sentio hero

民泊とオオサンショウウオ

民泊

6/7~9の2泊3日で民泊に来てくれた神奈川県の中学生。
この学校は2回目です。去年の写真を見せたら「部活の先輩だー!」。そういうことがあるからおもしろい。民泊に来てくれた子たちはみんな何年たっても憶えています。SNS(10代はほとんどインスタグラム)でつながってる子も多いです。
民泊は一期一会の人間関係ですが、スマホを通じてお互いの日常の断片を確認しあうことで細く長く持続させることができるSNS社会も悪くないと僕は感じています。もちろん、安全な使い方とリテラシーを大人がきちんと教えることが前提です。

今回のトピックスはなんといってもオオサンショウウオとの遭遇。
子どもの頃からこの淵にいるのは知っていましたが、僕もここで見たのは20年ぶりくらいです。さすがに同一個体ではないかなあ…でも20年ぶりの再会かもしれないと思うと感慨深いものがありました。

かわいいですねー。中学生たちも大興奮でした。
水面に漂っている泡は、家庭から出る合成洗剤の泡だと思います。これを見るといつも残念な気持ちになります。きれいな川、貴重な生物を守るために、環境負荷の少ない洗濯用粉せっけんや台所用せっけんを使いましょう!

みんな、楽しい時間をありがとう。
また来年、きみたちの後輩が来てくれるのを楽しみにしています。

「檻の中のライオン in 北広島町」無事に終了しました

イベント講演・ワークショップ

こんにちは。オトナイエリコです。
二日明けてやっとパソコンの前に座っています(まったりしてました)。
変わらず日常は続いていくので放心してる訳にもいかず、それでも肩の荷がおりて至福の時を過ごしています。

自身の感想ですが、まずは
『楾さんに「大成功ですよ」と言ってもらえて良かった~!!!!』

これ本当に…こんな山の中に、ど僻地に、どれくらい集客できるのかというのはこの地で自営業を営む身としても一番の課題ですから。
夫とは裏目標として100人を目指していたんです(笑)。まぁそれ位集めるつもりでPRせよ、と自分たちに発破をかけていたんですね。
で、それなりにPR頑張ったのでは…?という結果が40名の参加に繋がりました。
来てくださって本当にありがとうございました。
嬉しい。感謝。色んな言葉を届けたい気持ち!
とりわけ嬉しかったのは、子育て世代の方や、20代~30代の若い方が数人おられたこと。特にその世代に来ていただきたいという思いで準備してきました。
嬉しい~。

そして、チラシでの宣伝や会場設営に協力していただいた友人のみなさま、出張託児にご協力いただいたNPO法人子どもネットワーク可部のみなさまに改めて感謝申し上げます。本当に、この方々が居られなかったら講演は成立しませんでした。足向けて寝られません!もうどっち向いて寝れば良いのかな!!

そんな檻の中のライオン講演。憲法について学ぶ会でしたが「3時間あっという間だったよ~」というお声が多くあったように、本当にとても面白いんです。
楾さんは全国を周りながら講演活動をしています。また近隣で開催される時はチャンスです。是非参加してください。
さらに、オトナイでも憲法についてざっくばらんにお話できる会を準備する予定です。講演を聞けなかった方も参加した方も、みんなで知ってることや疑問を共有しながらゆるーく、憲法や生活についておしゃべりできたら良いなぁと考えています。こちらも是非。

本日13時オープンです

その他

本日6/14(金)は保育園行事に参加するため、オープンが1時間遅れて13:00~18:00の営業です。
よろしくお願いします。

オリライ!

イベント講演・ワークショップ

こんにちは。オトナイのダイチです。
オトナイ主催の講演会、『檻の中のライオン in 北広島町』(通称オリライ)は来週土曜日開催です!

じわじわと申し込みが伸びてきています。と言ってもまだ目標の半分。もっともっとたくさんの人に聴いてほしい。今こそ本当に大切な憲法のお話です。

憲法って、なんだか馴染みのない遠い存在のように感じませんか。僕もオリライを聴くまでは若干そういうところがありました。

僕はきのうの朝、ほとけばら遊園に行きました。ここは個人所有の庭園ですが、ご厚意で一般に開放されており、おいしい湧水が汲めます。大きな観音像があります。水を汲ませていただくお礼に合掌します。これは憲法第20条で信教の自由が定められているからできることです。
水汲み場に苔が溜まっていたら掃除をします。こういった自発的な行為は第19条の思想及び良心の自由で保障されています。そしてこんな文章を書いて発信することは、第21条の表現の自由で認められています。
そしてなにより、僕たちがこういった平穏な暮らしができること自体、前文の国民主権、第9条の戦争の放棄、または第25条の健康で文化的な最低限度の生活を営む権利によって守られています。
こうやって、僕たちの自由や幸福、暮らしや生命そのものを守ってくれているのが憲法です。
そこまでして守らなければならないということは、裏を返せば、ともすれば脅かされがちなものでもあるということ。私たちの権利は、誰から、何から守られているのか? 続きはぜひ講演を聴いてください。楾(はんどう)さんのお話、おもしろいですよ。

参加者には憲法を網羅した「檻の中のライオン特製クリアファイル」付きです。僕もそれを見ながらこの文章を書いています。「えーっと、あの条文なんだっけ?」という憲法好きならあるあるのシチュエーションで、いつでも確認できるので重宝しますよ!

〇ご予約・お問い合わせ
Facebookメッセンジャー https://www.facebook.com/otonaicafe
Eメール info@otonai.main.jp
電話 080-5355-1074(しらまさ)

6月の営業予定

お知らせ

日・月曜定休、12時~18時オープンです。

6/8(土)は民泊受け入れのため休み。
6/15(土)は主催イベント「檻の中のライオン in 北広島町」のため休みです。

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

が定休日です。

庭にテント、張れます

日常

こんにちは。オトナイのダイチです。
今朝はチャレンジデーに参加して、ヨガで身体と頭がほぐれたおかげでいいことを思いつきました。

いつでも庭にテントを張れるようにします。

庭でこどもたちを遊ばせて、おとなはのんびり過ごしたいときなどにご利用ください。
おとな2人、こども2人くらいなら十分入れます。昼寝にもどうぞ。

1分で設営できるワンタッチテントなので、ご希望の方は遠慮なくスタッフまで。

僕は見た目のとおりバリバリのインドア派ですが、若い頃はなんちゃってバックパッカーをやっていて、寝袋を担いでほうぼうを旅したものです。
最初はテントを持っていなくて、無人駅で寝たり野宿をしたりしていました。あるとき鳥取砂丘で野宿をしていて、夜中にふと目が覚めると野犬か狐かわからないケモノがそばにいたことがあって、それからはテントで寝るようになりました。やっぱり安心感がちがいます。
もう何年もキャンプはしてませんが、いまだにテントは大好きです。たぶんお客さんからの依頼がなくてもしょっちゅう張ってると思います。

民泊シーズン到来

民泊

今年も民泊シーズン到来です。
今週は中学校が2校続きました。どちらも1泊でタイトなスケジュール。
少ない時間に体験活動を詰め込むより、「いま」を共有することに重きをおくのがオトナイ流です。

今週はお休みです

お知らせ

こんにちは、オトナイのダイチです。
今週は民泊受け入れのため1週間丸ごとお店はお休みです。
ネットで告知をしても気づかずに来店されるお客さんはおられます。誠に申し訳ない限りです。
オトナイはカフェ半分、その他もろもろ合わせて一人前くらいの気持ちでやっておりますので、ご理解とご協力をいただければ幸いです。

次回の通常営業は5/28(火)ですが、その前に
5/25(土)~は親子で英語を楽しむワークショップイベント「お家でえいご やってみよう!!」を開催します。
こちらはまだまだ募集中ですので、リンク先をご参照のうえお申し込みください。

PayPay使えます

お知らせ

こんにちは、オトナイのダイチです。
これまで頑なに現金オンリーでやってきたオトナイも、迫りくる電子マネーの波に押されてついにスマホ決済サービスのPayPay(ペイペイ)を導入しました。

まずはPayPayのアプリをダウンロードして、クレジットカードの登録等を済ませておくことが必要です。店頭でもできますので、やり方がわからない方はスタッフまでおたずねください。

それでは実演してみます。

①アプリを起動して、レジカウンターにあるQRコードを読み取ります。

②次に金額を入力して、確認のためスタッフに画面をお見せください。
③最後に「支払う」ボタンをタッチして終了です。

1日の利用上限は2万円だそうです。オトナイで2万円使うにはパンケーキなら40枚食べないといけないので、まず大丈夫でしょう。
新規登録で500円もらえるので、パンケーキ1枚分得します。ぜひご利用ください。

営業予定

2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

が定休日です。

ご案内

080-5355-1074
12時~18時(日・月曜定休)

カテゴリー