sentio hero

毎日がちょっと楽しくなるエプロンとバッグ

手づくり雑貨

ご好評いただいている雑貨コーナーに新商品が加わりました。

DSC02374

洋裁の姉妹ユニット『和&邦』さんの作品です。

和さんのエプロンはオトナイ夫妻がいつも着けているものと同じ型です。
生地が良い上に、丈が短めなので裾捌きが良くてとても使いやすいのですよ。

DSC02377

続いて邦さんのバッグ。
こちらも良い生地を使い、しっかりとした縫製で作られています。
シンプルですが目を楽しませてくれるデザインで、ふだん使いにちょうどいい感じです。

DSC02375

毎日の家事やお出かけがちょっと楽しくなるエプロンとバッグはいかがですか?
ともに4,500円で販売中です。

(D)

オトナイ文庫

0001DSC02347

20代の頃、僕は古本屋に憧れてました。
それもつげ義春の漫画に出てくるような零落した古本屋の店主になりたいという、ちょっと倒錯的な願望にとり憑かれていました。
結局そっちの世界には進まなかったけど、ここにきてブックカフェの店主という立場に収まったことで、そんな若き日の憧れがむくむくと蘇ってきています。

僕の知る限り、この町内には古本屋がありません。古本好きにとって、田舎は寂しい環境です。新刊書店もいいですが、古本屋は店主のこだわりが感じられたり、絶版本や希覯本との出会いがあったり、そして何より安いという魅力があります。
今はAmazonなどのネット通販で古本も購入できるし、僕も普段はもっぱらAmazonユーザーですが、やっぱり本は背表紙を見て、手にとって選びたい。

というわけで、廊下の一角に古本販売コーナーオトナイ文庫をつくりました。
個人用に新品で購入した本を売るぶんには古物商許可がいらないとのことなので、まずはその範囲からはじめます。
スペースの都合上そんなにたくさんの点数は置けませんが、蔵書は古書店並みにあるので、どんどん補充していきます。

文庫・新書はすべて100円です。どうでもいい本の投げ売りではなく、店主がこれなら100円以上の価値があると思う本だけを選んでいます。
単行本は250円〜。Amazonマーケットプレイスの底値よりもお安くしています。
著者やジャンルなどのリクエストにも可能な限りお応えします。

(D)

0002DSC02346

 

 

ブレンド珈琲

珈琲・ドリンク

大阪に住んでいた頃、私はコーヒーが苦手でした。
渋くて酸っぱくて、口に変な味が残る…どうしても美味しいと思えない。
でも、あるとき近所に自家焙煎珈琲を謳う喫茶店ができたと聞き、煎りたて挽きたてのコーヒーを一度は飲んでみなさいと言われているような気持ちになって、すぐにそのお店に行ってみました。

その日、私はコーヒーが好きになりました。

大阪の昭和町という下町にある自家焙煎コーヒーのお店うさぎとぼく
長屋をリノベーションしたノスタルジックな店内にうさぎモチーフの置物がセンス良く配置され、コーヒーを焙煎する良い香りが漂います。一度座ると立ち上がるのが億劫になるほど落ち着く喫茶店です。
私をコーヒー好きにしたのは、「昭和町ブレンド」といううさぎとぼくの看板商品。スペシャルティコーヒーのみを贅沢に使用し、熱風焙煎した深煎りコーヒーです。

私のコーヒー観を劇的に変えたこのブレンド豆をオトナイでも使用したい。そんなわがままなお願いを二つ返事で了承してくださいました。
焙煎後2週間以内の豆を細心の注意を払って挽き、厳密な温度管理で抽出しています。コーヒーが苦手な人にこそ飲んでみていただきたいコーヒーです。もちろんコーヒー好きの人にも。

私が育った町のコーヒーが大朝で楽しめることを幸せに思いながら、今日もオトナイでコーヒーを飲んでいます。

(E)

0001DSC02306

雑貨コーナーはじめました

手づくり雑貨

プレオープン中は謎のベールに包まれていた雑貨コーナー、本日開設しました。
ささやかだけど日々の生活がちょっと豊かで楽しくなる、そんな「あったらいいな」と思えるようなものを置いていきます。

まずは「アートでつながるふるさと散歩」にも出展いただいたまつの葉のガラス

DSC02296

DSC02297

今はまだ点数少なめですが、今後増やしていく予定です。

次は、初登場のニコイン
消しゴムはんこの作家さんです。ポチ袋を販売します。

DSC02294

DSC02293

DSC02291

この感じにやられました。
少しでもクスッときた人、必見ですよ。

(D)

定休日変更について

お知らせ

これまで定休日を月・火とご案内していましたが、
日曜・月曜・祝日定休に変更いたします(5/4,5は営業します)。

私たち夫婦にはもうすぐ2歳になる娘がいます。月~土曜は保育所に預けていますが、日曜・祝日は保育所が休みになります。
最初はおばあちゃんに見てもらったり、自分たちで面倒を見ながら営業できると考えていましたが、プレオープンを経験してその考えが甘かったことに気づきました。
こどもを気にしながらお客様に気を配ることは、今の私たちには無理でした。
家族で話し合った結果、やむを得ず定休日を変更させていただくことにしました。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどお願いいたします。

ブログやFacebookを見ずに来られるお客様もいらっしゃると思うので、次の日曜日(5/8)はお店としてではなく、ふだんの白砂ファミリーとしておもてなしさせていただこうと思います。
知らなかったふりもアリですよ。看板娘がお待ちしてます。

日曜日は、ワークショップなどの貸しスペースとして予約のみ受け付けます。
すでにヨガ教室やギターサークルなどの予定が決まりつつあります。
詳細は後日あらためてご案内いたします。

(D)

アートでつながるふるさと散歩~つづき

アートイベント

昨日に引き続きめぐりました。
まずはtoubou-hinaへ。

DSC02236

物語を感じます。こどもの想像力なら何時間でも遊べそうです。

DSC02245

これは手あぶり猫という小さな火鉢。お店に置いておきたい…。
5/2(月)まで開催中です。

最後は森脇智子(照芳)さん。オトナイからはいちばん近い場所です。

DSC02247

DSC02252

ブルーの世界。幽かな月光に照らされた夜の海のような。

DSC02255

いわゆる堅苦しい書ではない自由な作風で、展示にも趣向が凝らしてあり楽しかったです。
字の読み方や意味なども、森脇さんがていねいに説明してくださいます。
5/5(木)まで開催中。

(D)

アートでつながるふるさと散歩

アートイベント

遅ればせながら「アートでつながるふるさと散歩」を巡っています。
香川旅館と筏津芸術村は終わってしまいましたが、まだやっているところは全部見たいと思っています。

まずおじゃましたのは木版ギャラリーポロンピーガロン

DSC02216

DSC02217

美しい作品が生まれる現場は美しい。これぞアトリエ探訪の醍醐味!
ギャラリーではおいしいお茶とお菓子もいただけます。作品そのままのおおらかで細やかな島田夫妻のおもてなしに、ついつい長居してしまいました。
5/1(日)まで開催中です。

続いて陶芸工房575

DSC02228

DSC02224

妻が気に入った茶碗と、僕がゾワゾワした石の花シリーズ。
ほんとは会期終わってるのに、遅い時間に来て好き勝手に感想を言うだけで買いもしない客につきあってくださった碓井さん、ありがとうございました。

続きは明日巡ります。

(D)

祭りのあと

日常

プレオープン期間中はたくさんのお客様にご来店いただきました。ありがとうございました。
特に最終日の29日は祝日・快晴・わさまち本番というトリプルコンボで、一時は満席のためお断りせざるを得ないこともありました。
不慣れゆえお待たせしてしまったり、オーダーが混乱して見苦しい点も多々あったと思います。申し訳ありませんでした。
そんな中でも「ゆっくり待ちますからいいですよ」と言ってくださったり、お茶やお菓子をおいしかったとほめていただき、本当にうれしかったです。
大変だったけど、楽しかった。オトナイをはじめてよかった。本心からそう思っています。

DSC02206

DSC02214

今日のオトナイは、しんとした中に昨日までの賑やかさの気配が残り、少しもの悲しさを感じます。
「オトナイ」という言葉には、音から感じられる気配という意味もあります。
5月からここでどんなオトナイが生まれるのか、僕たちも楽しみです。

(D)

オープン予定

お知らせ

4/27~29のプレオープン終了後、オトナイはふたたび準備期間に入ります。
メニューや味の見直し、設備やサービスなどの改善をおこない、

5/4(水)にオープンする予定です。

それ以降は日曜・月曜・祝日定休となります。
これからもオトナイをよろしくお願いいたします。

営業カレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

が定休日です。

カテゴリー