カテゴリー: ギター

グレッチというギターがありました

ギター

※個人的な話で、しかも長文です。ヒマでヒマでしょうがない人だけ読んでください。

これは店主がハタチの頃に買ったGretsch 6120 Nashvilleというギターです。
当時Blankey Jet Cityというバンドが大好きで、そのギタリストであるベンジーが使っているグレッチは憧れのギターでした。楽器屋に一本だけ飾ってあったこのギターをよくわかりもせずにローンを組んで手に入れた後で知ったのは、ベンジーのギターは同じグレッチでも6119 Tennesseanというモデルであること、ベンジーのグレッチはアメリカ製のオールドであるが、僕が買ったのは日本製の再生産品であること等々ショッキングな事実でした。
それでもまあうれしいことに変わりはなく、いくつかのバンドでこのギターを使いました。どのバンドも長続きせず、そのうち僕は絵を描いたり写真を撮ったりするほうに夢中になってギターを弾かなくなりました。

そんな20代も終わりの頃、知り合いのMM君から大音(おおと)バンドというグループに誘われました。まあせっかくグレッチ持ってるしな、という程度の軽い気持ちで参加し、紆余曲折を経ながら10年以上活動を続けることになります。
故郷に戻るにあたって大音バンドは脱退しましたが、バンドは今も続いています。大阪の人はぜひ一度ライブをご覧ください。身内びいきを差し引いても稀有なバンドです。

あのときこのギターを持っていなかったら大音バンドに参加することもなかったし、音楽活動を再開することもなかったかもしれません。
妻の江里子とは音楽を介して知り合ったので、このギターがなかったら僕らは出会わなかったかもしれない。そうすると娘も生まれなかったし、大朝に帰ってオトナイという店をすることもなかったでしょう。今とはまったく違った人生を歩んでいたはずです。
そういう意味で、僕にとってとても思い入れの深いギターなのです。

バンドでグレッチを使ったのはほんの初期の頃だけで、すぐにFenderやGibsonのギターに持ち替えました。僕は基本的にモノへの執着はないので、ギターもしょせん道具だと思っています。使わなくなるとどんどん売ってしまい、当時愛用していたギターも今では一本も残っていません。
そんな僕でも、グレッチだけは絶対手放しませんでした。長いこと押し入れに放置していましたが、オトナイに置いたら似合うんじゃないかなと思い、久しぶりにケースから出してみると電装系が故障していました。かなり改造して使っていたので、もう元の配線がどうなっていたのかすらわからない。文系なので回路図も読めず、ググりまくって実体配線図というわかりやすい絵を参考になんとか修理しました。

ぶっちゃけ音はそんなに良くないんですよね・・・。バンドで使っていたときも常にイメージ以下の音しか出ず、苦労したのを思い出します。今後メインで使うことはもうないと思いますが、これからはオトナイのアイコンとして活躍してもらいましょう。
このギターを飾るとオトナイがちょっとだけアメリカ~ンな雰囲気になります。

D

セッション風景

ギター音楽

お客様と「チェリー」や「天体観測」をセッションしました。
ストラトが似合う女子っていいですね~。

店主がヒマそうにしているときはいつでも声をかけてください。
得意分野はロック、ポップス、ブルースなど。最近のJPOPはあまり知りませんが、コードを見れば大体いけます。
ジャズはちょっと苦手だけど黒本に載ってる曲なら何とか頑張ります!

D

梅と雪とストラトと

ギター音楽

今朝、庭の梅の花が咲きはじめました。
陽が差すごとに一輪、また一輪と開いていきます。

ところがその後、雪が本降りに。
こんな日はお客さんも少ないだろうと、暇を持て余した店主はギターを弾いて遊んでいます。
どなたか一緒にセッションしませんか。

D

雪のないお正月でした

ギター日常

あけましておめでとうございます。
オトナイ、昨日から営業スタートしています。

新年最初のブログは雪景色にしたくて降るのを待っていたんですが、降りませんねえ。
景色もカラッカラに乾いて風情がありません。
冬はやっぱり雪がほどほどに積もっているのがいいなと思う店主です。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、大好評(嘘)のギター用品コーナーに新商品が入荷しました。

Martin M-2100 マーキス・フォスファーブロンズ
アコースティックギター弦・ライトゲージ(セット) ¥700

前回ご紹介したブロンズ弦と比べて、フォスファーブロンズ弦は煌びやかな音色が特長です。
よくブロンズはコードストローク、フォスファーはフィンガーピッキングに向いていると言われます。
このマーキス弦はそのキラキラ感がほどよく抑えられていて、ストロークにもフィンガーにもよく合うのです。
店主愛用の弦です。一度お試しください。

D

アコースティックギター弦、入荷

ギター

どうも。気軽にヴィンテージギターが弾ける喫茶店、オトナイの店主です。
写真のギターはおよそ70年前のギブソンです。といっても当時の少年少女向けのいわゆるスチューデントモデルで、それほど稀少なものではありません。素朴な響きが愛らしいギターです。ご自由に弾いてください。

最近はアコギでもコーティング弦を使う人が増えましたね。
コーティング弦はサビや手垢による劣化が少ないのがメリットですが、従来のノンコーティング弦とは明らかに音質が異なります。よく「こもっている、抜けが悪い」などと評されますが、個人的にはそれよりも不自然な倍音が耳につくのが苦手です。
アコースティックギターは木の響きが命なのに、弦のクセが強すぎるとその楽器本来の音を覆い隠してしまいます。言ってみれば化学調味料が素材の味を損なうようなもの。
コーティング弦に慣れている人も、あらためてブロンズ弦やフォスファーブロンズ弦に張り替えたら「おおっ、このギターこんないい音するのか」と驚くかもしれませんよ。

Martin M-140 ¥550
(1~6弦セット・ライトゲージ)

信頼のマーチンブランド、超定番ですね。
知ってる人には懐かしの旧パッケージ。楽器屋さんより安いと思います。
フォスファーブロンズ弦も近日入荷予定です。

他にも置いておきたい弦はいろいろあるのですが、如何せん弦は未開封でも劣化するので長期在庫できないのです。売れてくれればどんどん仕入れられるのですが…。
というわけで北広島町のアコギ弾きのみなさん、弦を買うならぜひオトナイで!

D

スリックピック

ギター

今回はギターの話です。
それもわりとニッチな話題なので、ギターを弾く人以外は気になさらずスルーしてください。

店主はクラシックギターを習っていたので基本的に指弾き派です。
でもアコースティックギターで歌伴をするときなんかはやっぱりピックが便利。
と言って、フラットピックを持つと今度はフィンガーが使えない、というジレンマがありました。

ピックもフィンガーも使えるように親指にはめるサムピックという便利なものがあるのですが、僕はこれが苦手で、これまで何種類も買ってやすりで削ったりテープを巻いたりして試したけど、どれも使いにくくてあきらめかけていました。

ところが・・・!
今回すごくいいサムピックに出会いました!(このノリ、アフィリっぽい)

それがこれ。

img_20161201_204030_473

FRED KELLYという聞きなれないメーカーの『Slick Pick』という製品です。
装着感、先端の長さ、形状、音色に至るまでほぼ理想的。

これをオトナイで販売します。
Heavy, Medium, Light各¥150です。普通の楽器屋さんで買うよりチョイ安め。

今後、店主が「これは・・・!」と思ったギター関連グッズを少しずつ置いていこうかなと思っています。
たぶんほとんど売れないと思いますが、自分が楽しいもんね。
では。

D

営業カレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

が定休日です。

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)