カテゴリー: コンセプト

オトナイは3周年です

コンセプト

こんにちは、オトナイのダイチです。店主という言い方もそろそろやめようと思っています。なんか偉そうですしね。
オトナイはこのたび3周年を迎えました。「カフェの半分は3年以内に潰れる」と言われる中、うちのようなド僻地にあるよくわからない店がここまでやってこれたのはひとえにみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。
ここらで一度自分の頭を整理するために、近ごろ考えていることを書いておきます。長くなりますがよろしければお付き合いください。

【コミュニティカフェ】
オトナイはオープン当初からコミュニティカフェを目指しています。コミュニティカフェとは、かんたんに言うと収益性よりも公共性を重視するカフェです。
当初掲げていたミッション3本柱(何だったか忘れました)は、やっていくうちに自然とブラッシュアップされて2点にまとまりました。①社会貢献、②文化発信です。
この2点のどちらかあるいは両方を満たし、なおかつ僕たちのやりたいことであればどんどんやっていきます。といっても霞を食っては生きられないので多少の収益性は考えますが、意義のある企画ならお金はいいからとりあえずやっちゃえみたいなこともあります(学校にいきたくないきみへキャンペーンなど)。

【子ども・若者】
小中高生や留学生の民泊は公共性と収益性がほどよくバランスしているので、力を入れている部門のひとつです。
それともうひとつ、店を休んでまで民泊を受ける理由は、うちの子どもたちにとってすごく良い影響があるからです。上の子なんて2歳の頃から民泊を経験しているので、どんな相手でも一瞬で友達になってしまう驚異のコミュ力を身につけました。
田舎で地域おこしに取り組んでいる人からよく聞かれるフレーズのひとつに、「若者が戻って来る町にしたい」という言葉があります。それはもちろん賛成です。そしてそれは裏を返せば「若者は町を出ていくものだ」という諦めを含んだ認識が前提にあるということです。それならば戻って来ることを期待するより先に、まず「若者が町を出ていく力」と、「大人がそれを押し出す力」を蓄えることが必要だというのが僕たちの考えです。オトナイでやっている活動の多くにはその視点が含まれています。
子どもや若者が、どこであろうと理想や希望をもって生きられる地域や社会にするということは、2つのミッションよりも上位に立つ大きな大きな目的のひとつです。

【オトナイらしさ】
逆にどんなに収益性が高くても、オトナイのミッションにそぐわないことはやりません。例えば神楽を見ながらお酒を飲む人が多いようなお祭りへの出店は1回でやめました。もちろんそういうお祭りも地域の大切な文化です。でもオトナイの文化とあまり重なる部分はないかな、と。
ふだんはミッションなんて堅苦しいことはあまり意識せず感覚的に判断していて、その基準になっているのは「オトナイらしさ」のようなものです。それはすごく大切にしています。ワークショップをやるときも、音楽イベントをやるときも、それはオトナイらしいか?ということは常に意識しています。
そのため持ち込みの企画をお断りしたこともあります。例えば僕たち夫婦は占いを信じないので、占い系のお話はお断りしています。自分と異なる価値観を否定するのではなく、自分たちの文化や生活の中にないものをオトナイに持ち込むことはできないなという思いです。ご理解ください。
そしてオトナイのベースはやはりカフェなので、もちろん味も重視しています。特におやつは「今まで食べた中でいちばんおいしかった」とよく言っていただけます。食における公共性を意識すれば必然的に良い食材を選ぶようになり、素材を活かす調理を心がけるようになるので、自然とオトナイらしい味になるはずです。食材に関するスタンスは食材についてという記事に書いています。

【信頼関係】
一度もご来店されたことがない方、ほとんど面識のない方から企画の持ち込みがあった場合は、「一度店に来ていただいて、それからお話ししましょう」とお伝えして保留させていただいています。
外部の人といっしょに企画を行うとき、もっとも大切にしているのは信頼関係です。あるお店のイベントに参加したとき、ファシリテーターがすごく雑でがっかりしたことがあります。下手ならいいけど、雑なんです。その後も同じ人がたびたび登壇しているのを見て、そのお店自体にあまり興味がなくなってしまいました。
それ以降うちも気をつけなきゃなあと思うようになりました。よく知らない人といっしょに物事を進めるのはすごくリスキーです。だから相手の人となりをよく知りたいし、もちろん相手方も僕たちの人となりをよく知ったうえで、いっしょにやりたいかどうかを判断してほしいのです。そういうときは理屈ではなく相性でほぼ決まりますけどね。

【独立性】
オトナイはオープン当初から独立性を重視してやってきました。それは「やりたいことをやるため」であり、「やりたくないことをやらないため」です。以前僕たちがこれはやらないと避けていたことを勝手に決められていたことがあって、断ろうとすると「田舎でやっていくには少しは融通を利かせないと」と言われました。そうやって融通を利かせていった結果、田舎のカフェはメニューばかり多い「うどんとコーヒーの店」になっていくわけです。
お客さんとの関係で嫌な思いをしたことって幸いにもほとんどないんですが、少しはあります。例えば今までで2番目に非常識だったのは、「弁当とノンアルビールを持ち込んでいいか」と聞いて来た人です。選挙で選ばれた立場の人でした。もちろん断りました。しがらみがないから平気なんです。
したくないこと、すべきでないことを断れないと、不本意なことばかり増えていき、それは結局他人への不満として残ります。一度何かを断ったくらいで離れていくような人はそこまでです。僕たちは残ってくれる人のほうを大切にしたいです。
そうやって3年間注意深く独立性を保ってきましたが、どうしてもしがらみのようなものは生まれてきます。4年目はそのへんをすっきり整理する年にしようと思っています。

【変わらないために変わり続ける】
僕が個人的にやりたいことはまだまだあります。たとえば主体的に子育てにかかわる父親ってまだまだ少ないけど、僕は自分の経験から男性が家事や育児にもっとかかわったほうが人生は豊かになると確信しています。そういうことを男性も女性も一緒に考えていけるようなグループをつくりたい。
または合成洗剤(台所用、洗濯用、シャンプーなど)は環境にも健康にも百害あって一利なしなので、上手に石けん生活に切り替えていけるような講座なり勉強会をしたい。
社会変革というほど大げさなものではなく、こういったことはカフェという場をベースにすれば楽しみながら取り組んでいけるものだと思っています。だからカフェはおもしろい。ただこのスタイルにも賞味期限があって、必ず終わりが来ます。今はそのとき「自分を押し出す力」を溜めている状態です。
まあそれはまだ先の話です。エリコはまた別のビジョンを持っているようですし、オトナイは変わらないために変わり続けます。これからもどうぞオトナイをよろしくお願いします。

食材について

おやつと軽食コンセプト

オトナイでは安心・安全なお食事を提供できるような材料選びをしています。

【例】
・北海道産小麦粉、全粒粉
・カンホアの塩(天日塩)
・素焚糖(さとうきび砂糖)
・アルミニウムフリーのベーキングパウダー
・オーガニックドライフルーツ
・エキストラバージンオリーブオイル
・国産菜種油
・北広島町産牛乳
・有機無調整豆乳
・国産米粉

*添加物、化学調味料は一切使用していません。
*おやつや軽食に使用する野菜・果物等はなるべく町内産のものを使用し、地産地消を心がけています。

オトナイがクーポンをやらない理由

コンセプト

ときどき「地域のイベントでオトナイさんの割引券を配りませんか?割引分はこちらで負担しますから」というお話をいただきます。ご厚意で言ってくれているので本当に心苦しいのですが・・・すみません、基本的にお断りしています。オープン当初から変わらずその方針で、店主と妻の間ではちゃんと共有できているのですが、そろそろちゃんと言語化しておいたほうがいいかなあと。
都会から離れて数年たつので最近の動向には疎いですけど、一時期流行っためちゃくちゃなクーポンビジネスは社会的な問題まで起こして実質崩壊したようです。クーポンユーザーの動機は「クーポンがあるから行こう」なので、なくなれば当然来ません。なので都会の店でとにかく新規顧客を呼び込んでリピートしなくていいから回転させまくって数年もてばいい、みたいなやり方ならいいかもしれませんが、地域密着でリピーターさんに支えられてるうちみたいなお店にはまったく不向きです。
じつはうちも以前一度だけ断り切れずに作ってもらったことがありました。その件で家庭内が大炎上したのでクーポンはもううんざり、というのもあります。結局、割引券が当たった方はまだ来られてません。うちみたいなマニアックなお店は来たい人は来てくれるし、興味のない人はタダでも来ない。だからメリットがない。でもお断りしている本当の理由はそこじゃありません。

クーポンビジネスブームの頃、クーポンを使うお客さんほどなぜかマナーが悪いということがよく言われてました。お店のキャパを超えたところまで商圏や客層を無理やり拡大してしまうからだと思います。そうやって来るクーポンユーザーは別にそのお店が目的じゃないので、「クーポン使ってほしいんだろ?来てやったぞ」みたいな心理が働くのかもしれません。
ビジネスとしてのクーポンと、地域のイベントで配るような割引券や優待券は性質が違うのもわかります。ただ、もらった人の意識としてはさほど違わないんじゃないかと。目の前に1000円分の紙切れがあったら、使わにゃ損って思考が働きますよね。それを避けたいんです。
オトナイに新規で来られるお客さんは「ずっと来たいと思ってたんです」と言ってくださる方が多いです。そういうお客さんを大切にしたいので、この方針を続けていきます。

あくまでオトナイとしてはこう考えている、ということです。他のお店にはそれぞれ考え方があるでしょうし、いろんなやり方があっていいと思います。
うちも例えば自前で出すコーヒーチケットみたいなのならありかな。おもしろいことを思いついたらそのうち何かやるかもしれません。

「ヒュッゲ」について

コンセプト

最近日本でも話題になりつつあるHygge(ヒュッゲ)というデンマークのライフスタイル。まだ定着した訳語はないようですが、大ざっぱにいうと「居心地のよい時間と空間」という意味です。これオトナイが目指すものじゃん!と思ったので興味をもっています。
ひとつの言葉の中に質素であること・家族や友人と過ごすこと・ぬくもり(とりわけ火のある暮らし)などさまざまな要素があって、日本語にぴったり合う単語はなさそうです。しいて日本文化の文脈に置き換えれば「侘び寂び」が近いかなーと思います。デンマークの長く厳しい冬の中で生まれた生活の知恵という側面もあって、この北広島町になじみやすい気もします。あえて輸入しなくてももともとわたしたちの中にもある価値観だと思いますが、他国の文化を知ることでわたしたちの文化の中に眠っている価値を掘り起こしていくのは意味のあることだと思います。

 

ミーティングでした

コンセプト地域活動

またもや80cmを超える積雪となりました。
朝から駐車場確保のため雪をほりほり。この冬はこればっかりで、二の腕の筋肉が一回り太くなりました。

秋にカメムシが多いとその冬は大雪になると言われますが、まさにその通りになりましたね。カメムシと積雪の因果関係ははっきりわかっていないようです。カメムシが大雪を予知する仕組みを解明すればノーベル賞ものかも? 昆虫好きの少年少女に期待します。

今日はほぼ丸一日使って地域活動のミーティングでした。最初にやったのは、「自分が何かをするときに大切にしていること」を書き出してシェアするというワーク。数や書き方は自由。文章でていねいに書く人、キーワードだけ書く人と、それぞれの性格が出ます。
店主が書いたのは①青春②あの人③子どもたちの3点。
①はどういうことかというと、「僕が人生にいちばん求めているのは永遠の青春なのかもしれない」ということに最近気づいたので。これまで自分がやってきたことを振り返ると、ほとんどそれが動機だったような気がします。これはちょっと恥ずかしいので人に話したのは初めてです。
②は、例えばオトナイでやっていることもそうなんですが、何かをはじめるときにはその時々で特定の「あの人」のことを思っていることが多いです。何人にリーチできるか?というところから考えるのではなく、たった一人の「あの人」がよろこんでくれるなら、それはやる価値があると思っています。
③がいちばん大事な究極の目的です。今を生きる子どもたち、これから生まれてくるすべての子どもたちのために、よい未来を残す。子どもたちのためになることならやる価値がある。逆に、子どもたちのためにならないことはやる価値がないばかりか、悪ですらある。これが僕の行動指標であり、オトナイの理念です。

あなたが大切にしていることは何ですか?
言葉にしてみることで、これまでしてきたこと、これからやりたいことを整理するよい機会になるかもしれません。

うーぱーからオトナイへ

コンセプト

ひとつの新聞記事をご紹介します。

悩める生徒へ、校内に居場所 社団法人、課題把握し登校支援 豊中 /大阪

不登校の経験があり、教室に入れないなど悩みを持つ生徒らが気軽に立ち寄れる居場所を学校内に作る取り組みが、豊中市の高校で進められている。

店主はこの定時制高校内の居場所の立ち上げと初期の運営にかかわりました(のちに妻もスタッフとして入りました)。とても思い入れのある仕事です。
公立高校の中に一民間団体の支援スタッフが常駐する、しかも「うーぱー」とかいうわけのわからない部屋をつくっているという、当時はもちろん今から見てもかなり斬新な取り組みでした。校内で禁止されているお菓子やスマホ充電なども「うーぱー」内だけはお目こぼし的に許されるという、ある種の自治区というか解放区的な奇妙な空間が、突如夜の学校内に出現するわけです。しかもそこには先生たちとは一風ちがった空気をもつ大人たちがいて、なにやらヒマそうにギターを弾いたり落書きをしたりしている。これは意図的にそういう仕掛けで生徒を誘っていました。
そこにまんまと引っかかってやって来る生徒たちは、やはり何か抱えていることが多い。何もなければそんなところへ寄らずに教室へ行くなり、学校を抜け出して遊びに行くなりするはずです。ただお菓子を食べたりスマホを充電しに来ているように見える生徒たちも、安心と安全が保障された空間でゆっくり時間を共有することによって、いろいろなことを話してくれるようになります。記事の中では「親から収入を取られる経済搾取や、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でのトラブル」という2つの例が挙げられていますが、いや本当にいろいろありました。
小学校から不登校で、入学してから一度も教室に入れなかった生徒が、うーぱーに一年間通った翌年からは自発的に授業に出はじめたこともありました。その生徒は去年就職したそうです。居場所というものの持つ効用を感じるケースです。それらの経験が、今のオトナイにつながっています。

これまでも何度か書いているように、オトナイの本当の目的は居場所づくりです。だからカフェという顔はその一面にすぎないとしても、自分たちなりに吟味して用意した飲み物と食べ物を出せるカフェというスタイルは、心地よい居場所づくりにはこれ以上ない最適な方法だと思っています。
もちろんオトナイは支援機関ではないのでこの記事のような目的でやっているわけではないですが、おとなう(=訪ずれる)人がここで自分自身に立ち戻り、またゆっくりと歩き出せるような場所でありたいという思いは共通しています。

 

コーヒー一杯ぶんの沈黙

コンセプト

一杯のコーヒーを、黙って飲む。コーヒーを飲むというのは、コーヒー一杯ぶんの沈黙を手に入れることなのだ。

(長田弘「一杯のコーヒー」より)

オトナイの客層は子連れや女性どうしのグループが圧倒的に多いです。そこがオトナイのコンセプトなのでそういう意味では成功しているんですが、それとは別に一人で過ごせる空間づくりも重視しています。

以前、子連れのお客さんたちが「一人でカフェに行きたいなあ」「夢よねー」と話しているのを耳にしました。
これ、すごくわかります。店主も一人でカフェに行けるのなんて年に一度あるかないかです。

一人で行きたいカフェとはどんな店ですか?
オトナイはそんなカフェになりたいなあと思っています。

(大地)

 

レノンと足穂とパンケーキ

コンセプト

店主が言うのもなんですが、オトナイはおもしろいお店です。
昨日のお客さまからはジョン・レノンの「失われた週末」について教えてもらいました。レノンは昔から好きで楽曲はほぼ全部聴いてますが、伝記的な部分にはあまり興味がなかったのでこの件は初耳でした。すぐにネットで調べましたよ。
で、今日のお客さまとは漫画や文学の話をしていて、稲垣足穂をすすめられました。名前は知っているけど読んだことがない作家。父の遺した蔵書の中にあったのでさっそく読んでみようと思います。
うちのお客さんおもしろすぎないですか。僕も客の立場でいろんなカフェに入り浸ったけど、なかなか店主とこんな話はできなかったなあ。

僕の理想とするカフェは、ゆっくり時間をかけて文化が醸成されるような場。元来カフェはそういう場であったし、特にこういう田舎ではカフェ一軒が大きな役割を持っていると思っています。レノンと足穂の話ができて、パンケーキが食べられる場所なんてなかなかないですから。
オトナイにとって文化的な場であることは、美味しいパンケーキがあるのと同等か、それ以上に超重要なミッションなのです。

(D)

 

 

 

1周年です

コンセプト

本日、オトナイオープンします。
軽食、手作りおやつなどをご用意しております。
草木工房シフクノモリさんによる木の雑貨と野草茶も展示販売中です。

じつは明日5/4でオープンから1年になります。
先輩同業者から心配されるほどの僻地にあってこれまで何とか続けてこられたのは、ひとえにみなさまのおかげです。
本当に、ほんとうにありがとうございます。

記念すべき1周年の5/4、5/5はお休みをいただいて、家族と共に過ごす時間にします。
感謝企画どころか書き入れ時のGWに営業すらしないというスタイルもオトナイ流でございます。

変わらないために変わり続ける。そんな場所でありたい。
これからもオトナイをよろしくお願いいたします。

D

「あーとふる大朝2017」無事終了!

あーとふる大朝アートコンセプト

4/27~29の3日間にわたって開催した、北広島町の芸術祭「あーとふる大朝2017」は盛況のうちに終了しました。
お越しいただいたみなさま、出展者のみなさま、ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。

オトナイのミッションのひとつに「これまで地域になかった価値を生み、オルタナティブなライフスタイルを提案する」という壮大なテーマがあります。
そのための“場”と、コツコツものづくりや表現を通して文字通りの「価値」を創り続けてこられた“人”が出会う瞬間でした。それぞれのエネルギーが交錯し、ぶつかり、融合し、大きな磁場の中にいるような3日間でした。

とはいえ、イベントはイベント。いくら人が集まって盛り上がってもそれは本来の地域の姿ではないわけで、肝心なのはこの試金石のような体験をいかに日常の中に落とし込んでいけるか。

ここからです。
まだまだ面白くなりますよ。

D

  • 1
  • 2

営業予定

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

が定休日です。

ご案内

080-5355-1074
12時~18時(日・月曜定休)

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)