カテゴリー: 暮らし・日常

せっけんライフのススメ

暮らし・日常

こんにちは、オトナイのダイチです。昨日の定休日はお店の大掃除をしました。
掃除に使う洗剤は重曹やアルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)です。特にアルカリウォッシュは重曹よりアルカリ性が強く、水にも溶けやすいので、スプレーに入れておけば窓にもキッチンにも万能に使えてじつに重宝します。レンジや換気扇の油汚れも一発で落ちます。

オトナイでは合成洗剤は一切使用していません。掃除以外にも、食器洗いは液体せっけん、タオルや布巾の洗濯には粉せっけんを使用しています。画像のものはスーパーやドラッグストア、ネット通販などで手に入り、使いやすく価格もお手頃なおすすめ商品です。

合成洗剤に含まれる合成界面活性剤には、皮膚から吸収されて害になるものが多くあります(経皮毒)。僕も若い頃、合成洗剤を使っていたときは手荒れとかゆみに悩まされていましたが、せっけんを使うようになってからは毎日何時間水仕事をしても手荒れになったことは一度もありません。
また合成界面活性剤は自然界で分解されるのに時間がかかるため、川や海の汚染の原因になります。河川の汚れのうち、生活排水の占める割合は約7割と言われます。よく川の堰などで水が泡立っているのを見かけますが、あれは合成界面活性剤を含んだ排水が原因と考えられます。せっけんは一度水に薄まって泡が消えると洗浄力を失い、生分解性も高いので環境負荷が非常に少ない洗浄剤です。

食器洗いにせっけんを使うのはもう一つ理由があって、合成洗剤には再付着防止剤という成分が入っています。これは溜めすすぎで汚れが再度食器に付かないようにするためのものです。合成洗剤で食器を洗い続けていると、この成分が何百層も重なって食器をコーティングし、食品中に溶け出して間接的に口に入ります。
ふだん合成洗剤で洗っている食器をせっけんで洗うとすっごいヌルヌルしますが、これは再付着防止剤のコーティングがせっけんの洗浄力によって溶け出すためです。このことが「せっけんはヌルヌルする」という誤解の元になっていたりします(再付着防止剤は洗濯用の合成洗剤にも含まれており、皮膚から人体に吸収されます)。

また、合成洗剤や柔軟剤による「香害」の問題もあります。タオルや布巾を合成洗剤で洗ったり、掃除用の合成洗剤で窓などを拭くと、人工的な香料の匂いが長く残り、人によってはかなり不快に感じます。化学物質過敏症の人への影響も心配です。

以上のような理由から、オトナイでは合成洗剤はもちろん、ファブリーズやリセッシュのような化学物質を含んだ製品も一切使っていません。夏の風物詩、蚊取り線香も天然の除虫菊を使用しています。
ちなみに家庭でも洗濯や台所はもちろん、シャンプーや洗顔などもすべて無香料のせっけん製品を長く愛用しています。子どもにも安心して使えるのが最大のメリットです。そして暮らしがシンプルで、家事が楽しくなります。

そんなシンプルなせっけんライフについて、オトナイで勉強会みたいなことをやりたいなあとずっと思っています。僕もそんなに詳しいわけではないので、どなたか一緒にやってくれる人いませんか?

庭にテント、張れます

暮らし・日常

こんにちは。オトナイのダイチです。
今朝はチャレンジデーに参加して、ヨガで身体と頭がほぐれたおかげでいいことを思いつきました。

いつでも庭にテントを張れるようにします。

庭でこどもたちを遊ばせて、おとなはのんびり過ごしたいときなどにご利用ください。
おとな2人、こども2人くらいなら十分入れます。昼寝にもどうぞ。

1分で設営できるワンタッチテントなので、ご希望の方は遠慮なくスタッフまで。

僕は見た目のとおりバリバリのインドア派ですが、若い頃はなんちゃってバックパッカーをやっていて、寝袋を担いでほうぼうを旅したものです。
最初はテントを持っていなくて、無人駅で寝たり野宿をしたりしていました。あるとき鳥取砂丘で野宿をしていて、夜中にふと目が覚めると野犬か狐かわからないケモノがそばにいたことがあって、それからはテントで寝るようになりました。やっぱり安心感がちがいます。
もう何年もキャンプはしてませんが、いまだにテントは大好きです。たぶんお客さんからの依頼がなくてもしょっちゅう張ってると思います。

オトナイの休日

暮らし・日常

おかげさまで店主のかぜもすっかり治り、昨日は因島で一日家族の休日を過ごしました。
目的のひとつはMama Shop in 因島というイベントでおきもとじゅんこさんの染めワークショップに妻が参加すること。

エリコのレベルが上がった!ものすごく勉強になったと言っていました。

もうひとつの目的は、夏に民泊で来てくれた子どもたちに再会すること。

海辺のさっぶい公園で何時間も遊びました。
山に囲まれた町で暮らしている店主にとって、夕日に照らされる海を見ること自体が感動。あっという間に夕日が沈んでしまう山とちがって、夕暮れがとっても長いのに驚きました。

見つけたぞ
何を?
永遠を
それは太陽に溶ける海だ

ランボーの詩にこんなのがあったな。そんなことも思い出したりして。
そんな中二病のおっさんにつきあって遊んでくれる因島ガールズ。

最後の目的地、しまなみカレー ルリヲン。
カレーもおいしかったし、僕好みのエレキギターもたくさんありました。置いてあるフリーペーパーからも、漏れ聞こえてくるお客さんの熱い議論からも郷土愛が伝わってくる。古くから多文化交流の盛んな島しょ部の持つごった煮のエネルギーがそこにありました。

オトナイという場は、子育てをしたり、音楽を楽しんだり、いろんな地域の問題を何とかしようとしたり、そういった僕たち家族の日常の延長につくってきたものでした。それが今では、オトナイの延長線上に日常が生まれています。
ただイベントがある、行ってみたいお店があるというだけでは、子ども2人を抱えて2時間も運転してわざわざ出かけようとは思いません。オトナイをやっていたからこそ出会えた因島の子どもたち。今回残念ながら会えなかった1人も含めて、驚くほど素直で感受性豊かな彼女たちを育んだ因島という土地に興味をもち、そこにおきもとさんのワークとルリヲンという2つの誘引力が重なった。
プライベートな休日の様子をオトナイのブログに載せたのはそういう意味です。オンもオフもなく、仕事も遊びも暮らしも内包するようなオトナイという名の営みになりつつあるのかなあと。そんなことを感じた一日でした。

ねことぼく

暮らし・日常

ときどきお客さまから「猫はどこにいるんですか?」と訊かれます。さっきも若いカップルから訊かれました。
たしかに猫はいます。名を「はな」と言います。ニックネームは、はなちゃん・ちゃんはな・ハナゲ・ハナモゲラなど。ブログやSNSで看板猫として紹介しているので、愛くるしい猫が歓迎してくれる猫カフェ的な店だと思われているのかもしれません。
が、何度も来てくださっている方はご存じでしょう。あの猫が人になつくものですか。はなに触れることができたお客さまはごくわずか。10年以上の付き合いになる店主ですら数えるほどしかありません。
もともとの性格もあります。良く言えばいかにも猫らしい気高い性格。悪く言えば臆病。人間不信。でも店主が嫌われているのには理由があって、彼女が子猫の頃に追いかけ回したからです。前に飼っていた猫が追いかけっこをして遊ぶのが好きだったこともあり、猫というものは皆そういうものだと思い込んでいたのがまちがいでした。猫にも個性があるということを軽く見ていました。
店主とはなの関係性はもう修復不可能かもしれません。でもまだ諦めているわけではありません。姿を見かけたら静かな声で話しかけ、目があえばゆっくりと瞬きをする。こうすることで敵意のないこと、親愛の情を持っていることを伝えられるそうです。その甲斐あってか「嫌なやつ・怖いやつ」から「好きではないが危険な相手ではない」というくらいにまで位置づけが変わってきたらしく、半径3メートル以内に近づかなければリラックスしてくれるようになりました。
猫でも努力すれば関係性を変えられる。相手が人ならなおさらです。諦めず、対話を続けましょう。

(写真は5年前のはな。これ以上近づけなかった。)

オトナイのひとコマ

暮らし・日常

きのうのオトナイ。
それぞれ一人で来られたお客さまが、同じ部屋でそれぞれ絵を描いてすごす。うちの赤ちゃんもモデルになる。

別の部屋では、他のお客さまがゆったりと談笑されている。
まさにオトナイが理想とする時間と空間でした。

 

春ですねぇ

暮らし・日常

今日はいちだんと暖かい春の日より。今年初めてストーブなしでの営業です。
クロッカスや黄連の花が咲いています。

ふだんは半径2メートル以内に近寄らせない看板猫も、つい気を許すレベルの心地よさ。

山の話

暮らし・日常

確定申告が終わってほっとしたのも束の間、近所の人から「おたくの山の木が倒れて農道をふさいどる」との苦情が。

あちゃー、雪折れですねえ。かずらが絡まった二本が共倒れしたもよう。日曜大工レベルの手鋸しか持っていないので、切り倒すのもなかなか骨が折れました。
年々こんな仕事が増えています。山に人が入らなくなって山が荒れているのが一因。里山を守っていくための仕組み作りが必要なんだけど、個人でできることじゃないな…。おとなりの芸北地域にはせどやま再生プロジェクトという先進的な取り組みがあるので、少しずつ勉強させてもらいます。

オトナイの裏山には駿河丸城跡という史跡があります。子どもの頃はこの山全体が遊び場でしたが、最近はここも荒れ放題で立ち入ることもできない状態でした。去年役場の人たちが史跡保存のために竹や草を刈ってくれて、今はなんとか本丸まで登れるようになっています。

これはその手前の丘にある桜の木。春になるときれいな花をつけるので、今年はお花見カフェをやってみたいと思っています。
ますます山仕事が増えそうです。でもやりたいことにつなげるとそれはそれで楽しい。

あたたかな日曜日

暮らし・日常

あたたかな日曜日。オトナイオープンしております。
午前中は雪折れした枝を伐採しました。自然と共に生きるインガルス一家のような暮らし。楽しいですよ。
山梨の大枝は細かく切り分けてロケットストーブの薪に。いやロケットストーブないんですけどね。今年作りたいなあと思っています。少しでも化石燃料依存の生活から脱却していきたいなあと。
梅の枝は妻が梅の木染めに使うそうです。

雪解けです

おやつと軽食暮らし・日常

駐車場の雪はすっかり消えて、最後の一塊だけが残っていました。

いやしかしすごい雪でした。隣のじいちゃんいわく「38年を思い出す」。いまだに語り草のいわゆる三八豪雪ってやつです。
今朝は春の日差し。看板猫も縁側で日向ぼっこ。高齢で持病を抱えているので今年の寒波は危ないかもと心配していましたが、しぶとく冬を乗り越えました。

営業カレンダーでは3月いっぱい縮小営業になっていますが、そろそろ通常営業再開に向けて準備中です。その際はまたお知らせします。

とりあえず土日はオープンします。パスタやおやつをご用意してお待ちしております。

去年妻が産休に入り、ランチができなくなった替わりに始めたパスタ。じつは隠れた人気メニューです。
昔ながらの喫茶店のスパゲッチのイメージですが、一流料亭の大将と女将にほめられたので少しいい気になっている店主です。今日もなかなかおいしくできたと思います。

黙々と雪かき

暮らし・日常

明日からの営業のために駐車場の雪かきをしています。湿った雪は重く、人力ではなかなかきつい作業です。
それでも黙々とやっているうちにいつしかフロー状態に入り、気がつけば意外とはかどっていました。
時おり手を止めるとヒーヨヒーヨと鳥の鳴く声。ヒヨドリかな? いい時間が流れています。

明日はもみの木セミナーです。
駐車スペースが少ないので、なるべく乗り合わせて来ていただければ幸いです。

 

営業予定

冬期休業中です。

店舗情報

Tel 080-5355-1074
営業日 木・金・土曜日(臨時休業あり)
営業時間 12:00~17:00

カテゴリー

error

Enjoy this blog? Please spread the word :)