カテゴリー: 日常

家族の軌跡

子育て日常

本日、上の子(3歳)のかぜにより臨時休業をいただいております。さいわい熱もなく、朝に出ていたせきも収まって元気に過ごしております。ご心配いただきありがとうござました。

土曜日は保育園の給食が休みなので弁当持参です。まだ慣れないので小1時間かかります。とうちゃん弁当としてはなかなかのものではないでしょうか? 味も最初よりはおいしくなったと(妻に)好評です。最初はおにぎりを塩でじゃりじゃりにしてしまうレベルのダメ親父でした。

下の子が生まれて3か月。上の子はそれはもうよろこんでかわいがり、お姉ちゃんになろうという努力もすごく感じられます。でも反面、というかあたりまえの反応として、最初の2か月くらいは赤ちゃん返りやわがままが強烈で、親にとってもつらい時期でした。
ついつい叱ることが多くなり、毎日のように泣き暮らす娘。保育園でも感情の波が大きくなって、怒ったり手が出たりするようになったと聞いて、(ああ、今のようなかかわり方を続けていてはダメだ…)と頭では理解できても、僕たちもどうしていいかわからず途方にくれていました。

先週のこと。保育園の担任の先生が、最近の娘の様子を話してくれました。早い時間にお迎えが来る友達を見て、「とうちゃんの車で帰りたいな…」と口にしたそうです(娘は園バスで遅い時間に帰ってきます)。月曜日から土曜日まで園に預け、日曜日もお店で過ごすので、家族みんなでお出かけすることもほとんどできなくなった娘。

さみしい思いをさせてたんだろうなあ。

それから夫婦で話し合って、叱るのをやめました。完全にやめるのは難しくても、せめて言い方を変えたり、口を出す前にちょっと待ってみたり、娘の言い分を聴いたり、そのくらいのことだけど、娘の様子は激変しました。
まず父ちゃんを叩かなくなりました。着替えや片づけも相変わらず時間はかかるけど、何度も言われなくても自分のペースでやるようになりました。「さみしい」「甘えたい」と言葉に出すようになりました。

これでいいんだろうな。こうやって少しずつお姉さんになっていくし、僕たちも少しずつ親になっていく。そんな日々の積み重ねが家族の軌跡となっていくんだろう。

娘に寄り添い、内心の葛藤まできちんと見抜いて、親を信じて伝えてくれた保育園の先生に感謝しています。

ノマドワーキング

日常

冬期縮小営業中といっても、休業日にギターばっかり弾いて遊んでいるわけではありません。というより音楽も店主にとっては遊びではありません。もっと言えば店主には遊びと仕事の区別がありません。
休業日はむしろ営業日より気忙しいかも…。店をやっていればとりあえず仕事をしているという安心感があるけど、休んでいればその分何かしなければと駆り立てられる気持ちもあり、実際生活費も稼がないといけませんしね。
でも家で仕事をしていると赤ちゃんが泣けば気になるし、眠くなったら寝てしまうし、根がダメ人間なのでついつい本性が出てしまいます。

いうわけで、今日は図書館で仕事をしています。

これ、もっと早くやればよかった。めちゃめちゃ集中できてはかどります。
事前に職員さんに声をかければPCの使用もオーケー。コンセントも貸してもらえます。

窓からは店主の母校である新庄学園の木造校舎が見えるのもポイント。

唯一の欠点はついつい本を読んでしまいそうになることかな。
借りて帰ってゆっくり読みましょう。

アニマルトラック

日常

しばらく降り続いた雪もようやく止みました。
今日は日中の気温が3℃。氷点下に慣れた身体には車の窓を開けて走れるくらい暖かく感じます。
路面の雪もほぼ解けたので、今週末は営業できる見込みです。

雪面には動物たちの足跡がいっぱい。

これはウサギ。

右側はテンの走行パターンだと思われます。
なかなか実際の姿は見られませんが、足跡を見ているだけで楽しくなります。

大雪です

日常

この冬いちばんの大雪になりました。

オトナイ周辺は約80cmの積雪。
雪が大好きな看板娘も一瞬ひるむほど。

まだまだ降り続いています。どうなることやら。

 

民泊リピーター

日常民泊

カフェ営業は冬休みに入りましたが、オトナイは今日もにぎやかです。
夏に民泊で来た呉の小学生が遊びに来てくれました。

おやつに蒸しパン作り。
チョコが焼けすぎてグロい見た目に。味はおいしかったです。

今回は友人としての招待なので、完全に素を出して親戚の家に遊びに来たような雰囲気。
子どもだけで泊りがけの旅行ってすごい大冒険です。民泊で来たことがあるとはいえ、親御さんからすれば他人の家。よく送り出してくれたなあと思います。それだけオトナイを好きになってくれて、信頼してくださってるのが本当にうれしいです。

翌朝の朝食は雪の中。ストーブでハムを焼いて食べる。

今すぐどっと集客できるような資源はこの町にはありません。この子たちが大人になったときもオトナイを好きでいてくれたら、必ずまた来てくれるはず。長い目でリピーターを増やしていくことが大切だと思っています。
店主は15年後には引退する予定なので、10年後のビジョンを描きつつ。「ビジョンは大きく、商いは小さく」がオトナイの経営理念です。小さなことだけど、未来につながることを。

 (大地)

クローバーを摘むように

日常

めっきり寒くなりました。
今日のおやつはベイクドチーズケーキ、チョコアーモンドスコーンをご用意しています。

先日、店主の幼なじみが四つ葉や五つ葉のクローバーをたくさん摘んできてくれました。彼女はそうやって時折ふらっと現れては小さなプレゼントをさりげなく置いて去っていく、ふしぎな友人です。

彼女はあーとふる大朝などにも出展する絵描きさんです。といってもいわゆる正規の美術教育を受けたプロの画家ではなく、あえてカテゴライズすればアウトサイダーアートとか限界芸術などと言われる範疇に属するものであろうと思います。

でもそんなことは関係なく、彼女は絵を描きます。自分のことを芸術家とも名乗らず、絵描きとも言わず、そんなことは意にも介さぬ様子で。
彼女が描くのは人柄がそのまま現れたような、素朴で、やさしくて、記憶と空想の世界が入り混じったようなふしぎな作品です。
彼女にとって、絵を描くことはクローバーを摘むのと同じ行為なのだと思います。僕の勝手な想像ですけどね。

(大地)

周辺情報日常

毎年思うのは、収穫前の田んぼってほんとに黄金色なんですよね。この写真は窓辺にPCを置いてなるべく見たままに近づけるよう画像調整してますが、それでも実際の色には及びません。
この風景を前に俳人なら俳句を詠むでしょうし、絵描きなら絵を描くでしょうし、音楽家なら音楽を作るでしょう。今の店主は仕事と育児に追われる生活者ですので何もできません。でも生活者には生活者なりの感受性があると思っています。草取りをしている爺ちゃんもときどき顔を上げて遠くを見てました。
「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」
いつも自分に言い聞かせている言葉です。

この季節はとにかく散歩がおすすめです。車は置いてもらって結構ですので、ぜひぐるりと歩いてみてください。オトナイの前の道を右に行っても左に行っても回って戻ってこられます。

そしていつも水を汲ませていただいているほとけばら遊園の紅葉がはじまっています。見頃はまだ先ですが、こちらもドライブがてら訪ねてみてください。オトナイからは車で5分くらいです。

秋の空どこが抜けたか見上げ居り   時雨彦

(D)

あーとふる打ち上げ!

日常

きのうの日曜日はあーとふる大朝@オトナイの打ち上げでSさん宅に招いていただきました。
まずはヤギのメイと一緒に散歩し、わらびをつんだり、鯉に餌をやったり、麦畑を歩いたり。

明るいうちにはじまった宴もいつしかどっぷり夜のなか。
デッキパーティというのは初めての経験でした。みんなで持ち寄った料理も飲み物もひとつずつがていねいな仕事。だんだんに冷えてゆく山の空気を吸いながらいただく食事はとても美味しかったです。

芸術家、アーティスト、表現者、いろんな括り方がありますが、この日集まったメンバーはみんなそういう括りに当てはまらない個性派揃い。立場や属性ではなく“個”で向き合うから、子どもも大人も垣根がない。楽器を持てば縄文時代の記憶が蘇るし、魚の気持ちにだってなれる。
「暮らし」とは「文化」なのだなと感じる時間と空間でした。

D

芸北ぞうさんカフェ!

コンセプト周辺情報日常

 

日曜日は家族で芸北ぞうさんカフェに行ってきました。
昨年改装された店内は広くて雰囲気たっぷり。有名なぞうさんペーパーなどの雑貨や物珍しいアイテムがいっぱい。娘も大はしゃぎで楽しんでいました。

僕は5年前のオープン当初から年1回くらいのペースで来ています。近くて遠い芸北。当時はまだ大阪に住んでいたので「へー、芸北にこんなおもしろい店ができたんだ」という程度の認識でした。
こっちに戻ってからは仕事でもプライベートでもいろんなところでぞうさんカフェの噂を聞いて、なんかすごいことやってるなあと思ってました。
なんせFacebookのいいね!が5年で3000オーバーの怪物カフェです。人口2万人未満の町で、ですよ。
僕たちの敬愛する大阪の超人気カフェうさぎとぼくも5年で3000いいね!くらいです。もちろん数がすべてではないですが、商圏のちがいを考えたらどれほどすごいことかわかると思います(ちなみにオトナイは開業10か月で300いいね!くらいです。本当にありがとうございます)。

じつは、僕はここの怪物もとい名物店主の植田さんにはちょっと恩を感じていることがあります。
こっちに戻ってきて勤め人をやっているときに、たまたま仕事でぞうさんカフェの近くに来たのでランチを食べに入りました。そこで植田さんといろいろ話している中で、脈絡は忘れましたが植田さんがふと「独立したらいいじゃないですか。サラリーマンの年収くらいはすぐ稼げますよ」と言ったことがなぜだか記憶に刻み込まれました。
そのときはもう仕事を辞めたくなっていたのかもしれません。その頃からどんどん精神的に追い詰められて、もうあかんというときに植田さんのあの一言が僕の背中を押してくれました。
別に稼げるってところに押されたわけではなくて、その言葉に逞しさというか、独立した人間の誇りのようなものを感じたんですね。当時の僕はとことん自分に合わない職場の中で、生来強いはずの独立心もぺしゃんこに潰れてました。あのとき仕事を辞める勇気を持てなかったら今頃どうなってただろうと考えることがあります。たぶん、今のように幸せな暮らしはできてないんじゃないかな、と。

…という話をこないだかあちゃん餃子の前でばったり会ったときに伝えたかったのですが、植田さんは全然憶えてませんでした。まあそんなもんでしょう。言った側は忘れていても、胸に刻み込まれた側はずっと憶えている。その言葉の強さはその人の生き方の強さに比例すると思うんです。

オトナイは人の背中を押すほど強いメッセージ性を前面に出すタイプではありませんが、ここに来てくれる人たちの胸に何かを刻み込めるような店になれたらいいなあ、と思います。

D

雪のないお正月でした

ギター日常

あけましておめでとうございます。
オトナイ、昨日から営業スタートしています。

新年最初のブログは雪景色にしたくて降るのを待っていたんですが、降りませんねえ。
景色もカラッカラに乾いて風情がありません。
冬はやっぱり雪がほどほどに積もっているのがいいなと思う店主です。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、大好評(嘘)のギター用品コーナーに新商品が入荷しました。

Martin M-2100 マーキス・フォスファーブロンズ
アコースティックギター弦・ライトゲージ(セット) ¥700

前回ご紹介したブロンズ弦と比べて、フォスファーブロンズ弦は煌びやかな音色が特長です。
よくブロンズはコードストローク、フォスファーはフィンガーピッキングに向いていると言われます。
このマーキス弦はそのキラキラ感がほどよく抑えられていて、ストロークにもフィンガーにもよく合うのです。
店主愛用の弦です。一度お試しください。

D

営業予定

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

が休みです。

ご来店前にホームページ、フェイスブック、グーグル検索でご確認ください。

ご案内

Tel 080-5355-1074
営業時間 12:00~18:00
定休日 日・月曜日、その他不定休

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)