カテゴリー: 民泊

民泊とオオサンショウウオ

民泊

6/7~9の2泊3日で民泊に来てくれた神奈川県の中学生。
この学校は2回目です。去年の写真を見せたら「部活の先輩だー!」。そういうことがあるからおもしろい。民泊に来てくれた子たちはみんな何年たっても憶えています。SNS(10代はほとんどインスタグラム)でつながってる子も多いです。
民泊は一期一会の人間関係ですが、スマホを通じてお互いの日常の断片を確認しあうことで細く長く持続させることができるSNS社会も悪くないと僕は感じています。もちろん、安全な使い方とリテラシーを大人がきちんと教えることが前提です。

今回のトピックスはなんといってもオオサンショウウオとの遭遇。
子どもの頃からこの淵にいるのは知っていましたが、僕もここで見たのは20年ぶりくらいです。さすがに同一個体ではないかなあ…でも20年ぶりの再会かもしれないと思うと感慨深いものがありました。

かわいいですねー。中学生たちも大興奮でした。
水面に漂っている泡は、家庭から出る合成洗剤の泡だと思います。これを見るといつも残念な気持ちになります。きれいな川、貴重な生物を守るために、環境負荷の少ない洗濯用粉せっけんや台所用せっけんを使いましょう!

みんな、楽しい時間をありがとう。
また来年、きみたちの後輩が来てくれるのを楽しみにしています。

民泊シーズン到来

民泊

今年も民泊シーズン到来です。
今週は中学校が2校続きました。どちらも1泊でタイトなスケジュール。
少ない時間に体験活動を詰め込むより、「いま」を共有することに重きをおくのがオトナイ流です。

今年最後の民泊でした

民泊

某マンガで有名な東京の下町から来てくれた高校生たち。礼儀正しく、何事にも積極的な体育会系の3人でした。
友達のアーサーが「夜、焚き火やるから来てねー」というので行ってみたら、本格的なキャンプファイヤーをやってました。みんなで星を見ながらマシュマロを焼いて食べたアメリカンな夜。

翌日はアーサーの私設ジムでガチ筋トレがはじまり、他の民泊家庭の男子たちも合流してマッスル大会に。
柔道部や野球部の男子が100㎏のウエイトを難なく上げているのを見て店主も軽いノリでチャレンジしたら、力を入れた瞬間腰が「ミリッ」と変な音を立てて終了。それをアーサーは片手で上げてましたけどね。

2泊以上あるときは最終日にたこパをするのが恒例です。なんだかんだでこれがいちばん盛り上がります。

これも恒例の草木染め記念写真。変顔バージョンが最高なんだけど、顔を出せないのが残念!

今回の高校はもともと周防大島に行く予定だったのが、断水事故で急きょ北広島町に変更になったといういきさつがあります。あとで「やっぱり周防大島に行きたかったなー」と残念な思い出にしてしまうことだけは避けたくて、いつもより気を引き締めて受け入れました(そうは見えなかったと思うけど)。楽しんでくれたようでよかったです。

今年の民泊はこれで終了です。数えてみたら合計3か国15校49人が来てくれた勘定です。
いつも同じことをやっていれば楽なんだけど、それでは自分たちがつまらないし、子どもたちにもマンネリ感が伝わってしまうと思います。今年は新たな試みもいろいろ取り入れました。ポロンパさんや、アーサー&ダーシーの家庭とコラボできたのもいい刺激になりました。
楽しかったし得るものもたくさんありましたが、ちょっと無理しすぎたので来年は少し減らそうかなーと思っています。
ご協力いただいたみなさん、来てくれたみんな、楽しい時間をありがとうございました!

神奈川県の高校、3度目。

民泊

今回の民泊は神奈川県からの高校生でした。
日曜の午後に到着し月曜の午後に出発するちょっとゆっくりめのスケジュールだったので、ギターを弾いて歌ったりする時間もありました。

歌声が聴きたい人は、インスタグラムとフェイスブックに短い動画をあげたので見てください。

散歩がてら草木染め用のセイタカアワダチソウを摘んだり、

近所のわんこと遊んだり。

少しミントを足して、きれいなレモン色に染まりました。
※ミントはかんちがい。セイタカアワダチソウだけで染めました。

かえる。

思えば2年前、初めて民泊を受け入れたのがこの高校でした。今年で3度目になります。
あのときはあたふたしどおしだったように思いますが、3年やってきてプログラムの引き出しも増えたし、ちょっとは余裕がでてきたかな。店主は自分の修学旅行にいい思い出がないので、うちに来る子たちにはとにかく楽しんでもらいたい。そのためには自分たちもいっしょに楽しむことが大切だと思ってます。
最初の生徒さんたちともいまだにSNSでつながりがあり、今回の生徒さんも速攻でインスタをフォローしてくれました。ストーリーズを見たら民泊中の画像や動画がいっぱいあがってて、いつの間に上げたのかと。こうやって全国にオトナイファンが広がっていくのはうれしいです。

東京と比べたら外国みたいなもんです

民泊

先日は東京の高校生3人が民泊に来ていました。
日曜の午後に着いて、月曜の朝には出発する強行スケジュール。もうちょっとゆっくりしてほしいなあ。
友達のアーサー&ダーシーファミリーと合同で草木染めをしました。彼らは今回が初の民泊受け入れです。

町の観光協会経由で受けている民泊は生徒の個人情報保護のため顔や名前、学校名は載せられないというルールがあります。いつもは顔ありのカットと顔が写っていないカットを両方撮るんだけど、今回はその余裕もなく、やむを得ずトリミング。

同い年のユウとメグちゃんは気が合います。ひたすらヤギに草をあげて遊ぶ二人。

そしてアーサーお得意のトップカードライブ。運転手あわせて11人乗ってます。固いことを言えばいろいろアウトかもしれませんが、まあいいじゃないですか。エンジンの音や振動、冷たい風、夕陽の沈む谷。こういうディテールこそが大事なんだと思います。
雲一つない空気の澄んだ秋晴れだったので夜の星空はひときわ素晴らしく、見慣れた店主ですら感動するほどでした。散歩しながら「歩いてる感じがしない」「ここにいるんじゃないみたい」とみんな口々に感動を表現していました。短い時間だったけどいい思い出ができてよかったなー。「また来ます」と言ってくれたのが何よりうれしかったです。

秋の民泊は××ムシとのたたかいです

民泊

今年最後の小学生の民泊でした。
もう川遊びは無理ですが、せっかく秋に来てくれたので秋らしいことを。町では経験できないであろう本格的な焚き火を起こしてガチの焼き芋を作りました。

それから定番の草木染め。

玉ねぎの皮で染めました。

個性的な柄! 2日いっしょに過ごすと性格が出てるのがわかります。

紅葉を見ながら長ーい散歩も楽しみました。途中で見つけた蛇の抜け殻(たぶんアオダイショウ)が気に入ったようです。
こんなふうにこの時季ならではの体験もいろいろできるんですが、デメリットはやはりカメムシですね…ここ数日で急に増えて、町の子は一匹見つけるたびに大騒ぎするのでそりゃもう大変でした。

今年は小学生の民泊を5校受けました。小学校は2~3泊と長丁場なので楽しいけど疲れるし、その間店を閉めるので営業にも影響があります。お客さんから見たら「休んでばっかりじゃん」となって、客足も遠のきますしね。
それでもオトナイが民泊を受ける意味…そのうちちゃんと書いておこうと思います。

民泊秋の部

民泊

民泊秋の部はじまりました。
東京から来た高校生。3泊4日の修学旅行の最終日が北広島町での民泊だそうです。

山の上で昼食がてら、草木染め用のススキを収穫。
実はこの時、散歩中にスズメバチの巣に遭遇してかなりヤバかったです。野外活動はリスク管理をきちんとしなければと肝に銘じました。

薪を割ってロケットストーブでお湯を沸かす。何もかも初めての経験です。

ススキを煮出して染液を作ります。

淡い黄色に染まりました。
今回はポロンパ班と合同でやったので大人数でした。

島からの便り

民泊

夏に民泊に来てくれた子どもたちから学習発表会のお誘いが届きました。
残念ながらその日は高校生の民泊があって行けないんよ。。。
そのうち必ず島に遊びに行くからねー(じつは行きたいカレー屋さんがあるんです。わよ)。

See you!

民泊

今回の民泊はオーストラリアの高校生!
店主夫妻は2人とも英語が苦手、相手の日本語力もあいさつ程度なのでコミュニケーションにはかなり苦労しましたが、「伝えたい」「知りたい」という気持ちがあればなんとかなるもんです。4歳のユウがいちばん積極的に<日本語で>グイグイいってました。やっぱり子どもってすごい。英語を使う気も覚える気もなし(最後に“See you”だけ覚えました)。
複雑なやりとりはできないので、本当に伝えたいことだけをシンプルに伝えあう。それがかえってコミュニケーションの純度と密度を高めるから、1泊2日という短い間でも友情が芽生える。友情に年齢も性別も国境も関係ないってのは店主の信念のひとつです。
お別れのとき「寂しいって英語でどういうんだ? I am lonelyじゃちょっと違うよな」とか考えていたら、向こうから“I’m sad”と言ってくれたから、あっそれでいいんだと思って“I’m so sad”と言いました。とっさに“Me too”が出てこないレベルの英語力です。でも気持ちが伝わればそれでいいんだよなと思いました。

音楽の話もたくさんしました。AC/DCとかカイリー・ミノーグがオーストラリア出身って知ってました?

友達のアメリカ人の農場を手伝い、トップカーでドライブ。

玉ねぎの皮染め。とてもよろこんでくれた。

最近、人見知りモードのカオルも最後にようやく慣れてこの笑顔。

I’m so glad to have met you.
Have a nice trip!

Minpaku is fun!

民泊

小学5年生、3泊4日の民泊受け入れが終わりました。
ハーフ・ダブル・ミックスなどいろんな呼び方がありますが、つまりルーツの異なる両親を持つ子が4人中2人いました。来日して間もない子もいて、苦手な英語を一生懸命思い出しながら会話を楽しみました。子どもたちはどうやって意思疎通しているのか、言葉はさほど通じないのにすごく仲良しで、やっぱり子どもってすごいなあと思います。

今回は雨もようが続いたので、屋内活動がメインでした。

マフィンづくり。

初めて染め物に挑戦しました。これは玉ねぎの皮染め。完成写真を撮り忘れたけど、それぞれ個性的なハンカチができました。

最後の夜、どうしてもやりたいというので雨のなか花火を強行。軒下でやったら家の中に煙が入ってえらいことになりました。

ここから先、店主が少し語ります。
この小学校は、全体でおこなう体験プログラムで子どもたちが話す感想やお礼の言葉があらかじめ全部決まっています。先生が書いた言葉がしおりに印刷されていて、代表の子がそれを丸暗記して話すわけです。
子どもたちは「おかしいよね?だってまだ神楽見てないのに迫力のある舞で感動しましたとか書いてあるんだよ?」とまっとうな疑問をもっています。
さすがにこれは子どもたちがかわいそうだなーと思ったので、教頭先生をつかまえて、「子どもたちが自分で感じたこと、考えたことを言葉にして相手に伝える経験をすることが大事だと思います。これからは一層考える力や伝える力が求められる時代ですし、そこを伸ばすのが教育じゃないでしょうか?」と話しました。
これでわかってもらえたかなー、何か変わるかなーと半信半疑でしたが、最終日、教頭先生が「さっそく話し合って、来年から変えていこうということになりました。貴重なご意見ありがとうございました」と言ってくださいました。やっぱり言ってみるもんですね。本当によかった。
子どもたちが失敗しないように、地域の人たちに失礼がないようにと考えた結果こういうやり方になってきたのかもしれません。よかれと思ってやったことが、子どもの学びや育ちを妨げてしまうのは自分自身の子育てを振り返ってもよくやっちゃってます。パターナリズムの呪縛はなかなかに強力です。
先生たちは、毎朝「大丈夫ですか?迷惑かけてないですか?」と心配&恐縮されまくりです。僕は「子どもは迷惑かけるもんです。迷惑かけない子がいたら逆に心配です」と思いますが、そうはいっても一件でもクレームがあればそちらの印象のほうが強烈に残ってしまって、クレーム回避に動くのが人間の性かもしれません。
でも、理不尽なクレームとは戦えばいい。守るべきはクレーマーの言い分ではなくて、子どもたちの拙くても生き生きとした言葉です。神楽を見ているときのきらきらした目です。それが終わったとたん死んだ魚のようになって、丸暗記した台詞をすらすらと読み上げられてよろこぶ人は北広島町の民泊家庭の中にはいないはずです。
っていうことを先生たちに伝えたかったけど、伝えられなかった。また来年来てください!

営業予定

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

が定休日です。

ご案内

080-5355-1074
12時~18時(日・月曜定休)

カテゴリー

Enjoy this blog? Please spread the word :)