品ではありません」とバッサリ。
「海の波がありますよね。目の前の波だけ見ていてはその波がどこから来たのかわかりません。耳をすませば遠い海鳴りの音も聴こえるはずです」と、深い喩えで語られました。

他に会場からは、「美術館やギャラリーは社会教育施設であり、これは10年20年かけて教育の場にしていくものだ。文化というものはそれだけではお金にならないが、そこに人が来てくれることで結果的には大きな経済効果がある」「郷土の芸術は地域の人が守っていかなければならない。その価値も地域の人がつくっていくものだ」「せっかくこの筏津芸術村があるのだから、ここをギャラリーにしてはどうか」といった意見がありました。
それらの声を受けて、清水さんが「小田先生の作品は宝物です。それを実際に見ることのできる機会、場所をつくってほしい」と話し、第1回あーとカフェは締めくくられました。

清水馨さん、貴重なお話を本当にありがとうございました。
次回の開催もお楽しみに。

(大地)

あーとカフェ、はじまります

アートイベント

「北広島町にはなぜか芸術家が多い」
町内外の人からよく耳にする声です。

これは誇るべき文化であり、わたしたちみんなの財産です。
なぜか?決して偶然ではないのです。
文化には、必ず歴史があります。芸術に興味がある人も、ない人も、それがもたらしてくれる豊かさを知らず知らずのうちに受け取って暮らしています。
わたしたちが歴史を忘れたとき、その文化は終わりを迎えます。

そんな私たちの文化を大切にしていくための素敵なプロジェクトがはじまりました。
オトナイのコーヒーを飲みながら、郷土の文化について、この町の未来について話し合いましょう。

(大地)

ミニ水彩画展開催中

アート

オトナイミニギャラリーにて後藤靖香『北広島町mini水彩画展』開催中です!

今回もいいご縁をいただいて、町内の芸術家の方に展示していただけることになりました。
ギャラリーもミニだけど、作品もとってもミニ。思わず持って帰りたくなるような愛らしさ。作品の販売もおこなっていますので、持って帰りたくなった方はぜひ。

後藤さんといえば、ふだんはゲルニカもびっくりな桁外れの大作を描いておられる画家さんです。プライベートではサイズも作風も対極的になるんですね。
コーヒーを飲みながら、気軽に見ていただける絵画展です。会期中、作品の入れ替えもあるので何度でも楽しんでいただけると思います。

北広島町は公設の美術館もなく、日常的にアートに触れられる機会が非常に少ない環境です。そんななか、ハチドリの一滴のようにオトナイのできることを続けていきます。
出展希望者の方はいつでもご相談ください。

(大地)

クロッキー教室

アート教室・ワークショップ

今回のテーマは「量感」。
物を輪郭線で描写するのではなく、量として捉える練習をしました。
聞いただけでは非常に難しそうですが、島田愛子先生の教え方は哲学的でありながら実践的で、苦労しながら描いているうちに毎回「なるほど、こういうことか!」という発見があります。

そうはいっても自分にできるだろうか、と躊躇される人もおられるでしょう。
そこで今回、店主が恥を忍んで劇的ビフォーアフターをお見せします。

まずはレッスン前に店主が自主練で描いた林檎がこちら。

ヤバくないですかこれ? 我ながら落ち込みましたよほんと。
日頃芸術について知ったかぶってる店主ですが、実態はこんなもんです。眼高手低というやつです。

で、その後のレッスンで梨を描きました。
それがこちら。

ちょっとドヤ顔していいですか?
量感を意識しながら輪郭線を用いずに表現するとこれだけ物質感、立体感が出てくるんですね。
こんなふうに、1時間のレッスンで確実に進歩します。

レッスンの流れは最初に静物でその日の課題を練習して、次に人物クロッキーで実践という感じでやっています。
今回は人物でも量感を捉える描き方をしました。

特別公開! 先生が5分で描いたクロッキーがこれだ!

いやーすごいですね。パリの街角の画廊にかかっていそうです。
ちなみにモデルは店主です。こういう絵なら描いてもらってもうれしいし、自分でも描いてみたいなーと思います。

受講生募集中です。
詳細はこちら

(大地)

クロッキー教室開講!

アート教室・ワークショップ

今日はオトナイ学校「クロッキー教室」の第1回目でした!
講師の島田愛子さんのほんわかした人柄のおかげで、自由に質問を交えつつ和やかな雰囲気で進みました。

でも描いている最中はみんな真剣。ものすごい集中力を使います。
最初の新鮮な感動を持続できるのはせいぜい5分間。その間に描き切るのがクロッキーです。
感動をクロッキーの中に表現できれば、あとで作品にするときもその感動が戻ってくるそうです。
そういう意味で、すべての絵画の基本となるクロッキー。デッサンと違って対象の大まかな形を捉えられればいいので、「絵って興味あるけど難しそう…」「下手だから恥ずかしいなー」と思ってる人にもとっつきやすい講座だと思います。

店主もほぼ素人です。一応若い頃は画塾に通ってデッサンを習っていましたが、不真面目な生徒だったし、ちゃんと絵に向き合うのは18年ぶりです。
一本いい線が描けたらすごくうれしいんですよ。こんな感覚ひさしぶりです。

これが先生の人物クロッキー。これは5分どころか2~3分で描かれてました。
いいなあ。僕もがんばろう。
まだ若干名空きがあります。詳細はこちら

(D)

オトナイ学校

アート教室・ワークショップ

①クロッキー教室

「速写」とも言われるクロッキーは、5分程度の短時間で人物などの対象を素早く描写する画法です。
クロッキーを学ぶことで、絵を描くときにもっとも大切な“最初の新鮮な感動”を表現する力が身につきます。
もちろん初心者、未経験者も大歓迎です!

講 師:島田愛子
日 時:第1,3火曜日 午後1時~2時
会 場:オトナイ(北広島町大朝577)
受講料:1,500円/1回(ドリンク付き)
持ち物:鉛筆(6B)
※初回のみクロッキー帳代¥1,080が必要です

【講師プロフィール】
★島田愛子(しまだ・あいこ)
広島県呉市生まれ。1998年、多摩美術大学絵画学科日本画専攻卒業後、北広島町へ移住。夫の島田青坪氏と木版アートユニット「ポロンパ」を結成し、2013年、自宅傍に画廊「ポロンピーガロン」を開設。ユニットとしての作品も多く発表し、町の観光協会の広報誌、地域イベントのポスターなど、地域の仕事も数多く受けている。

【お申込み・お問合せ】オトナイ info@otonai.main.jp 080-5355-1074

クロッキー教室はじめます

アート教室・ワークショップ

オトナイはこれから講座やワークショップの自主開催を積極的に行っていく予定です。
名付けて「オトナイ学校」。子どものころ大の学校嫌いだった店主が、「楽しく、本物を学べる場」を目指します。
第1弾はクロッキー教室です。

「速写」とも言われるクロッキーは、5分や10分といった短時間で人物などの対象を素早く描写する画法です。
クロッキーを学ぶことで、絵を描くときにもっとも大切な“最初の新鮮な感動”を表現する力が身につきます。
もちろん初心者、未経験者も大歓迎です!

講 師:島田愛子
日 時:第1,3火曜日 午後1時~2時
会 場:古民家カフェ・オトナイ(北広島町大朝577)
受講料:月謝3,000円(飲み物付き)
持ち物:鉛筆(6B)、筆(使い古しでよい)
※初回のみクロッキー帳代(1,000円程度)が必要です

【講師プロフィール】
★島田愛子(しまだ・あいこ)
広島県呉市生まれ。1998年、多摩美術大学絵画学科日本画専攻卒業後、北広島町へ移住。夫の島田青坪氏と木版アートユニット「ポロンパ」を結成し、2013年、自宅傍に画廊「ポロンピーガロン」を開設。ユニットとしての作品も多く発表し、町の観光協会の広報誌、地域イベントのポスターなど、地域の仕事も数多く受けている。

【お申込み・お問合せ】オトナイ info@otonai.main.jp 080-5355-1074

(D)

年年歳歳筏津曼荼羅芸術祭

アートイベント

この北広島町で、アートによる地域おこしが着々と広まっています。
近日開催されるアートイベントのお知らせです。

「年年歳歳筏津曼荼羅芸術祭(ねんねんさいさいいかだづまんだらげいじゅつさい)」

場所:広島県山県郡北広島町筏津656−2(筏津芸術村)
期間:8月11日(金)〜8月20日(日)午前10時〜午後5時
お問い合わせ:0826-82-2760(筏津芸術村)
※公式ページはこちら

芸術家が現地に滞在して制作を行う「アート・イン・レジデンス」という手法による企画です。
広島市立大学芸術学部の学生12名がすでに現地入りし、制作を行っています。
昨日の歓迎会で制作途中の作品を数点拝見しましたが、力のあるユニークな作品ですよ。完成が楽しみです。

筏津芸術村はオトナイから車で10分程度。
現代アートはみんなで見るともっと楽しいので、オトナイ発のミニツアー的なものも計画中です。営業時間とモロかぶりなので難しいかもしれませんが…。実現可能なら近日中にお知らせします。

(D)

「あーとふる大朝2017」無事終了!

あーとふる大朝アートコンセプト

4/27~29の3日間にわたって開催した、北広島町の芸術祭「あーとふる大朝2017」は盛況のうちに終了しました。
お越しいただいたみなさま、出展者のみなさま、ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。

オトナイのミッションのひとつに「これまで地域になかった価値を生み、オルタナティブなライフスタイルを提案する」という壮大なテーマがあります。
そのための“場”と、コツコツものづくりや表現を通して文字通りの「価値」を創り続けてこられた“人”が出会う瞬間でした。それぞれのエネルギーが交錯し、ぶつかり、融合し、大きな磁場の中にいるような3日間でした。

とはいえ、イベントはイベント。いくら人が集まって盛り上がってもそれは本来の地域の姿ではないわけで、肝心なのはこの試金石のような体験をいかに日常の中に落とし込んでいけるか。

ここからです。
まだまだ面白くなりますよ。

D

あーとふる大朝2017

あーとふる大朝アート

「あーとふる大朝2017」いよいよ今週です!

期間:4/27(木)~29(土)11:00~17:00

4/27,28・・・通常営業
4/29・・・・特別営業 限定チキンカレー¥500!

出展者:
佐々木睦(羊毛)

JYUMOKU MOKUMOKU(木工)

たむらみか(イラスト・似顔絵)

エフブンノイチ工房(木彫雑貨・草花のお茶)

※伊藤友子さんのステンドグラスはご本人の都合により出展中止となりました。

営業カレンダー

2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

が定休日です。
※冬期(1~3月頃)は土・日・祝日のみ営業します。
大雪等により臨時休業の場合がありますので、Facebookなどでご確認ください。

営業時間・情報

080-5355-1074
水~日 11時~17時(月・火定休)

最近の投稿

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)